起業の方法や真実

脱サラ起業してからの失敗談を引くぐらい暴露しようと思います

脱サラや起業という言葉にはどこか華やかなイメージがありますが、もちろんしんどい時や失敗することだって普通にあります。

この辺りってあまり語られていないので、詳しく知りたい方も多いんじゃないかな?と思いまして。

今回は僕がありのまま起こったことを話していこうと思います。

正直言うと、他の方があまり語っていないので僕が話せば好感度が上がるかなと思っています。下心はあります。宜しくお願いします。

それではいきましょう。

脱サラ起業してからの失敗談

ちなみに今回お送りするケースは全て僕の個人的な体験に基づくので、参考にならない可能性もありますのでご了承ください。

失敗談と言うかデメリット的な要素があるものは全部ぶち込んだ感じなので、あくまで「そんなことあるんだー」くらいで聞いてもらえると嬉しいです。

①昼間からハイボールを飲む生活を半年続けて収益ガタ落ち

liquor pouring on clear shot glass

もう昼から飲めるのが嬉しくて嬉しくてたまらなくて、毎朝タンブラーにハイボールを入れて飲みながら仕事をするという生活を半年続けていました。

朝といっても起きるのは昼くらいで、そこから飲みながら仕事をしても15時くらいには酔ってきて、気づいたらYoutubeを見て寝落ちするという生活がルーティーン化していました。

結果的に収益はガタ落ち。

月に10万とかしか稼げていませんでしたからね(笑)

流石に奥さんの妊娠も発覚してからはヤバいと思って真面目にやり始めたのですが、それがなかったら今でもハイボール廃人だった可能性は非常に高いです。

皆さんもアルコールにはご注意ください。

②完璧に昼夜逆転して奥さんと生活がすれ違いまくる

woman sleeping on bed under blankets

副業の時から深夜に作業をしていたこともあり基本的に夜型になってしまっていました。

そして脱サラすると朝起きる必要がないので、眠くなったら寝る生活を繰り返した結果、朝6時とかに寝ることが多かったので

正社員で働いていた奥さんが朝起きる頃には寝ているという、パッと見はヒモ男みたいな生活を送っていました。

生活リズムが違いすぎて一緒に暮らしているのにすれ違いまくっていましたね…!

③人と話す機会が激減してコミュ障になる

man in blue denim jacket facing turned on monitor

これは結構、ネット起業家あるあるだと思います。

僕はまだ奥さんがいたのでいいですが、独身の方とか家族と同居されていない方などはマジで一言も喋らない日とか普通にあると思います。

これの何がマズイって、シンプルに寂しいんですよね(笑)

会社員の友達は平日は仕事があるから遊んでくれないし、土日は混むから僕が家から出たくないので、ここでもすれ違い通信が起きるわけです。

切ないですね。

ああ、人間はウサギさんなんだなあと思う瞬間でもあります。

僕がこうしてブログを書いているのも、同じような起業家仲間みたいなのが欲しくてやっているフシはあります。

だって寂しいですからね。

何回言うねんという感じですが、皆さんぜひ脱サラして僕と乾杯しましょう。

まとめ:そりゃ人生良いこともあれば悪いこともあるよ

まあ今回は悪いところばかりを紹介してきましたが、これもこれで事実ベースのお話なので参考になるかなと思います。

もちろん僕が怠惰すぎるという部分も大きいのですが(笑)

でも脱サラして自由の身になると、本当に全ての選択が自分次第ですので「自分を保てるかどうか」が全ての鍵を握ってきます。

周りの経営者の人たちに聞いても同じような話は結構聞くので、ぜひ脱サラする時はハイボールにだけは気をつけておいてください。

他の記事では脱サラの良いところと悪いところを適度にまとめてご紹介しているので、必ずこちらもご覧ください!

20代で起業して良かったこと・悪かったことまとめ今回は20代で起業してみて感じたことを赤裸々に書いていきます。 もちろん良い面もあれば悪い面もありますので、実際に起業してどんな未来が...

一般公開のブログでは、決してお話しできない裏話があります。

僕は24歳で転売ビジネスを始めて、開始1年で年商5000万を稼ぎました。

しかし、忙し過ぎたので全てを放棄し、そこからは情報発信ビジネスに路線変更して月100万円以上を完全自動で稼げるようになりました。

去年まではセミリタイヤしていて、毎日昼に起きて酒を飲んで寝る。そんな生活を続けていました。

 

・・・が、しかし、

奥さんの妊娠をキッカケに「流石に生まれくる子供にこんなニートみたいな姿は見せられない」と思い、再びビジネスの再開を決意します。

と言っても、元々は忙し過ぎて年商5000万の転売ビジネスを放棄した人間だったので、ビジネスを再開するとしても忙しいのは絶対に嫌でした。

 

なので、今は「平日のAMだけ働く」というスタイルを確立して家族を養っています。

 

何だかんだ仕事を再開したら面白くなってきているので、今は「完全自動で年収1億円」の仕組みを構築中です。

30歳までに家族が一生セミリタイヤできるレベルの資産を構築して、その後はずっとやりたかった保護犬を守る活動とか、好きなビジネスをしながらのんびり生きていこうと思います。

 

が、こんなことを聞いても信じられないかもしれません。

もし信じられたとしても、「あなただからできたんでしょ」と思うかもしれません。

今はまだそれで大丈夫です。

 

でも、僕は幼少期から家族にバグと呼ばれて育ってきましたし、親のお金で進学したFラン大学でもちゃんと酒とタバコに溺れました。

おまけに就職した会社の入社試験は3点です。もちろん100点満点のテストです。

正直書いていて悲しくなるレベルですが、こんな僕でもできるのですから、安心してもらえたらなと思います。

 

もしもあなたがゼロから情報発信ビジネスを始めて、時間にもお金に縛られない生活を手に入れたいと少しでも思うのであれば、かなり力になれる自信があります。

最初から才能に恵まれた天才が語るような夢物語ではなく、本当にゴミクズ学歴底辺がゼロから這い上がってきたリアルを、お見せすることができます。

 

その情報は、全て電子書籍に詰め込みました。

 

普段は1,000円で販売をしている書籍なのですが、このブログをここまで読んでくれたあなたへの敬意として、今回だけ無料でプレゼントしたいと思います。

ストーリー形式で20分程度でサクッと読めるボリュームですので、ぜひ下記画像をクリックしてダウンロードしてみてください!

億万長者が教えてくれた
お金の増やし方

・平日のAMだけ働いて月200万以上稼ぐ

・2億のビジネスを忙しいという理由だけで放棄

・社会のゴミクズ底辺落ちこぼれが日本の上位3%の年収を獲得

・・・なぜそうなれたのか?

その全てを解説している書籍(1000円)を無料でプレゼントします!

➡︎詳しくはコチラ