個人で稼ぐ

不労所得の作り方を徹底解説!20代で月収100万の裏側を大公開

Yuske
Yuske
こんにちは。
この記事を書いているYusukeです。

副業で電脳せどりに取り組み、
開始半年で月収50万円を超えて独立しました。

現在は物販とコンテンツビジネスで
月収7桁超えを継続中です。

詳しいプロフィールはこちら

誰もが夢見る不労所得。

今回は不労所得を追い求めて一度は儚く散るも、不屈の精神で蘇り実際に不労所得を手にした僕が、「不労所得の作り方」を徹底解説していこうと思います。

胡散臭いイメージが一人歩きしている「不労所得」ですが、作り方を学べば大学生でも主婦でも普通に可能です。

実体験ベースの話しかしませんので、ぜひ最後まで見ていってください!

そもそも不労所得とは?

ブラックブックを持っている人

まず最初にこの部分をハッキリさせておこうと思います。

不労所得とは読んで字の如く「自分が動かずに収益が発生すること」でして、それ以上でも以下でもありません。

普通に不労所得は可能ですし、詳しく内容を知りもせず「不労所得なんてあるわけがない!全部詐欺だ!」と疑ってしまうと可能性を狭めてしまうことにもなり兼ねないので、

「なるほど自動販売機ね!」くらいにライトめに捉えてもらえればと思います。

そして今回の記事で説明をしていく不労所得は株や仮想通貨のような投資系のものではなく、自分の商品をネット上に置いて自動で販売をしていく流れを取ります。

情報発信やコンテンツビジネスと言われることも多いですね!

一度仕組みを整えてしまえば、一生自分が動かずに遊んで暮らせるレベルの収益を生み出し続けることも可能です。

不労所得の作り方2STEP

青い階段を踏む人

①何でもいいから実績を出す

まず最初に、何でもいいので目に見える実績を作る必要があります。

これはどんなジャンルでも共通ですが、まずは自分の話を聞いてもらえる体制を作らなければなりません。

痩せたいと思った時にポッチャリの人の話を聞く気になるか?と言われるとNOですからね。まずは認知される為に実績を出して「おっ、この人の話は聞いておいた方がいいな」と思ってもらわないと始まりませんので!

しかし実績と言っても圧倒的な実績を出す必要なんてありません。

副業で実績を出すとしたらせいぜい月に10万円くらいを稼げるレベルであれば問題ないですし、例えばダイエットなら-5kgくらいでOKです。

意外とハードルが低く感じますよね?

重要なのは「凄い実績を出せるかどうか?」ではなくて「相手が価値を感じれるかどうか」ですので!

なので、まだ実績のない方はこのタイミングで作り始めましょう。

僕のクライアントでも副業で月10万は大体3ヶ月〜で突破できていますので、今始めた人が勝てることは間違い無いです。

②それをネット上で販売する仕組みを作る

そして実績を作ることができたら、その実績を利用してネット上で商品を販売する仕組みを整えます。

商品は何でもいいのですけど、基本的には「自分が実績を出した方法」などが一番やりやすいですね。

後はその為の「コツ」だったり、何にせよ前のSTEPで出した実績に関わるものを売るイメージを持っていきましょう。

具体的にどうやって仕組みを作っていくかと言いますと、一番やりやすいのは僕のようにブログをネット上に設置をすることです。

そこに訪れてくれた人に向けて、その人が望む商品を販売していきます。

例えば僕のブログであれば「副業で稼ぎたい人」や「会社に縛られたくない人」が訪れてくれているので、そんな方達に向けて「大きく稼げる方法や考え方」を販売することができるわけです。

(※実際にそうした商品は販売していませんが、今は熱量が高くて本気の方だけにコンサルティングサービスを提供しております。)

他のジャンルでもやり方は完全に一緒で、例えば他ジャンルだとこんな商品が売れますよね!

トレーナー・・・痩せる方法や知識
美容師・・・上手にカットやカラーをする方法や知識
税理士・・・税務に関する知識

不労所得は誰でも作れる

昼間に茶色のコンクリートの建物に立っている人

人生に一発逆転なんてほぼ無いけれど、しっかりネットを使って構築していけば自動販売機さながらの不労所得は作ることができます。

簡潔にまとめるとそのやり方は2STEPで、

  1. 実績を出す
  2. その実績を出した方法を販売する

というイメージです。

例えば鬼のようにモテるプレイボーイが「どんな女の人でもオトせる方法」を販売していたとしましょう。独身時代の僕だったら秒で買っています。

という風に、困っている人に向けて自分の役に立てる情報を販売していく仕組みを整えることで、才能やスキルなんてなくても不労所得は得られるのです。

そしてこれを突き詰めていくとどんな商品でも売れることができるので、どんな会社でも欲する敏腕マーケッターの出来上がりということです。

今の時代はネット進出したいけどうまくいかない企業が死ぬほどたくさんあるので、企業に向けてコンサルティングをすることだって普通に可能です。

つまり食いっぱぐれる心配なんて皆無になるわけですね。

自分の脳ミソを強化していきつつ、自分が動かずに収益が生まれ続ける仕組みを作って本当の意味での自由を手に入れていきましょう!