インターネットビジネス

ビジネスって言葉自体が怪しいと思っていた当時の僕へ伝えたいこと

ゆうすけ
ゆうすけ
こんにちは。
この記事を書いているゆうすけと申します。

副業で電脳せどりに取り組み、
開始半年で月収50万円を超えて独立しました。

現在は物販ビジネスを自動化して
PC1台で完結する働き方を追求しています。

詳しいプロフィールはこちら

先日、奥さんと夕飯を食べながらビジネス談義をしていたのですが、「そもそもビジネスって言葉が怪しいよね」という結論に至りました。

確かに…!と唸りましたね。

僕も副業に取り組む前は「ビジネスって何やねん。普通に商売って言えや。」とエセ関西弁が出るくらい心が揺さぶられたことを覚えています。

そんな人は商社の時もいました。

やたら横文字使う上司が。コンプライアンスが〜、コンセンサスが〜、いや日本人なら日本語使ってくださいよ、と。

ただ、今だからこそ当時の僕へ伝えたいことをまとめました。

当時の僕と同じように「ビジネスという言葉使う奴は全員詐欺師」みたいに思ってる人はめちゃめちゃ参考になると思います。

怪しいという感情を持った時点で興味が生まれている

person holding smartphone at night

いきなり結論から言いますと、

「怪しいと思っている時点で負けですよ」と。

負けと言うと語弊がありますが(笑)

やっぱり全く興味のないことには怪しさという感情すら持つことはないんですよね。

興味がなければ本当に何も感じませんから。無(む)です、無(む)。

だから、怪しいと思っている時点でそれは「めっちゃ興味ある」ということと同義なのです。

そして興味があるなら、なるべく早くその意地を捨てちゃった方が楽だぞと。

これって実は他のケースでも同じようなことはありまして、

例えば僕は中学生の頃に隣のクラスに好きな子がいたんですけど、友達には「は〜?全然興味ねーし」とか言ってたわけですよ。

いやいやいや、それめっちゃ好きですやん。と。

これと同じで、ビジネスという言葉に怪しさを感じて「ビジネスとか言ってるのは全員詐欺だろ!」と言っていても、それは興味ありますよね、ということです。

こういう時って確実に認めちゃった方が楽になります。

生きていれば強がりたくなる時もあるんですけど、そんなプライドは最小限にしておいた方が確実に生きやすくなります。

ビジネスという言葉は怪しいけど使いたいよね

people sitting on chair in front of table while holding pens during daytime

まあ擁護しておいて何なんですが、ぶっちゃけビジネスという単語は怪しいと思います。笑

僕も当時はめちゃめちゃ怪しんでいましたからね。

でもそれはマルチやMLM軍団が過剰に「ビジネス」というワードを使って言葉巧みに勧誘を繰り返しているからとか、そんな理由でしかないと思います。

色々な背景があると思うので、別にビジネスという言葉自体が悪ではないんですよね。

だから僕たちのやるべきことって「自分の感情に素直に行動してあげること」だと思うわけですよ。

そりゃあ今まで生きてきた環境や価値観があるので全てをいきなり受け入れることは難しいかもしれないけれど、自分が感情を揺さぶられている時点で、

その対象に興味を持ってしまっているということだけは間違いありませんので。

ビジネスとか横文字の言葉を嫌っている人ほど、一度覚えるとめちゃくちゃ使いますからね。

iPhoneディスってたAndroidユーザーがiPhoneに変えた途端ドヤりまくるみたいな感じです。(全てが経験談)

あとは、

めっちゃハイブランド物ばっかりインスタにあげてる友人がいたら気になりますよね。そんな時もしっかり受け入れてあげるんです。

それが詐欺だったら心の中で中指立てておけばいいし、怪しいことしてなかったら悔しいけど受け入れるしかないんですよ。

自分にくらい素直になってあげると生きやすくなりますし、何よりビジネスの進みも段違いに速くなりますよ!

あ、ビジネスと言ってしまいましたね。笑

それでは!

ネットビジネスが怪しいと思われる理由│詐欺かどうか見極めるポイントも解説 インターネットビジネスが怪しいと思う方へ向けて、ネットビジネスでご飯を食べている僕が、色々解説していきたいと思います。笑 ...

25歳で年収1000万を捨てて脱サラした既婚男性

現在の僕は、物販ビジネスで起業をしてPC1台で仕事ができるノマド的な生活を送っています。

パッと見は「なんだマルチの怪しい奴か・・・」と思うかもしれませんが意外と真面目に起業して家族も養っていますのでご安心ください。

こんなライフスタイルを確立できたのは「最速で結果の出る物販(転売)に副業で取り組んだから」でしかありません。

最初はただ一生昼から銭湯でビールを飲んでたいという思いからでしたが、どれだけ浅はかな動機でもその思いさえ本気なら夢を叶えることは可能でした。

よかったらぜひプロフィールをご覧になってみてください!

こちらです。