公開メルマガ

【告知アリ】自分で選べることは「強さ」である

こんばんは。Yusukeです。

僕が住んでいる名古屋は
暑くなったり寒くなったりで
お天道様が荒ぶっていますが、

体調だけには気をつけていきたいですね。

さて、今日は珍しく
いきなり本題に入っていきます。

■転勤というシステムの闇

皆さんは「転勤」について、どう思いますか?

、、、、、

自分の会社で転勤がある人は
それをイメージしてもらえばいいですし、

女性の方などは家族が転勤に
なってしまうなどをイメージすると
わかりやすいかもしれませんね。

ちなみに言うと僕はめっちゃ嫌です。

転勤というシステム自体がめっちゃ嫌です。
ただのワガママなのですがw

何でこんな話をしたかと言うと、

実は先日、
前職の頃の先輩とたまたまカフェで会って
少し話をしていたのですが、

どうやら来年の1月から
アメリカに転勤が決まったようです。

前職は割と世界中に拠点があったので
バンバン海外転勤がある会社でした。

ちなみにこの先輩は
2ヶ月前にお子さんが生まれたばかり。

まぁ転勤の多い会社ではよくある話ですが、

冷静に考えてこれってキツ過ぎないか?と
今でも思ってしまうんですよね。

僕も5月に第一子が生まれたばかりなので
すごく気持ちがわかりますが、

子供が生まれた時のあの幸せな空間は
何にも代え難いものです。

あれが奪われるって少しキツイな…と。

しかも会社って悪代官のような感じで、

家を建てた人とか結婚した人から
「こいつは会社辞められないだろw」という感じで
そんな人から優先して飛ばすじゃないですか。

いやいやいや、鬼か。と。

鬼と言えば最近は鬼滅がバズり中ですが、

義勇さん風に言うと
「会社に生殺与奪の権を握らせている」
というイメージでしょうか。

自分の進退を会社に預けている以上は
転勤も受け入れるしかないと思います。

しょうがないことなのかもしれませんが、
僕は耐えられませんでしたね…!

事実としてその先輩も
「俺も行きたくねえよ…」と言ってました。

商社を辞めた理由もこの辺りがかなり大きいです。

カフェで会った人とは別の、
当時の直属の先輩も子供が生まれて
家を建てた瞬間にタイに飛ばされたのですが

それを見て「あぁ、辞めよ」って思いました。

その先輩はそれこそ鬼のように厳しくて
僕は普通に滅されないかなと
いつも思っていたのですが、

流石にそんな先輩でも
家族を残してタイに飛ばされるとなると
少し同情してしまった覚えがあります。

転勤が決まってからは魂が抜けた感じで
あり得ないくらい優しくなりましたw

■選べることは「強さ」である

ただ、やっぱり
会社という組織にいる以上は
転勤は受け入れなければいけない雰囲気がありますよね。

部署異動などもそうですが、
どうしても自分の意思や意見は後回しになります。

会社以外でも、
「嫌だけど受け入れなければいけないこと」
ってたくさんありますよね。

むしろ世の中はそんなことばかりですが、

そうしたシーンで大事なのは
「自分で選べること」だと思うんですよ。

どんな時でも
選べるというのはイコール強さです。

具体的に選べる強さを手に入れるには
経済的な面で余裕を持つことです。

要はお金を稼ぐことなのですが、

これも会社で出世を狙うよりかは
副業などをして個人で稼ぐ方がベターです。

なぜなら、
収入源を分けることで
どちらかが潰れても大丈夫になれば

かなり精神的にも安定しますからね。

僕も会社員だった当時、
海外転勤の話が出ていたのですが
副業で給料の2倍以上を稼げていたので

「ガチで転勤行けって言われたら断ろう…!」

と心に決めていました。

これも選べる強さですよね。

まぁ話のオチとしては

僕がTOEICが出来なさすぎて
僕の代わりに別の同期が飛ばされたのですが。笑

そもそも転勤を一回断ったくらいで
減給になったり左遷されたりする
システムもどうかと思いますけどね…!

しかし、
僕よりも遥かにデキる社員だった
先輩や同期が不本意ながらも
飛ばされているのを見ると

先輩には申し訳ないけど
「あの時、副業しててよかった」と
心から思ってしまいますね。

まぁどんな状況にせよ、
経済的に余裕を持てていれば
自分で全てを選ぶことができます。

自分の希望を満たすことも、
家族の幸せを守ることも。

なのでぜひ、
自分で選べる強さを手に入れることは
大事にしていきましょう!

そうすることで
僕らの幸福度は目に見えて上がりますので。

P.S.
最近よくメルマガの読者さんから、
個別コンサルに関するお問い合わせを頂きます。

今は募集をストップしていたのですが、

実は新たにコミュニティ企画の募集をする為に
裏でめちゃめちゃ準備をしていたので
募集をストップしていました。

ご連絡頂いた方は大変申し訳ございません…!

今回募集するのは
僕自身、初となるコミュニティ企画です。

同じ目標に向かって頑張る仲間を集めて、
成功までの確率を極限まで高めた企画です。

今まで僕が駆け抜けてきた軌跡の
全てを伝授しますのでご期待ください。

募集は11月の頭に
こちらのメルマガ上で行いますので、
ぜひチェックをお願いします!!

それでは、失礼します!

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

発行責任者 :Yusuke
公式ブログ :https://hrdysk.com/
Twitter :https://twitter.com/hrdysk1272
note :https://note.com/hrdysk1272

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

一般公開のブログでは、決してお話しできない裏話があります。

僕は24歳で転売ビジネスを始めて、開始1年で年商5000万を稼ぎました。

しかし、忙し過ぎたので全てを放棄し、そこからは情報発信ビジネスに路線変更して月100万円以上を完全自動で稼げるようになりました。

去年まではセミリタイヤしていて、毎日昼に起きて酒を飲んで寝る。そんな生活を続けていました。

 

・・・が、しかし、

奥さんの妊娠をキッカケに「流石に生まれくる子供にこんなニートみたいな姿は見せられない」と思い、再びビジネスの再開を決意します。

と言っても、元々は忙し過ぎて年商5000万の転売ビジネスを放棄した人間だったので、ビジネスを再開するとしても忙しいのは絶対に嫌でした。

 

なので、今は「平日のAMだけ働く」というスタイルを確立して家族を養っています。

 

何だかんだ仕事を再開したら面白くなってきているので、今は「完全自動で年収1億円」の仕組みを構築中です。

30歳までに家族が一生セミリタイヤできるレベルの資産を構築して、その後はずっとやりたかった保護犬を守る活動とか、好きなビジネスをしながらのんびり生きていこうと思います。

 

が、こんなことを聞いても信じられないかもしれません。

もし信じられたとしても、「あなただからできたんでしょ」と思うかもしれません。

今はまだそれで大丈夫です。

 

でも、僕は幼少期から家族にバグと呼ばれて育ってきましたし、親のお金で進学したFラン大学でもちゃんと酒とタバコに溺れました。

おまけに就職した会社の入社試験は3点です。もちろん100点満点のテストです。

正直書いていて悲しくなるレベルですが、こんな僕でもできるのですから、安心してもらえたらなと思います。

 

もしもあなたがゼロから情報発信ビジネスを始めて、時間にもお金に縛られない生活を手に入れたいと少しでも思うのであれば、かなり力になれる自信があります。

最初から才能に恵まれた天才が語るような夢物語ではなく、本当にゴミクズ学歴底辺がゼロから這い上がってきたリアルを、お見せすることができます。

 

その情報は、全て電子書籍に詰め込みました。

 

普段は1,000円で販売をしている書籍なのですが、このブログをここまで読んでくれたあなたへの敬意として、今回だけ無料でプレゼントしたいと思います。

ストーリー形式で20分程度でサクッと読めるボリュームですので、ぜひ下記画像をクリックしてダウンロードしてみてください!

億万長者が教えてくれた
お金の増やし方

・平日のAMだけ働いて月200万以上稼ぐ

・2億のビジネスを忙しいという理由だけで放棄

・社会のゴミクズ底辺落ちこぼれが日本の上位3%の年収を獲得

・・・なぜそうなれたのか?

その全てを解説している書籍(1000円)を無料でプレゼントします!

➡︎詳しくはコチラ