起業の方法や真実

20代で仕事に打ち込むなんてキレイゴトだと思っていた僕が仕事に打ち込んでいる理由

ゆうすけ
ゆうすけ
こんにちは。
この記事を書いているゆうすけと申します。

副業で電脳せどりに取り組み、
開始半年で月収50万円を超えて独立しました。

現在は物販ビジネスを自動化して
PC1台で完結する働き方を追求しています。

詳しいプロフィールはこちら

よく「20代は仕事を頑張れ」とか、「若い時の苦労は買ってでもしろ」という言葉を聞ことも多いのではないでしょうか。

僕も色々な大人に言われましが、普通にキレイゴトだと思っていました。

「いや、普通に意味わかんないです」と思っていましたね。

でも、そんな僕が今では何と仕事に打ち込んでいるんですよね。

今日はそんな僕が「なぜ仕事に打ち込むようになったのか?」をお話していきます。キレイゴトなんて一切抜きでいくので宜しくお願いします!

20代で仕事に打ち込むべき理由

20代で仕事を頑張れば後で楽ができるから

two woman leaning on inground pool tile

そりゃあ「仕事が大好きなんです!」なんてキレイゴトはもちろん言いませんよ。

これが、僕が仕事に打ち込む最大の理由です。

具体的にどれくらい楽をしようとしているかと言いますと、35歳以降は働かないで過ごす為に色々動いています。

会社員としての生活も悪くはかったのですが、普通に考えてサラリーマンだと定年まで働くしかありませんでした。僕はそれが心から嫌でした。

だって行きたい場所もやりたいこともたくさんありますからね。

時間とお金を手にした時に、体力が残っていない状態では全く意味がないと感じていました。だから「とにかく早くお金を稼いでしまおう」と。

皆さんもそりゃあ楽できるなら楽したいですよね。僕も同じです。

普通に考えて今楽をしたら将来は楽にならないので、ぜひ今をゴリゴリ頑張っていきましょう!

参考:ネット起業で成功する為に必要な要素とは?現状がイヤでたまらない人

20代で打ち込める仕事に出会えたから

man in blue jacket

冒頭でも少し書きましたが会社員時代の僕はかなり病んでいました。

頑張りたいけど頑張れない、みたいな状態に陥っていました。どれだけ頑張っても給料は変わらないし、それなら全力でサボろうと思うダメ人間っぷりでした。

でも、やっぱり20代でサボるのが当たり前になってしまうと、その先の人生を過ごすに当たってかなり効率が悪いんですよね。

人間は楽をすることに慣れてしまうとドンドン堕落していきますし(笑)

しかし僕は「楽はしたいけどお金は稼がなければいけないな」とは思っていたので、副業を探し「せどり」に出会い、「起業という働き方」に出会うことができました。

もちろん自分でビジネスをしていくので大変な時もありますが、毎日やりたいようにやっているので、会社員時代の100倍は楽しいです。

やればやった分だけ稼げるし、この働き方に出会えたことはとても幸運だったと思います。

20代は仕事も遊びも本気でできるから

people dancing inside building

20代で仕事をサボることに命を懸けてしまえば、その先の人生で仕事を頑張れなくなる。

でも20代で全く遊ばずに仕事一筋!ウォォォォォ!みたいになっても、それはそれでクソつまんない。

なぜ働くのか?そこにキレイゴトなんていらなくて、お金を稼ぎたいからですよね。

では、なぜお金を稼ぐのか?と聞かれたら生活や遊びの為ですよね。

やっぱり仕事も遊びも全力でやれるのが20代の最高なところです。よく成功した経営者などは「20代の時間を買えるなら全財産を払ってもいい」と言ったりします。

それだけ僕たち人間にとって若い時代というのは、気力と体力に溢れたかけがえのない期間なんです。

僕もやっぱり10代の時間が買えるなら普通に全財産出します。

もしも戻れたら、まずはもう少し女の子に話しかけられるように頑張るでしょうね。真顔で。

酒がうまいから

やっぱり疲れた後の酒って超うまいですよね。

疲れていない時に飲むのもいいんですけど、仕事とか運動で疲れた後の酒って最高にうまいじゃないですか。

ビールの味を5割り増しにする為にもビジネスをしているのかもしれません。

ちょっとフザけてると思うかもしれませんが、結構ガチです。

何でもできる20代は余力なんて残さなくていい

man in white top

大切なものはいつだって無くしてから気づくことが多いですが、この「若さという財産の大切さ」だけは、今この段階で気づいておきたいですね。

皆さんも若い頃よりできないことが増えてきたりしませんか?

僕もあらゆる場面で老いを感じます。

10代の頃は2轍とかも余裕だったのに、今は朝までお酒を飲もうとしても2時くらいに落ちたり。

10代の頃は何kmも普通に走れたのに、今は試しに1kmとかランニングしただけで肺結核なんじゃないかと思うくらい苦しくなったり。

残念ながら、僕らはもう若い頃には戻れないんですよね。

飲み会で若い頃の武勇伝を語るのも楽しいですが、それだけではどうしてもつまらないじゃないですか。

過去には戻れないけど、未来をどうするかは自分次第ですので、ぜひ常に希望や夢を語り合うお酒を飲めるように頑張っていきましょう。

20代は何でもできます。

あなたが笑って逝けるかどうかは、20代の過ごし方にかかっています。別に1日や2日寝なくても死にはしません。死んだら一生寝れるじゃないですか。

ぜひ、毎日エネルギーを使い切っていきましょう!

20代で起業して良かったこと・悪かったことまとめ 今回は20代で起業してみて感じたことを赤裸々に書いていきます。 もちろん良い面もあれば悪い面もありますので、実際に...

25歳で年収1000万を捨てて脱サラした既婚男性

現在の僕は、物販ビジネスで起業をしてPC1台で仕事ができるノマド的な生活を送っています。

パッと見は「なんだマルチの怪しい奴か・・・」と思うかもしれませんが意外と真面目に起業して家族も養っていますのでご安心ください。

こんなライフスタイルを確立できたのは「最速で結果の出る物販(転売)に副業で取り組んだから」でしかありません。

最初はただ一生昼から銭湯でビールを飲んでたいという思いからでしたが、どれだけ浅はかな動機でもその思いさえ本気なら夢を叶えることは可能でした。

よかったらぜひプロフィールをご覧になってみてください!

こちらです。