副業

起業は不安じゃないか?という質問への回答│不安に決まってます!

ゆうすけ
ゆうすけ
こんにちは。
この記事を書いているゆうすけと申します。

副業で電脳せどりに取り組み、
開始半年で月収50万円を超えて独立しました。

現在は物販ビジネスを自動化して
PC1台で完結する働き方を追求しています。

詳しいプロフィールはこちら

まだ僕は起業して1年足らずですが、プライベートでも友人たちから度々「不安とかなかったの?」と聞かれることが多いです。

そんな時は決まってこう答えています。

「不安に決まってるでしょ」と。

そりゃあ不安に決まってるんですよね。

でも「じゃあ何で起業したの?」という話になると思うのですが、今回はその質問に対するアンサー的な記事になっています。

起業したけど不安で踏み出せない…!みたいな人はめちゃめちゃ参考になると思いますので、ぜひ見ていってあげてください。

起業が不安な人に伝えたいこと

man holding black Honda CB motorcycle

起業は不安です。そりゃあ不安。

でも、そんなダメなとこばっかり見るような人間や生き方はつまらないと思いませんか?

例えば人間関係でも、以下の2パターンだったらどちらが魅力的に見えるでしょうか。

・人の粗探しばかりしている人
・人の良いところばかり見つける人

僕は間違いなく後者の人と付き合いたいですし、人間的にも異性としてもそちらの方が魅力的に映ります。

これって人生にも通ずると思うんですよね。

人生だって税金はクソ高いし、政策は変なのばっかりだし、文句なら言おうと言えば幾らでも出てくるじゃないですか。

でも、好きな人と出会って幸せな生活を送ったり、やりたいことをやったり、楽しい面があるから僕たちは生きてるんじゃないかなと。

もちろん起業なんて色々な面でデメリットと呼べることもあります。でも、もちろんメリットとなる良い面もあります。

そんなの何でも一緒ですよ。

マックはうまいけど体に悪いし、青汁は体にいいけどまずい。そんなレベルですよ。

全てにおいて良い面しかないものなんて存在しません。

だから、そんなに悪いところばかり見ないで良いところを見つけられるように生きていけば、人生も素晴らしいものになっていくのではないでしょうか。

どうせだったら楽しく生きていきたいですよね。

でしたら、良い面についても考えて生きていきましょう!

脱サラに失敗しても全然大丈夫な理由│死ぬ方が難しい国JAPAN 脱サラと聞くと、 「すごく大きな決断をしなければいけない!」と思ってしまいますよね。 実際に僕も会社を辞める時はこれ...

25歳で年収1000万を捨てて脱サラした既婚男性

現在の僕は、物販ビジネスで起業をしてPC1台で仕事ができるノマド的な生活を送っています。

パッと見は「なんだマルチの怪しい奴か・・・」と思うかもしれませんが意外と真面目に起業して家族も養っていますのでご安心ください。

こんなライフスタイルを確立できたのは「最速で結果の出る物販(転売)に副業で取り組んだから」でしかありません。

最初はただ一生昼から銭湯でビールを飲んでたいという思いからでしたが、どれだけ浅はかな動機でもその思いさえ本気なら夢を叶えることは可能でした。

よかったらぜひプロフィールをご覧になってみてください!

こちらです。