副業

Amazonせどりで2億稼いだ仕入れ先とノウハウ全公開【今も使える】

どうも、Yusukeです。

今回は僕がAmazonせどり始めてから3〜4年で2億稼いだ「仕入先」と「ノウハウ」を全て暴露していこうと思います。

もちろん、この記事を書いている2021年現在もバリバリ使える手法です。

「なんでそんな大事なことを公開するんだ?」と怪しく思われるかもしれませんが、僕は既にAmazonせどり自体を引退して次のビジネスに移行しているので公開してしまおうと思いました。

ゴリゴリ違法のヘルビ初回転売とかで「初月から月収10万円稼げます!」とか言ってるインチキせどりコンサルティングに申し込むよりも遥かに再現性の高い手法です。

ぜひ見ていってください。

Amazonせどりで2億稼いだ仕入先

まず、仕入先を公開しますがズバリ言うと「フリマ」です。

フリマとは主に以下の3つを指します。

■ヤフオク
■メルカリ
■ラクマ(旧フリル)

他にもジモティーとか色々あるのですが、ひとまずこの3つだけおさえておいてもらえれば余裕で年商1億くらいなら目指せるかなと思います。

ここで、Amazonせどりに取り組まれている方や勘のいい方はこう思うかもしれません。

せどり経験者
せどり経験者
Amazon売りのフリマ仕入れって違法なんじゃ?

仰る通りです。

フリマやリサイクルショップで仕入れた商品などは、一度誰かの手に渡った時点で「新古品・中古品」扱いになるため、そのまま新品で販売するとAmazonの規約違反です。

クレームを受けたり運営につつかれたら一瞬で垢BANして死/亡します。

でも僕は基本的に「あるノウハウ」でフリマから仕入れた商品を新品販売だけで2億売りました。

Amazonせどりで2億稼いだノウハウ

そのノウハウが何なのかを簡潔に言うと、「フリマで業者(主に個人事業主)と繋がって商品を大量に仕入れる」というノウハウです。

どういうことか詳しく説明していきますね。

Amazonで商品を新品で売る際に、フリマなどで個人から仕入れた商品をそのまま販売してしまうと規約違反になります。

規約違反になると何がマズいかと言いますと、Amazonセラー最大の不安要素である「真贋の疑い」がかけられた時です。

Ama様
Ama様
おい、この商品偽物だろ?請求書出せや。

となり、フリマ仕入れではイチ個人から商品を買って請求書もクソもないわけなので、あっけなく垢BAN or 凍結となるわけですね。

なので、この問題さえ解決できればいいわけです。

最もオーソドックスな解決策は「ちゃんと真っ当な企業などから仕入れて請求書を発行してもらうこと」ですが、ハッキリ言ってこれができるセラーは少ないです。

何故なら多くのAmazonせどらーは副業だったり、資金に余裕がなかったり、そもそも「て、転売したいだけなのに会社とかに営業したら怒られそう…」と思ってしまい敬遠するからです。

Yusuke
Yusuke
まあ全部僕のことですが。

なので、このオーソドックスな解決法ができればいいのですが当時の僕もそこまでいけませんでした。

そこで

Yusuke
Yusuke
請求書さえあればいいんだから、フリマで出会った業者に頼み込んで作成してもらえばいいんじゃね?

と思い、今回のノウハウを思いつきました。

Amazonせどりで2億稼ぐフリマ仕入れ3STEP

ここからは具体的なステップを話していこうと思います。流れとしてはこんな感じ。

①フリマ上で業者を見つける
②出品者側に「上顧客だな」と思わせる
③交渉

本当にこの3つだけで年商1億、そして月利100万くらいは余裕で狙えるでしょう。もちろん社員も雇わずに済みますし、雇っても納品外注1〜2名ほどです。

もう少し説明をしていきます。

①フリマ上で業者を見つける

まず最初にフリマ上で商品をたくさん持っていそうな業者(個人事業主)を探します。

業者とは何なのかと言うと、オフライン上で実際に代理店や商社系などの実業を持っている人のことです。

この手の業者さんは様々な理由でフリマに出没しています。

・実業の売上を少しでもUPさせたい
・在庫を早く履けさせたい

等の理由から、フリマを使って商品を販売している人が結構多いです。

その業者さんは実業も営んでいるので「商品をたくさん持っている・取り寄せられるパイプがある」という、せどらーからしたら非常にオイシい方です。

まあ、こんな感じの人たちは全員業者です。

見てもらえればわかると思いますが、フリマで写真もなくて数万円以上の出品を連発しているので、こうした人が業者です。

ほぼ確実に裏で取引が行われていて決済だけフリマ上で済ませているというパターンですね。

なんでフリマを通すのかと言うと、決済する方もカードが使えて嬉しいし、出品者側も匿名で売れたりするので都合が良かったりします。

フリマ上も取り締まれると思うのですが、高額決済すればするほど運営にも高額の手数料が落ちるので「見て見ぬふりをしているんじゃないかな」というのが僕の推測です。

②出品者側に「上顧客だな」と思わせる

そして業者を見つけたら、その業者を狙い撃ちして出品している商品を買いまくります。

どうせフリマで買った商品は新品販売できないので、利益率などは無視してとりあえず買えるものは全部買うくらいの勢いでOKです。

何故なら、ここでの目的は業者の方に

業者
業者
なんだこいつ、ええやつやな。お得意様予備軍やな。

と思わせることだからです。

なので、仕入れて儲かるかとかは一切考えずに「相手にとって都合のいい人になること」をまずは意識しましょう。

僕は普通に売っている商品が5個とかだったら「どう考えてもこれは不用品だなw」という出品でも全部買っていました。最初の印象が全てですから。

後でまたフリマ上で更に転売すれば現金化できることも多いので、ここは初期投資です。

あまりにマイナス(負債)を抱えるほどやる必要もないのですが「商品も買わずに交渉してくるようなそこら辺の人とは違うよ」と思わせることは必要です。

③交渉

そして、実際に商品を購入したら商品の取引メッセージ上で交渉をしていきます。

ここでの交渉の目的は、

・取り扱える商材の確認
・仕入れ(卸し)値
・請求書作成の可否

です。

理想はフリマ上での付き合いではなくて、メールや電話ができるレベルで直接連絡が取れる関係になれるといいですね。

しかし、いきなりフリマの取引メッセージ上でアドレスや電話番号を聞いたりすると、フリマ側の規約違反ですぐに垢BANになるので注意が必要です。

例えばですが、僕がやっていたテクニックはこんな感じです。

・届いた商品に相手の番号が載っていたらショートメール送る
・取引メッセージ上で電話番号を「れいきゅうれい・・・」と平仮名で教える

Yusuke
Yusuke
よくこんな小細工が思いつくな、と自分でも思います。

とまあ、あの手この手で出来る限りクローズドな場で交渉ができるように持ち込みます。

イメージはマッチングアプリからLINEを交換する時みたいな感じで、運営側のAIによる監視をしっかりと避けつつ、うまく誘導していくみたいな感じですかね。やったことないので知りませんが。

そして交渉の場が整ったら、ここは腕の見せ所です。

相手に嫌な顔をされないように「Amazonで売れる商品」を聞いていって、大量に仕入れられるように、最終的に請求書まで出してもらえるように交渉をします。

「何でそんなに大量に商品を仕入れるんですか?」と聞かれることも多いですが「イベントに使います」とか適当こいておいてもOKです。

ただ、理想は全て正直に話すことです。

冷静に考えて「大量に仕入れたいです」とか言えば相手も察しますからね。

「Amazonで売ります」と正直に言った方が話も早いです。

その過程で「Amazonはマズイんでヤフーショッピングとかならいいですよ」と言ってもらえたりもしますので、うまい具合に交渉を重ねていきましょう。

ぶっちゃけ違法転売ヤーはそこら中にいる

とまあ、上記のような流れで僕は2億くらいAmazonせどりで稼いできました。

仕入先とズブズブの関係になることによって、例えAmazonから真贋の疑いがかけられたとしても切り抜けられることができます。

完全合法のフリマ仕入れAmazonせどりが完成するわけですね。

何でこんな仕入れ方をするかと言うと、個人で月数十万とか稼ぐくらいなら企業に営業するよりかは楽ですし利益率も高くてオイシいからです。

普通に30〜40%の利益率も狙えます。なんせズブズブなので。

個人が会社に営業をかけに行っても、一見さん扱いなので商品をそもそも卸してもらえなかったり、卸してもらえても利益の取れない価格を提示されます。

この辺りは商流もあるので、それなら既に付き合いのある業者と裏技で繋がって仕入れた方が全然安いのです。

楽天ポイントせどりとかだと「利益率0%でポイントが利益」とかもありますが、やっぱりポイントではなく現金を稼げた方がいいですからね。

しかし、僕のようにここまでリスクヘッジしている人がほぼいないのも事実です。ぶっちゃけ多くの人がフリマ仕入れでそのままAmazon新品売りしてます。笑

内情を少し話すと、年商数億以上の人でもフリマ仕入れ用で垢BANしてもいいように別アカウントを作っていたりする感じですね。

まあ「稼げれば何でもよくね?」というスタンスの人が多いです。

もちろん僕はそんな時期があったので、人の転売スタンスに関してとやかく言うつもりもありませんが、長期的に稼いでいくことを考えたらAmazonの運営側の一言で吹き飛ぶような稼ぎ方は不安定すぎるなと思います。

なので、僕は2億も売ったAmazonせどりを引退しました。

僕が2億稼いだAmazonせどり(フリマ仕入れ)を引退した理由

ここからは僕がAmazonせどりを引退した理由を、もう少し掘り下げて話していければと思います。

規約変更のイタチごっこで精神が疲弊

僕がAmazonせどりを始めた頃は普通にフリマ仕入れが請求書とかなくてもOKだった時代がありました。(確かダメはダメだけど取り締まりが緩かった)

その時は本当に無法地帯と言いますか、みんな中古だろうが何だろうがフリマでガンガン仕入れまくって売りまくり稼ぎまくりという感じです。

しかし、ヤ●ザみたいな中国系の海外セラーや質の悪い販売者が増えたことによってAmazon側の規制も厳しくなり、どんどんと規約が変更していきます。

昔は引当金もありませんでしたからね。

あれもダメ、これもダメ、全部ダメ。

ルールが改正する度に抜け道を考える繰り返しに疲れてしまいました。

知人はAmazonで真贋を受けた時の為だけに株式会社を作ったりもしていましたが、笑

そこまでの労力があるならば「もっと永続的に繁栄するビジネスを追い求めようよ」とも思います。

結局はずっと規約に踊らされて安定とは無縁の生活しか送れない気がしたので、僕はせどりを引退しました。

せどりが嫌だったと言いますか、誰かに主導権を握られることが無理だった感じですね。

他社の商品を扱うことによるデメリットが大きすぎた

次にこれですが、結局せどりの延長線上では「売上を上げれば上げるほどメーカーに嫌われる」という問題も発生してきます。

今回の僕のノウハウではAmazon側での規約を切り抜けることはできますが、裏の非正規ルートで商品が流通しているのでメーカー側からしたらおもしろいわけがありません。

この場では言えない危険な経験もしました。

ビジネスの基本は「関わる人全員が幸せになること」ですが、その原理原則を無視して自分だけ稼ごうとすれば長続きはしません。

そうなると「せどりの次のステップは真っ当に物販会社を経営すること」くらいになってくるのですが、僕にはそれほどの情熱もありませんでした。

だからやめるしかなかったのです。

全くスキルが身に付いていない恐怖

これも強い理由の1つですが、ずっとせどりばかりしていると「去年と全く同じことをしている」という状況がよく起こります。

寝落ちするまでリサーチしても不安が消えない日々。

これってビジネスマンとしては致命的で、イコール「全く成長していない」ということでもあるんですよね。

去年と同じことをしている=現状維持=退化です。

もちろん緻密に練った戦略のもと去年と同じ種まきをし続けているとかであればいいのですが、当時の僕は「ただせどりを続ける選択肢しかなかった」だけでした。

ふとした瞬間にめちゃくちゃ悲しくなりました。

このままだと歳をとった時に同じ話ばかりするイタいおっさんになりかねない、と思ったので次に進む決意をしました。

何度も言いますが現状維持は退化で、時間とお金をかけるなら息の長いスキルに投資すべきです。

起業家として生きていたかった

後は、せっかく脱サラ起業したので「家族に誇れる自分でいたかった」というのがあります。

ズブズブの仕入れ先も何個かできてきて、毎月メールを送って発注するだけで月50万とか100万くらいなら鼻ほじりながらでも稼げていたんですけど、常に「これは俺のやりたいことじゃない」と思っている自分がいました。

でも、理想の未来図を考え始めたとしてもすぐに

Yusuke
Yusuke
まあ稼げてるし、いっか。酒飲も。

となる自分にも腹が立ちました。

よく知人に「仕事は何してるの?」と聞かれた時に「個人商社みたいなことしてるよ」とかイキって言ってましたが、ただの転売ヤーです。切ない。

僕のような甘ちゃんは余裕があると動き出せないと気づき、ビビり散らかしながらもせどりを引退することにしました。

別に「副業でお小遣い稼ぎができればいいや」と思うならずっとせどりだけしてればよかったのでしょうが、自分は会社も辞めているし子供もいたので、状況が違いました。

稼いでいい暮らしをしたい、家族と幸せな生活を送りたい、もっと1人の経営者として生きていきたい。

そんな思いによって、僕は次の道に進む覚悟を決めました。

Amazonせどりを引退した後の現在

そして引退した今、実際にどうなれているかと言うと次のステップに進んで「情報発信ビジネス」で月200万円くらいを稼いでいます。

情報発信ビジネスが何か知らない方のためにお伝えすると、

情報発信ビジネス
=情報を発信して知識やスキルを人に教えたりすることで収益を得る手法

です。

最初は「副業したい人」に向けて「せどりの稼ぎ方」を教えていましたが、今ではそれも引退して「情報発信の仕方」を個人法人問わず教えています。

インターネット上での発信の仕方だったり、SNS運用だったり、マーケティングの導線を組んだり、ひと口に情報発信で稼ぐと言っても色々やってます。

他社の物を売っていた昔は利益率も低く、規約変更1つで致命傷になっていましたが、今では誰にも何にも左右されずに脳ミソ1つで戦うことができています。

おまけに知識やスキルを売るので利益率は基本的に100%ですし、僕の知識は誰にも奪えないので何が起きても稼ぎ続けられるという安心感があります。

情報発信ビジネスのスキルは僕らが死ぬまで使えるスキルです。

食いっぱぐれる可能性がどう考えてもありませんので、真の意味での安定とは大きな会社にすがりつくことではなく、自分の脳ミソを武装していつでも稼げるようになることだと確信しています。

奥さんとのデート中にクレームの電話を受けて心拍数が急上昇したり、稼ぎ続けられるか不安になって寝れなくなったり、どれだけ収益をあげても落ち着かなかったあの頃とは全く違います。

今までの成功体験を捨てるのは本当に怖かったけど、長期的に幸せになれる稼ぎ方へ路線変更できてよかったと心から思います。

もし以下のような方がいたら、長期的な目線で考え直してみてください。

■今からAmazonせどりを始めようと思っている人
■既にAmazonせどり稼げてるけど未来が不安で苦しい人

ずっとせどりを続けていても、いつか終わりが来ます。断言します。

自分の理想の未来と照らし合わせて正解を見つけてみてください。

僕は、その正解が情報発信ビジネスでした。

もしも同じように情報発信ビジネスで稼いでみたいと思うのであれば、詳しいやり方や知識を無料のメールマガジンで解説しているので、下記からぜひ登録をしてみてください。

情報発信は難しいと勘違いをしている人も多いですが、僕みたいに偏差値ゴミのFラン大学生でも正しい知識さえ学べば稼げてしまいます。

知っているか、知らないか。ただそれだけです。

全てはメルマガで解説していますので、またメルマガの中でお会いしましょう!

一般公開のブログでは、決してお話しできない裏話があります。

僕は24歳で転売ビジネスを始めて、開始1年で年商5000万を稼ぎました。

しかし、忙し過ぎたので全てを放棄し、そこからは情報発信ビジネスに路線変更して月100万円以上を完全自動で稼げるようになりました。

去年まではセミリタイヤしていて、毎日昼に起きて酒を飲んで寝る。そんな生活を続けていました。

 

・・・が、しかし、

奥さんの妊娠をキッカケに「流石に生まれくる子供にこんなニートみたいな姿は見せられない」と思い、再びビジネスの再開を決意します。

と言っても、元々は忙し過ぎて年商5000万の転売ビジネスを放棄した人間だったので、ビジネスを再開するとしても忙しいのは絶対に嫌でした。

 

なので、今は「平日のAMだけ働く」というスタイルを確立して家族を養っています。

 

何だかんだ仕事を再開したら面白くなってきているので、今は「完全自動で年収1億円」の仕組みを構築中です。

30歳までに家族が一生セミリタイヤできるレベルの資産を構築して、その後はずっとやりたかった保護犬を守る活動とか、好きなビジネスをしながらのんびり生きていこうと思います。

 

が、こんなことを聞いても信じられないかもしれません。

もし信じられたとしても、「あなただからできたんでしょ」と思うかもしれません。

今はまだそれで大丈夫です。

 

でも、僕は幼少期から家族にバグと呼ばれて育ってきましたし、親のお金で進学したFラン大学でもちゃんと酒とタバコに溺れました。

おまけに就職した会社の入社試験は3点です。もちろん100点満点のテストです。

正直書いていて悲しくなるレベルですが、こんな僕でもできるのですから、安心してもらえたらなと思います。

 

もしもあなたがゼロから情報発信ビジネスを始めて、時間にもお金に縛られない生活を手に入れたいと少しでも思うのであれば、かなり力になれる自信があります。

最初から才能に恵まれた天才が語るような夢物語ではなく、本当にゴミクズ学歴底辺がゼロから這い上がってきたリアルを、お見せすることができます。

 

その情報は、全て電子書籍に詰め込みました。

 

普段は1,000円で販売をしている書籍なのですが、このブログをここまで読んでくれたあなたへの敬意として、今回だけ無料でプレゼントしたいと思います。

ストーリー形式で20分程度でサクッと読めるボリュームですので、ぜひ下記画像をクリックしてダウンロードしてみてください!

億万長者が教えてくれた
お金の増やし方

・平日のAMだけ働いて月200万以上稼ぐ

・2億のビジネスを忙しいという理由だけで放棄

・社会のゴミクズ底辺落ちこぼれが日本の上位3%の年収を獲得

・・・なぜそうなれたのか?

その全てを解説している書籍(1000円)を無料でプレゼントします!

➡︎詳しくはコチラ