大企業/年収1000万で世間体は手に入れたけど何も満足できなかった話(改訂前)

こんにちは、Yusukeです。

このページでは、僕が「大企業勤め・年収1000万」という勝ち組ルートを25歳で放棄した理由をお話ししていきます。

お金だけ稼げても時間がなければ意味がないと本気で思ったので、詳しく解説していきますね。

大企業/年収1000万でも幸せかどうかは別問題

僕は3年前の会社員時代、年収500万を得ていました。

何の資格もない新卒2年目の脳筋(脳ミソ筋肉)野郎の給料としては何の文句もありませんし、むしろもらい過ぎだと今でも思っています。

それに加えて、副業の転売ビジネスでも毎月50万円ほど(年間600万円)の収益は得ていました。

当時24歳で日本の上位4%と言われる年収1000万を超えていたので、パッと見はかなり勝ち組ルートの会社員だったと思います。

しかし・・・当時の僕は全く幸せではありませんでした

下記のように思いつく限りの散財をしてみましたが、気持ちが満たされることは全くなかったのです。

会社の同期と行った韓国のカジノで一晩で30万以上使ってみたり、

奥さんにヴィトンの財布を貢いでみたり、

これまた奥さんの分のMacやApple Watch、Air Podsも買わされてみたり、

平日から北海道に2泊で行ってみたり。(※宿泊したタワーホテルからの景色)

どれだけ自由ぶってお金を使ってみても、僕の心は荒んでいく一方でした。

忙しさと引き換えのお金なんていらない

大企業に入って年収1000万も超えて、若くして奥さんもできて、多くの人は僕のことを「勝ち組だね」とか「もう人生安泰だね」と褒めてくれました。

もちろん最初は「やっぱりそうだよね?w」と調子に乗ったりもしていましたが、次第に「こんなの何も幸せじゃない」と思うようになりました。

なぜこんな風に僕の心が荒んでいったかと言うと、そこには明確な答えがありました。

それは、お金だけあっても意味なかったからです。

確かに気軽に宿泊でディズニーに行けるくらいのお金はありましたが、そもそも会社自体はブラックなのは変わりようがないので残業も多かったですし、休日出勤も毎週の如くありました。

つまり、当時の僕はそれを使うだけの時間や自由がなかったので、フラストレーションは溜まる一方だったのです。

Yusuke
Yusuke
お金は稼げたかもしれないけど、そもそもこの社会の歯車である状態から抜け出せてない時点で、僕の希望は何も叶っちゃいない

だから僕の理想を叶えるには、ただ年収を上げるだけではダメで、時間的な自由もセットで手に入れることが必須だったのです。

という理由により、「大企業・年収1000万・25歳」という社会的に最強のステータスを捨てることにしました。

しかし、僕は全く後悔していません。ちゃんと今が一番楽しいです。

自分の信じた道だけを進んだ

家族や恋人、友人は時に優しさという名目で現状維持を望んできます。

家族なら、自分の子供が変な道にいってしまうことを心配してくれたり。恋人なら、安定した生活を望んでくれたり。友人なら、怪しいことから救ってくれようとしたり。

※LINEなどのスクショがあれば尚よし?コラ画像でも作成を検討。

しかし、その優しさが時に、僕らにとってはノイズになる可能性すらあります。

僕も下記のような感じで、しっかり否定をされまくった経験があります。

家族:起業なんてしても成功する訳がない
恋人:お願いだから会社員のままでいて
友人:それ怪しいから絶対やめとけ

でも否定的な意見を言ってくる大抵の場合は、その経験がない人たちの言葉なので、話半分くらいで聞いておく程度にしておきました。

どちらも経験した人の言葉であれば参考にしてもいいかもしれませんが、最終的に大事なのは自分の信念だからです。

現状の延長線上に自分の理想があるか?だけを常に自問自答していた感じです。

超忙しい大金持ちV.S.暇な小金持ち

ビジネスを選ぶ時に強く意識したのが、「稼いだ先でどんな自分になれるか」です。

ただお金を稼ぐだけの手法なら無限にあります。

しかし僕らはお金を稼いだその先で何かを得ていくわけで、それが叶えられないビジネスは絶対にしてはいけないと思いました。

僕は最初、お金だけ稼げればいいやという気持ちで転売ビジネスに取り組みましたが、結果的に時間や出会いといった他の要素も必要だと気づき、情報発信ビジネスに路線変更してきました。

決して転売ビジネスが悪という訳ではありません。

ただ、「描く理想は人それぞれだから、そこだけは決して見誤らないようにした」という話なのです。

例えば、以下のようにAとBという経営者がいたとしましょう。

Aの「超忙しい大金持ち」と、Bの「暇な小金持ち」。

何か壮大なビジョンがあったり、特別な理由があればAを選ぶ人もいるかもしれませんが、僕は確実にAを選びます。

何故なら、僕がお金を稼ぐ目的は「自分と家族が幸せに生きられること」なので、時間まで差し出す覚悟がないからです。

そう考えた時に、情報発信ビジネスは年収で100億とかは流石に無理だけど、数億レベルなら実際に到達している個人は何人もいるので可能な未来でした。

更に一度仕組み化をしてしまえば遊んでても収益が生まれるし、一生モノの出会いもあるし、企業や時代に求められているスキルでもある。

そうして、僕は長期的に取り組む前提で情報発信ビジネスを選択したわけです。

 

過去の僕のような凡人でも情報発信ビジネスが構築できるステップを大公開

僕は25歳で転売ビジネスに取り組み年商5000万を稼ぎましたが、全く幸せになれなかったので全てを一度放棄しました。

それは、常に自分が動き続けなければいけないビジネスモデルだったからです。

自由を求めて安定の会社員ルートを放棄したにも関わらず、むしろ状況は悪化していました。

しかし、情報発信ビジネスで資産を構築したところ、労働時間ゼロで転売ビジネス以上の収益を得ることができるようになりました

好きな時に月100万円くらいなら稼げる自分になれたのです。

そのおかげで家族との時間も好きなだけ取れますし、毎日昼間からハイボールを飲むニートのような生活もできます。

・・・が、こんなことを聞いても信じられないかもしれません。

もし信じられたとしても、「あなただからできたんでしょ」と思うかもしれません。

今はまだそれでOKです。

でも、僕は幼少期から家族にバグと呼ばれて育ってきましたし、親のお金で進学したFランクレベルの大学(名前を書けば入れる)でも酒とタバコしか覚えてきませんでした。

日本中を探してみても、これほど大卒という肩書きを無駄にしている人間はそういないでしょう。

なので、もしもあなたがゼロから情報発信ビジネスを始めてみたいと思っているのであれば、かなり参考になれる自信があります。

最初からスキルや才能に恵まれた天才が語るような話ではなく、本当に全てがゼロからでも実現可能なリアルをお届けすることができます。

その情報は無料メールマガジンでステップごとに解説をしていますので、ぜひコチラから受け取ってください。(完全無料です。)