副業

副業は月10万までが一番大変│その後はトントン進むから踏ん張ろう

ゆうすけ
ゆうすけ
こんにちは。
この記事を書いているゆうすけと申します。

副業で電脳せどりに取り組み、
開始半年で月収50万円を超えて独立しました。

現在は物販ビジネスを自動化して
PC1台で完結する働き方を追求しています。

詳しいプロフィールはこちら

副業を始めても志半ばで諦めていってしまう人が多いのも事実です。

でも、せっかく勇気を振り絞って始めたのにそんなの切ないじゃないですか。どうせだったらみんなで幸せになりたいですよね。

副業を始めてから唯一にして最大の壁は「月10万」です。

ここを超えるのが何よりも難しいしキツいです。

しかし、ここさえ超えてしまえばもうこちらのものくらいのレベルですので、心が折れそうなあなたもそうでないあなたも、この記事でしっかり耐えられるだけの根拠・知識を蓄えていきましょう。

副業は月10万が最大の壁

waterfalls and trees

再三言いますが、副業を始めて最も多くの人が打ちのめされる壁が「月10万」の壁です。

これがなぜウォールマリア級の難攻不落さを誇るのかと言いますと、シンプルに「ゼロ→イチ」だからです。

何をやるにしても最初が一番大変ですよね。

スポーツも勉強も基礎練が一番大事ですけど、その基礎練が一番大変ですよね。

これはできるようになってしまうと忘れてしまう気持ちなんですけど、お箸を正しく持つ時も普通にキレそうになりませんでしたか?

日本人は難解な持ち方をするなぁと幼いながらに感じていたことを覚えています。

そして副業に置き換えてもそうで、今までは会社からお給料をもらう以外の選択肢がなかったので、そこから自分でお金を稼ぐとなるとやっぱり最初は大変です。

1000円とかは運が良ければすぐにポンッて稼げる事もありますが、

月10万となるとある程度の実力がつかないと稼ぐことができません。

副業から始めて年商数億以上の方たちも口を揃えて「月10万が最大の壁だった」と言いますからね。僕も完全に同意です。

副業で月10万を超えたらもうこっちのもの

しかし逆を考えると、月10万の壁がめちゃめちゃ高いけど、そこさえ超えてしまえばもうこっちのものなんですよね。

僕も副業時代を思い返すと、月10万を稼ぐまでは死に物狂いでしたが、そこから月30万を稼ぐまではめっちゃ楽でした。

今まで覚えてきたこと(点)が繋がって線になる感覚が凄くて、明らかに月10万の時よりも少ない作業量と負荷で稼ぎ額だけが増えていきました。

何でも最初が一番大変

silhouette of man under tunnel

まあ何でも最初は大変ということですね。

副業を始めても稼げる人はごく僅かと言いますし、やっぱりパーセンテージがそれだけ低いということはそれなりの理由があると思います。

もしもあなたが、副業を始めてみたけど心が折れそうになってしまっていたら、このことを思い出して耐えてください。

ここさえ越えれば未来は明るいです。会社辞めてヒャッホーもできますよ。

これから副業を始められる方は、ぜひ月10万で多くの先駆者が心を折られてきたのだなということを胸に刻み進んでいってください。

まあちょっとオーバーな表現をして不安を煽ってしまいましたが、普通に幸せな未来がくると信じられたら余裕で超えられる壁だとも思います。

常に自分が叶えたい未来を想像しながら進んでいけるといいですね。

副業で稼げるように意識していたこと│月収50万円に必要なプロセス 今回は僕が「副業時代に結果を出す為に意識していたこと」をお伝えしていきます。 初心者の方からよく聞かれる方が多いので、この...

25歳で年収1000万を捨てて脱サラした既婚男性

現在の僕は、物販ビジネスで起業をしてPC1台で仕事ができるノマド的な生活を送っています。

パッと見は「なんだマルチの怪しい奴か・・・」と思うかもしれませんが意外と真面目に起業して家族も養っていますのでご安心ください。

こんなライフスタイルを確立できたのは「最速で結果の出る物販(転売)に副業で取り組んだから」でしかありません。

最初はただ一生昼から銭湯でビールを飲んでたいという思いからでしたが、どれだけ浅はかな動機でもその思いさえ本気なら夢を叶えることは可能でした。

よかったらぜひプロフィールをご覧になってみてください!

こちらです。