転売ビジネス

コスメ転売で新品を見分ける方法。「シュリンク」が鍵

サイズの小ささ、高回転、高単価の商品の豊富さなどからコスメを主力として扱っている方も多いのではないでしょうか?

実際に僕もコスメさんにはパーティの中心選手として活躍してもらっています。

コスメを扱う際は基本的に新品商品を仕入れることになると思いますが、その新品を見定めるひとつの方法として「シュリンク」の有無を確認することが重要なポイントになります。

コスメせどりを行ううえでは確実に抑えておきたい「シュリンク」。その全貌や如何に。

シュリンクとは?

シュリンクの本来の意味としては「小さくなる」などがありますが、ここでは商品を覆う透明の包装のことを指します。

お菓子などではよく見かけるビニールのことですね。

これさえついていれば確実に安心!と一概には言えませんが、新品かどうかを確かめる指標としてはかなりオススメです。

女性が「誰が使ったかわからない中古のコスメ」を買うケースは非常に少ないですしねs。

そして衛生面という意味でも男性からは想像もつかないほどシビアになるのが女性というものです。

女性なくして生きていけない男性諸君、その女性に寄り添い理解する姿勢を積極的に持っていきましょう。結果モテるようになる。はず。

出品写真で判断できない場合は面倒臭がらずに確かめよう

出品写真をキレイに撮ってくれている場合はスグに見分けられるのですが、雑な方だとうまく写っていなかったりすることもあります。若しくは光の加減でシュリンクがないように写ってしまっていたり。

また、そもそもシュリンクが元から存在しない商品もありますので注意が必要です。

シュリンクをとっただけで未使用の商品を「新品」として出品している方も多いです。

まあそりゃそうですよね。

ここで僕たちの価値観を押し付けないことが重要です。

出品者は一般の方々ですので、別に本人が使っていなかったらそりゃあ状態を「新品」と設定します。僕でもそうします。

しかし僕たちは「新品商品」として再度アマゾンで販売をするわけですので、シビアにいかなければなりません。

本来シュリンクがついているべき商品をシュリンク無しで販売をしてしまえば、それはクレームの素となります。

しかし全部が全部「これは本来シュリンクがついている商品だな」、「これは元々ついていない商品だな」とか理解できるはずがありません。

そんな時にオススメな方法は2つです。

『とりあえず聞く』と『ググる』です。

person using laptop

シュリンクがついておらず、あ~、これどっちだろな~という商品に出会ったらとりあえず出品者に聞いてみましょう。

「コレは元々ついていましたが剥がしてしまっています!」と親切に教えてくださいましたら「ありがとうございます!贈答用ですので今回は見送らせて頂きます!」と言ってスルーしましょう。

打つだけが実力ではありません。選球眼を養いましょう。

そして別のケースで「コレは元々ついていない商品になります!」と言われた場合ですが

このケースでは「出品者が本当にそう思っている場合」と「嘘をついている場合」の2パターンが考えられます。

そういう時は商品をググって、他のサイトで出品している方の中にシュリンク付きの商品が販売されていないかを確認します。

他にはメーカーHPなどにとんだりすれば商品画像が出ていたりするので情報を搔き集めましょう。

嘘をつく人がもちろん悪いですがこんな世の中です。自分の身は自分で守らないといけません。

まあそもそも再販するので、アマゾンで購入された方からのクレームがもしきてしまったら責任は仕入元にあります。

「元はと言えば嘘をついて出品をしていたアイツが悪いんだ!」なんて通用しません。

商社でキツく教え込まれました。これは仲介業者の責務なのです。

コンビニでジュースを買ったら中に虫が入っていた!となった場合にあなたはコンビニに文句を言いますよね?

そこで、イヤこれはメーカーが悪いんですよ、、、と言ったら「いやいやちょっとまってよ」となりますよね。

そういうことです。

コスメにも消費期限が存在する

person holding clear wine glass

これは豆知識なのですが、コスメにもサプリや食品などと同じように「消費期限」が存在する商品があります。

主に美容液などに記載されているのですが、数千円以上する高価な美容液によく記載されているイメージです。

高級品ほど品質にこだわっているので当然といえば当然ですね。よく注意しましょう。

FBA在庫への商品登録の際に入力することになるので、気づかずに仕入れてしまうと後で「うおおおお!!」となります。

あれ、これめっちゃ安い!うひょお!と言ってよく確認せずに仕入れたら

使用期限が過ぎている物で出品できなかった愚か者がここにいますが、二の舞にならないようご注意ください。。。

一手間のあるかないかで結果は大きく変わる

selective focus photography of woman holding yellow petaled flowers

シュリンクがついているかいないかなんて、売れちゃえばどうでもいいべ!と思ってしまう方もいるかもしれません。

しかしあくまで私たちはお客様から対価を頂いて商品を販売するわけです。

その過程の中で最低限のマナーは守っていきましょう。

妻から教わったのですが、女性は気に入ったコスメをリピートで購入される方が多いようです。

そうすると僕たちなんかよりも遥かに、商品知識が豊富な場合があるんですよね。

実際に僕が経験しました。

出品者の方が「コレは元々シュリンクが無い商品です!」と言ったので安易に仕入れしてしまい販売をしたところ、購入者様から「正規店で購入した時はシュリンクついてましたけど」とクレームを頂いてしまいました。

着目すべき点は「仕入れた時に出品者が嘘をついていた」という点ではなく「僕が不備のある商品を販売してしまった」という事実ひとつです。

自分が少し楽をしようとした、あの時の出来心で背負った代償は「☆1」でした。

思いました。

これが人生か、、、、、!!!

あなたの人生にもこういうことってありませんか?

面倒だから後回しにしたり、放置してしまったりすることが原因で、後々に大きな代償を抱えてしまうことが。

面倒と思える一手間が、結果を大きく変えるのです。

アツい仕入先の業者と繋がれた時も、購入後の取引メッセージでチマチマ送っていた「一手間のメッセージ」がキッカケだったことを思い出します。

シュリンクから学ぶ「人生」

薄いビニールひとつで守れる信用がそこにはあります。

25歳で年収1000万を捨てて脱サラした既婚男性

現在の僕は、物販ビジネスで起業をしてPC1台で仕事ができるノマド的な生活を送っています。

パッと見は「なんだマルチの怪しい奴か・・・」と思うかもしれませんが意外と真面目に起業して家族も養っていますのでご安心ください。

こんなライフスタイルを確立できたのは「最速で結果の出る物販(転売)に副業で取り組んだから」でしかありません。

最初はただ一生昼から銭湯でビールを飲んでたいという思いからでしたが、どれだけ浅はかな動機でもその思いさえ本気なら夢を叶えることは可能でした。

よかったらぜひプロフィールをご覧になってみてください!

こちらです。