転売ビジネス

Amazonせどりの価格競争に疲れた人にオススメしたい解決法4選

ゆうすけ
ゆうすけ
こんにちは。
この記事を書いているゆうすけと申します。

副業で電脳せどりに取り組み、
開始半年で月収50万円を超えて独立しました。

現在は物販ビジネスを自動化して
PC1台で完結する働き方を追求しています。

詳しいプロフィールはこちら

Amazonせどりをしていると価格競争が頻繁に起こります。

仕入れた段階では全然ライバルがいなかったのに、FBAに納品して、いざ販売しようと思ったら急にライバルがドカンと増えていたり。

僕も幾度となく経験しましたが、これってかなりシンドいですよね。

できればこんな状態から抜け出したいと思うのは当然だと思うので、今回は「価格競争から抜け出す方法」をご紹介していきます。

テクニック的な解決策から、そもそも根本的な解決策までご用意してありますので、ぜひこの機会に価格競争とは無縁になっちゃってください!

Amazonせどりで価格競争から抜け出す方法

①ライバルの在庫数を確認して駆け引きをする

man using video game control pad beside man using computer keyboard sitting and playing video games

Amazonではライバルの在庫数が確認できるのはご存知の方も多いと思います。

方法としては幾つかありますが、パソコンで見る方はGoogle chrome無料拡張機能の「モノサーチ」をインストールすることで確認ができますね。

拡張機能をご存知ない方は、こちらの記事で詳しく解説しているのでご確認ください。

参考:せどりで稼ぐなら拡張機能は必須│絶対に入れておきたい無料拡張機能まとめ

スマホの方は少し面倒ですが、商品をカートに入れて「数量:999」に変更してみると、購入できる数量が表示されて「その表示数量=在庫数」となります。

この場合は間違えて999個も購入しないようにご注意ください。持ってるセラーは持ってますからね。笑

ライバルの在庫数が確認できたら、月間の販売個数をチェックして相手の在庫が捌けるまで少し待ちます。

そして、タイミングがきたら自分の売りたい価格で販売する、というのが価格競争を避ける販売の仕方です。

しかしこれはキャッシュフローに余裕がある方や、回転率の高い商品にしか使えないテクニックです。これが使えない場合は以下の解決策を参考にしてみてください。

②潤沢な資金で殿様商売をする

先ほどの「ライバルの在庫が捌けるまで待つ」という作戦は、資金が潤沢にあればあるほどやりやすくなります。

副業などで始めたばかりの方などはあまり現実的ではありませんが、物販は資金勝負と言われる側面もあるので、融資などで資金を拡充するのは効果的な手です。

まあ融資と言っても借金なので気が乗らない気持ちもわかります。

僕も「絶対融資なんか受けませんけど」みたいなスタンスでしたが、今は普通に借りていますのでこちらの記事も読んでみてください。

参考:せどりで融資は必要なのか?そもそも受けられるのか?実際に突撃してみました。

③販路を増やす

Labour And Wait green concrete storefront

次の解決策は、Amazon以外での売る場所を増やすことです。

代表的な例は「ヤフーショッピング」や「楽天」ですね。ただし、どちらもAmazonのように既に商品ページがあるわけではないので、自分でイチから作り上げなければいけないのが手間です。

でも、こうして面倒な部分があるからこそ、始めることができればそれだけライバルが少ない場所で戦うことができます。

これをカッコよく言うと「参入障壁が高い」と言います。

そんなことはどうでもいいのですが、Amazonで売っていると「え?アナタそんな価格で売る気あるんですか?」みたいなセラーさんがいるのをご存知でしょうか。

4,980円が相場価格の商品に「9,800円」で出品していたり。そんな価格じゃ絶対売れないでしょ…みたいな人のことです。

あのような人たちは、基本的に実店舗を持っていたり、楽天など他販路を持っていたりするので、Amazonで本気で売りにくる必要がないんですよね。

僕らもそこまでいければ物販プレイヤーとしてかなり優秀と言えるのではないでしょうか。

④自社ネットショップを展開する

上記の「他販路を持つ」に近い話にもなるのですが、自分でネットショップを作ってお客さんを集めることができればかなり勝ちゲーです。

自社のネットショップで、自社商品を売る。これがネット物販の最終形態ではないでしょうか。

ヤフーショッピングや楽天など、Amazon以外での販路を持つといいのですが、どれもあくまで「プラットフォームを利用する」という状態には変わりないんですよね。

分かりやすく言うと、プラットフォームは賃貸やマンションみたいなイメージです。手数料を払って出店させてもらって、色々楽な部分もあるけど規制もあるという。

対して自社のネットショップは完全にマイホームですね。手に入れるのは賃貸よりも大変だけど、手に入れてしまえば自由度が高いんですよね。

家なら隣の部屋に気を遣わなくてもいいように、自社ショップならライバルもいないので利益率もボリ放題です。

この辺りは「自分がどこまで物販を伸ばしたいか」にもよりますので、しっかりと考えて、長く物販で稼いでいきたいなら本気で検討する価値はあると思います。

ネットビジネスで生き残るには変化が必要条件であるselective focus photography of person's palm with two coins

Amazonせどりで価格競争を避ける幾つかの方法を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

正直なところ、「①ライバルの在庫数を調べて駆け引きをする」は小手先のテクニック的な感じですし、残りのやり方は根本的に色々変えていかなければならないようなものばかりだと思います。

でもAmazonで販売をする以上は、ある程度の価格競争が起きるのはしょうがない部分でもあるんですよね。

それだけの集客力を使わせてもらってる立場なので、文句を言える立場じゃないんですよ僕たちは。世の中でも一緒ですよね。

政治家や政策に文句を言う人に限って投票に行ってなかったり。僕は文句を言わない代わりに投票にも行きませんが…笑

月に30万円くらいを稼ぎたいのであればAmazon1本でもいいですが、月に50万〜100万以上を稼いでいきたいのであれば、今回紹介した手法を真剣に考えてみるといいと思います。

正直なところ、今やっている手法で稼げていると変化するのがすごくダルいんですよね。「別に稼げてるからな〜」とか思っちゃうんですよ。

でも、ネット上では常に変化が起こっていますし、この激動の市場で消えていった人は全員「現状にあぐらをかいて変化を怠った人たち」です。

僕も正直な話、販路開拓とか、新たなキャッシュポイントの構築とか面倒くさくてたまらないです。でも、「めんどくさいことって大体やるべきこと」なんですよね。

ハンターハンターでも明らかに変化系が1番強いですもんね。キルアが好きなだけですけど。

皆さんもやった方がいいと頭でわかっていることは、ガンガン最短で進めていくべきです。僕も頑張るので皆さんも頑張っていきましょう!

転売の未来を推測│Amazonせどりを中心に徹底分析してみた全国のせどらーの皆さんこんにちは。ゆうすけです。 今回は、せどり・転売はいつまで稼げるのか不安という方や、この先の事業の進め方に悩...

25歳で年収1000万を捨てて脱サラした既婚男性

現在の僕は、物販ビジネスで起業をしてPC1台で仕事ができるノマド的な生活を送っています。

パッと見は「なんだマルチの怪しい奴か・・・」と思うかもしれませんが意外と真面目に起業して家族も養っていますのでご安心ください。

こんなライフスタイルを確立できたのは「最速で結果の出る物販(転売)に副業で取り組んだから」でしかありません。

最初はただ一生昼から銭湯でビールを飲んでたいという思いからでしたが、どれだけ浅はかな動機でもその思いさえ本気なら夢を叶えることは可能でした。

よかったらぜひプロフィールをご覧になってみてください!

こちらです。