副業

20代で年収1000万を超える方法│転職よりも副業が最適解

ゆうすけ
ゆうすけ
こんにちは。この記事を書いているゆうすけと申します。

副業で電脳せどりに取り組み、25歳で独立をして現在は物販やメディア運営の仕事をしています

銭湯とバレーボールと昼から飲んだくれるのが趣味です。
詳しいプロフィールはこちら

大学を卒業して社会人になって、バタバタする生活がひと段落すると、どうしても「お金=年収」のことが気になってしまいますよね。

これはあるあるだと思います。

僕も初任給は確か手取りで16万とかそこらでしたが、コンビニのアルバイトしかしたことがなかったので最初は衝撃でした。

「社会人はこんなにもらえるのか…!(ゴクリ)」みたいな感じでした。

でも、やはり1年ほど経ってくると普通に「もっと欲しい」と感じてしまうんですよね。人間は欲の塊でしょうか。

そして漠然とですが「年収1000万」いったら勝ち組だなと思うわけですよ。根拠のない憧れみたいな感じです。

皆さんもありませんか?普通に無理だと思うかもしれないんですけど、

先に言っておくと普通に20代前半で年収1000万は超えられます。

その方法は「外資系の企業に転職しましょう」とかいう無理ゲーに近い話ではありません。そんな高年収企業に簡単に転職できる人はそっとこのページを閉じてください。

今回の話は、あくまで僕と同じような「普通自動車免許しか資格がないような一般的な人間」を対象に話を進めていきます。

それではいきましょう。

20代で年収1000万円を超える方法

Indian rupee banknote

簡単に言うと、転職をするのではなくて副業をしてください。

以上です。

嘘です。嘘ではないのですが、もっと詳しく説明します。もう少しお時間をください。

参考:なぜ20代で副業をするべきなのか?僕たちは幸せになる為に生まれてきた

なぜ20代で年収1000万を超えるには副業なのか?

person sitting on chair holding iPad

年収を上げるには、「自分のスキルを高めて、今よりも高年収の企業に転職をする」のが正解だと思う方も多いと思います。

でも、冷静に考えてください。

それも間違いではないのですが、例えばあなたが非常に語学が堪能でTOEIC満点とかそういうレベルだと仮定しましょう。

それで外資系の証券会社などに転職が成功して、年収1000万を超えられるとしましょう。

普通にそれってメチャクチャ忙しいと思うんですよね。

僕は思考が割とゆとりなので、忙しくて遊ぶ時間のない年収1000万なんて興味ないんですよね。それだったら自由な年収500万の方が魅力を感じます。

僕が推奨している副業はインターネットを用いたものでして、最初はそこそこ大変なのですが、しっかりと手順を踏んで仕組みを作っていけば後々に自分が動かなくても収益が生まれていきます。

例えばですが、以下が後で楽できるネット副業の一例です。

■電脳せどり
■ブログ
■Youtube

だから、副業で別の収入源を手に入れて年収1000万を超えた方が時間にも余裕ができて幸せなんです。

そりゃあできることなら働きたくはないですよね。僕も同じ気持ちです。

こういうことを年長者に言うと「ゆとりが!!」と言われますが、世の中の9割の人は絶対に働かなくても生活ができるのであれば働かないと思います。

1日5分!コピペだけで年収1000万!なんて言うつもりは毛頭ありませんが、

外資系に転職して年収1000万を超える難易度がフルマラソン(42.195km)だとしたら、副業の方は5kmか10kmくらいのものです。

ゆとっていきましょう!!

副業で月10万円を稼ぐにはこの3つに絞れ【2020最新版】 いざ副業を始めるぞ!となっても、何をやったらいいのかわからないという方からの相談がここ最近すごく多いです。 なので今回は今...

25歳で年収1000万を捨てて脱サラした既婚男性

現在の僕は、物販ビジネスで起業をしてPC1台で仕事ができるノマド的な生活を送っています。

パッと見は「なんだマルチの怪しい奴か・・・」と思うかもしれませんが意外と真面目に起業して家族も養っていますのでご安心ください。

こんなライフスタイルを確立できたのは「最速で結果の出る物販(転売)に副業で取り組んだから」でしかありません。

最初はただ一生昼から銭湯でビールを飲んでたいという思いからでしたが、どれだけ浅はかな動機でもその思いさえ本気なら夢を叶えることは可能でした。

よかったらぜひプロフィールをご覧になってみてください!

こちらです。