起業家コラム

起業家コラム⑩│プライドなんて最小限でいい

こんにちは、ゆうすけです。

このシリーズは僕が25歳にして独立・起業できた根幹ともなる「気持ち」の部分にフォーカスしてコラム形式でお伝えしていくものになります。

気持ちか、はいはい。と侮るなかれ、気持ちさえあれば行動ができますし、行動さえできれば成功できます。

体育会系みたいなことを言いますが、気持ちさえしっかり持っていれば僕たちに怖いものなんてありません。

よく、ビジネス界隈では気持ちのことをマインドと言いますが、マインドと聞くと何だか怪しいと思う人も多いと思いますので、今回は「気持ち」と定義しています。

そして今回のテーマは「プライドなんて最小限でいい」です。

それではいきましょう。

非を認められる人間だけが成長できる

まず、僕たちは生きていると必ず間違いを起こしてしまいます。

別に法を犯すレベルまではいかないにしろ、自分の思っていることと違うことをしてしまうことも多いです。

そんな時にあなたは自分の非を認めることができますか?

できなければ、個人でお金を稼いでいくことは厳しいです。

なぜならビジネスの世界は全てが自己責任なので、思い通りにいかないことが起きた時に、その責任を誰かや何かになすりつけてしまっては成長できないからです。

成長ができないということは、つまり稼げなくなるということです。

例えば「このビジネスは稼げる!」と思ったので挑戦したとして、稼げなかった時にあなたは失敗した原因を誰かのせいにしてしまってはいけません。

もし詐欺師に紹介された案件だとしても、その案件をやると決意したのは自分なのですから、そこで他責にしてはいけません。

この考え方で全てが分かれます。

誰かや何かのせいにしてしまって自分の未来を閉ざしてしまうのか。

それとも、全てにおける自分の至らなさを受け入れて前に進み続けるのか。

後者であれば稼ぎ続けていくことができます。

失敗なんてない、全ては経験

この世の中は全てがトライ&エラーです。何かに挑戦して、ダメだったら切り替えて次にいくしかないんですよね。

でも、思い通りにいかなかった時に他責にしてしまっていては、このサイクルが遅くなってしまうんです。

トライ!エラー!あれ?これ、アイツが悪くない?俺のせいじゃないでしょ・・・キィーッ!!

とか言ってる間に、市場もライバルもどんどん変化していってしまい、置いてけぼりをくらいます。

僕たちはプライドなんて最小限で大丈夫です。

自分の中で絶対に譲れない何かが1つか2つあればいいんですよ。

ハッキリ言って、どんな世界でも自分よりもすごい人は幾らでもいます。特にビジネスの世界なら尚更です。

そんな時にプライドが邪魔をして自分の成長を妨げないように気をつけましょう。

潔さがプラスの連鎖を生んでいく

そもそもですが、何か間違いや悪いことをしてしまった場合なんて、謝っておけば大体許されるじゃないですか。

昔、仲のいい先輩が「俺は浮気をしているけど、彼女のことも大好きだからバレたら死ぬほど謝る。その覚悟はできている。」と言っていました。

僕は「この人は何を言ってるんだろう・・・?」と思いましたが、素直にかっこいいなと思ってしまったのも事実なんですよね。

やはり潔い人間はカッコイイです。

自分が選択したことならば、どんな状況でも受け入れる。このスタンスでいれば全てがうまくいくこと間違いなしです。

事実として、その先輩は彼女に浮気がバレてしまったのにも関わらず、普通に別れずに結婚までいきましたからね・・・

プライドを人に見せる必要なんてありません。自分の中にだけ強く持っていきましょう。

一般公開のブログでは、決してお話しできない裏話があります。

僕は24歳で転売ビジネスを始めて、開始1年で年商5000万を稼ぎました。

しかし、忙し過ぎたので全てを放棄し、そこからは情報発信ビジネスに路線変更して月100万円以上を完全自動で稼げるようになりました。

去年まではセミリタイヤしていて、毎日昼に起きて酒を飲んで寝る。そんな生活を続けていました。

 

・・・が、しかし、

奥さんの妊娠をキッカケに「流石に生まれくる子供にこんなニートみたいな姿は見せられない」と思い、再びビジネスの再開を決意します。

と言っても、元々は忙し過ぎて年商5000万の転売ビジネスを放棄した人間だったので、ビジネスを再開するとしても忙しいのは絶対に嫌でした。

 

なので、今は「平日のAMだけ働く」というスタイルを確立して家族を養っています。

 

何だかんだ仕事を再開したら面白くなってきているので、今は「完全自動で年収1億円」の仕組みを構築中です。

30歳までに家族が一生セミリタイヤできるレベルの資産を構築して、その後はずっとやりたかった保護犬を守る活動とか、好きなビジネスをしながらのんびり生きていこうと思います。

 

が、こんなことを聞いても信じられないかもしれません。

もし信じられたとしても、「あなただからできたんでしょ」と思うかもしれません。

今はまだそれで大丈夫です。

 

でも、僕は幼少期から家族にバグと呼ばれて育ってきましたし、親のお金で進学したFラン大学でもちゃんと酒とタバコに溺れました。

おまけに就職した会社の入社試験は3点です。もちろん100点満点のテストです。

正直書いていて悲しくなるレベルですが、こんな僕でもできるのですから、安心してもらえたらなと思います。

 

もしもあなたがゼロから情報発信ビジネスを始めて、時間にもお金に縛られない生活を手に入れたいと少しでも思うのであれば、かなり力になれる自信があります。

最初から才能に恵まれた天才が語るような夢物語ではなく、本当にゴミクズ学歴底辺がゼロから這い上がってきたリアルを、お見せすることができます。

 

その情報は、全て電子書籍に詰め込みました。

 

普段は1,000円で販売をしている書籍なのですが、このブログをここまで読んでくれたあなたへの敬意として、今回だけ無料でプレゼントしたいと思います。

ストーリー形式で20分程度でサクッと読めるボリュームですので、ぜひ下記画像をクリックしてダウンロードしてみてください!

億万長者が教えてくれた
お金の増やし方

・平日のAMだけ働いて月100万以上稼ぐ

・年商5000万のビジネスを忙しいという理由だけで放棄

・社会のゴミクズ底辺落ちこぼれが日本の上位3%の年収を獲得

・・・なぜそうなれたのか?

その全てを解説している書籍(1000円)を無料でプレゼントします!

➡︎詳しくはコチラ