あああああああ

どうもこんにちは、Yusukeです。

僕はかれこれ5〜6年くらい情報商材を販売し続けているのですが、実は情報発信をし始めた2019年頃からずっと「稼ぐ系の情報商材ってキモくね?これただのキレイめなマルチじゃん…」と思いながらやっていました。

自分の中でもどこか後ろめたい気持ちと言いますか。

もちろん自分の商品やサービスの購入者に対して不利益になることは何一つないのですが、情報発信をしている自分の心持ちの問題です。

そして、そんな状態でずっと活動を続けていたのですが、昨年あたりから病んでしまいまして「俺のやってることって…」みたいな感じになってしまい、一時期は情報発信活動すら全て引退して違うビジネスをしようか、それとも会社員に戻ろうか、そんなことを考えるくらいまで追い詰められていたんですね。

しかし今では、1周どころか42周くらい回って完全復活することができました。

何だかんだ1〜2年くらい沈んだり上がったりを繰り返していたのですが、ようやく抜け出せた感覚です。

なので今回はそんな経験から、過去の僕と同じように、情報商材ビジネスという業界に携わっていて「真摯に真面目に取り組んでいるからこそ悩んでしまう方」に向けて記事を書いていきます。

僕自身が病んでオチてしまった原因と、そこから復活できたポイントに関して解説をしていきます。

ではまず最初に、僕が病んでオチた原因から。

それは一言でまとめると、

「自分の取り組んでいる仕事を、家族や友達に説明もしづらいし、社会的証明なんて1mmもないし、胡散臭くて怪しい稼ぎ方だから」です。

コンテンツ販売は、例えば自分が「非稼ぐ系」と呼ばれるジャンルで発信をするのならいいですが、いわゆる「稼ぐ系」と呼ばれるジャンルで発信をするとなると、基本的に発信する内容がお金の話がメインになってくるので、そこが結構ネックになってくるんですよね。

■非稼ぐ系
・スキルとか資格身につける系
・コーチングとか
・語学とか

■稼ぐ系
・副業、起業系
・転売ビジネスとか
・動画編集で稼ごうとか

もちろん詐欺的な情報を発信するわけではないですし、自分も、他のみんなも興味のある分野ではあるので、情報の価値としては非常に高いのですが、やはりこの日本という国はまだまだ「お金」に対する固定観念やマインドブロックというものが存在するじゃないですか。

「稼ぐ!」とか「ビジネス!」とか、まあ基本的に普通の友達や親族の間柄では口に出すのすら憚(はばか)れるみたいなところもあるじゃないですか。

僕も副業を始めた当初、色々な人に散々なことを言われました。

怪しい!詐欺だ!マルチマルチ!ゴミ!情報商材屋!みたいなw

まあそれに関しては別にどうでもいいといいますか、20代前半〜中盤にかけては全く1mmも気にならなかったのですが、年齢も20代後半〜30代に差し掛かり、子供ができてくると自分の中で感覚とかも変わってきて、以前より気になるようになってきたんですよね。

Yusuke
Yusuke
さすがにちょっと気になってきたぞ…w

みたいな。

で、そこで無理やり続けていくうちに、自分の中でも罪悪感というか変な感情がグルグルと渦巻いていき、病んでオチてしまうみたいなことになっていきました。

その結果、スピリチュアルの講座に150万お布施してみたりする結果になったわけですね。

時系列的に言うと一昨年の年末から昨年の頭にかけてくらいですが、もう自分と向き合う時間を永遠と繰り返してきました。

「俺、このままでいいのか…」

「俺のやってることって価値のあることだと思ってたけど、本当は違うんじゃないか…」

「グフゥ…」

みたいな感じでw

でまあ、そんな感じでオチにオチて、普通に「もうこれ以上考えても仕方ねえわ、死ぬか」みたいに思っていくところまでいったのですが、結果的に舞い戻ってきました。

ではなぜ、舞い戻ってこれたのか。

もう病んでいる時はマトモに情報発信もできなかったのでちょっとPCや作業から離れて過ごしている日々も増えたのですが、その「少し離れて世界を俯瞰して見れたこと」で色々な気づきがありました。

それは幾つかあるのですが、以下です。

 

の深淵など

 

ではあるからこには言いづらいし、友達に説明するのも面倒だし、社会的証明なんて1mmもないし、そしてそれらは20代前半〜中盤にかけてはそこまで深刻に思うこともありませんでしたが、年齢も30に差し掛かり色々思うことが増えてきたわけです。

そんな中で「いつかどこかでこの想いは吐き出しておきたいな」と思いましたので、満を辞して書き連ねていこうと思います。

では、まず「僕が情報商材ビジネスに対して嫌だなと思うところ」と「ここは良いところだよな」と思うところをお伝えしていきます。

そしてそれらをお伝えしたうえで、最後に「このビジネスとどう向き合うべきか」について現状での結論をお伝えして終わろうと思います。

もしもあなたが今、情報商材ビジネスに取り組んでいるのであれば、遅かれ早かれこのモチベーションの問題にぶつかると思うので、ぜひ読んでいただければと思います。

ではいってみましょう。まずは悪いところから。

情報商材ビジネスの悪いところ①シンプルに怪しいし胡散臭いので友人や家族に言いづらい

情報商材ビジネスの悪いところ②PCをカタカタする業務が増えるのでおもんないし

 

でも利益率は高く得られるスキルが稀有であることは間違いないので、ここまで続けてきましたが、自分の中でも

その中での葛藤はいつかどこかで吐き出したいなと思っていたので

 

sg.v1272@gmail.com

情報商材で病み散らかしていたぜヒャッハー
・実際、スキルはすごい

歳を取り、家庭を持ち、周りに胸を張って仕事を言えない自分が辛くなってきた、結果的に活動できない、稼げなくなる、病む、無限ループ、そこに自分が悪いんだけど数千万単位での負債を抱えることになり、マジで会社員に戻ろうと思ってた

でもわかったことがある、結論、稼げば病まない、利益が全てを解決してくれる

でもその利益を生むためにも、自分の心に嘘をつかないことはマジで大事、自分と向き合う時間こそが何よりの財産

経営者は孤独であるが、その孤独と向き合うことでしか成長できない、群れても何も現実は変わらない、病んだり稼げなかったりするかもしれないけど、そこに立ち向かわなければ成長はない

実際スキルはすごい

ここまで俺を連れてきてくれたのはこの情報商材という事実

どんな仕事をしても飽きはくる、ここで向き合えるかどうかが全て、転売もそうだった

この商売は風俗と近い、実際に真っ当にやればすごいスキルを持っているんだけど聞こえは悪いみたいなところあるやん、親にも言えないしさ

病んだ理由
・友達や親に言えない
・家で1人で寂しい
・普通に年数を重ねて飽きた

復活できた理由
・少し離れてみて感じたけど、やっぱりスキルはすごいし、まだまだ副業とか浸透しているように見えて全然浸透していない、チャンスヤベェ(プライベートの友達はまだセルフバックすら知らない人も多いし、WEB広告代理店に勤めてる友達の周りでも副業してる人すらそもそもほぼいないらしい、みんなが思ってるよりも情報商材界隈はチャンスだらけ、俯瞰してみてそれに気づけた)
・自分の心に嘘をつかない本音は言っちゃいけないと思ってたけど意外と求められていることに気づいた
・転売の時もこれで飽きて辞めて後悔したから、こうして苦難に直面して、乗り越えることに価値があると感じたから
・経営者は孤独出し犠牲も多いけど、やっぱり俺は経営者として、1人の起業家として生きていきたいと思ったから、理由は特にないけど、俺はそっちの方がかっこいいと思うから