脱サラ・起業

会社を辞めて平日から北海道旅行(出張)に出発してきました

先日、月収1000万を超える先輩起業家に会いに北海道まで出張(ただの飲み会)をしてきました。

僕と別の先輩の2人で北の大地に乗り込んだのですが、来週どう?みたいなノリで予定が決まりました。

異常なスピード感に流石に笑いましたが、慌ててチケットを取りつつも「ビジネスを完全に仕組み化していてよかった」と思えた瞬間でした。

まあ飲みすぎて旅行の記憶はあまりないので、残っていた写真を頼りに書き進めていければと思っております。

1日目:北の大地へ〜先輩起業家と宴

出発は月曜日でした。

僕が住んでいる名古屋からは1〜2時間で北海道に着き、「飛行機ってマジで速いな」と小学生並みの感想を抱きながら新千歳空港に降り立ちました。

ちなみに僕は北海道は商社マン時代の社員旅行で一度訪れているので、二度目の北の大地訪問です。

家族には「出張」としっかり伝えていたにも関わらず、今までの経験から「出張とは名ばかりの飲み会」とバレてしまっていた為、当たり前に北海道まで着いてきました。

・娘のことは私に任せて
・どうせビジネスで貯まったマイルで行けるんでしょ

という、ぐうの音も出ないほどの囲い込みを受け、僕は不本意ながらも出張を家族旅行に変更することにしました。

奥さんの察しの通り、この出張はクレジットカードの貯まったポイントとマイルでタダで行けています。家族には黙っておけばよかったと思いました。

そして北海道に着いてからは、まず礼儀として空港内にある札幌ラーメンを頂きました。

情報発信者として活動しているにも関わらず「ウマイ」以外の感想が出てこなかったのはお恥ずかしい限りですが、奥さんは死ぬほど喜んでいました。

そしてレンタカーで札幌のホテルにチェックインし、僕はそのまま家族を置いてすすきのにタクシーで向かいました。

先輩起業家2人と合流をし、心ゆくまで楽しいひと時を過ごします。

ビジネスの話もたくさんしましたが、もうみんなベロベロなので何を話したのかは本当に覚えていません。ただ、最高に楽しかったということだけは覚えています。

1軒目はかろうじて記憶があるので写真を掲載しておきます。

北の大地の刺し盛り。当たり前ですが海鮮トップオブトップの北海道なので美味しすぎて酒しか進みませんでした。

高級日本酒の3点セット。これを3セットくらい飲んだので気分は最高にハイってやつでした。

そして2軒目も死ぬほど楽しいお酒を飲み、深夜3時頃に解散をしてホテルに着きました。

ちなみに翌日の朝、財布の中にある領収書を見つけて初めて、締めにラーメンを食べていたことを知りました。神が記憶を操作していたのでしょう。

僕がすすきのでお酒を嗜んでいる頃、奥さんと娘は札幌駅周辺を散歩しながら北の大地の息吹を感じていたようです。

奥さん撮影のテレビ塔?僕は何度北海道を訪れても一生見に行かない気がするので有り難いです。

2日目:旭山動物園〜いくら丼

そして2日目。この日は家族サービスDayでした。

過去トップクラスにBADな体調の中、お金よりも家族を大事にする男としてやらせてもらっている僕は、死ぬ気で旭山動物園に行きました。

と言っても、普通にお酒も残っていたので行きの運転は出来るはずもなく、全て奥さんにしてもらって爆睡してました。気づいたら動物園という非常にお恥ずかしい移動です。

そんなこんなで、娘も初めての動物園だったのでいい感じにシロクマやペンギンと戯れました。

そして夕方頃に札幌市内のホテルに戻り、奥さん念願のイクラ丼を食べに行きました。

「はちきょう」という現地では有名なお店に行き、屈強な男性陣がオイサー!オイサー!と叫びながらイクラを盛ってくれる「つっこ飯」という丼を頂きました。

うーん、エンターテインメントだなぁ。と感心しつつ、奥さんがイクラ丼を嗜んでいる横で、僕はエビやらホタテやらを刺身で食らいまくっていました。

何を食っても美味いし、何を飲んでも美味い、人も優しい。非の打ちどころのない北海道に僕らは魅了されまくっていました。

奥さんは真顔で「北海道に移住しよう」とよくわからないことを言っていましたが、それほど突き動かされる何かがあったのでしょう。

生きている中でここまで感情が揺さぶれる経験はそう多くないと思いますので、僕も嬉しい限りです。

そして無事2日目も終了。

ホテルに戻ってPCを見てみると、この日も10万円以上の売上が発生していたので、非常にいい気分で1人で二次会をして眠りにつきました。

以前、転売ビジネスでせかせか働いていた頃は、旅行中に激しめのクレームをもらって僕のメンタルが病み、旅行自体が台無しになってしまったことを思い出しました。笑

3日目:小樽〜名古屋へ帰還

そして北海道出張(旅行)の最終日、この日は午前中から小樽へ向かい、朝ご飯として海鮮丼を食べまくりました。

そして千歳空港へ向かい、お土産をこれでもかというくらいに買い込み、最後の締めにもう一度ラーメンとビールを摂取し、名古屋へと戻りました。

言うまでもないと思いますが、サッポロクラシックは本当に美味しいです。空港で缶のクラシックを2ケース買ってしまい、奥さんに白い目で見られたことも言うまでもありません。

空港の感じっていいですよね。

何だか非日常感と言いますか、ワクワクする感じがとても好きです。この感覚を分かってくれる方も多いのではないでしょうか。

平日の旅行で感じる圧倒的解放感

という風に、月曜日から出発して2泊3日の北海道を思う存分に満喫したわけですが、シンプルに最高だなと感じました。

当時会社員だった僕からすると月曜日なんて憂鬱でしかなかったのに、今では北海道旅行(出張)の出発日になっています。

また、全国各地に飲み仲間ができることも個人的には「情報発信ビジネスに取り組んでいて良かったな」と思う瞬間です。

気の合う仲間は会えてないだけでもっともっといるはずです。それこそ国内だけでなく、世界中にも。

そんな人たちに会うためにビジネスを頑張っているフシすらあります。

ちなみに、今回の旅行中だけでも仕組み化をしていたビジネスから20万以上の売上が出ていて、旅費交通費はクレカのマイルでタダだったので、収支は余裕でプラスの旅行でした。

以上、僕の旅行記に付き合って頂き、ありがとうございました。

一般公開のブログでは、決してお話しできない裏話があります。

僕は24歳で転売ビジネスを始めて、開始1年で年商5000万を稼ぎました。

しかし、忙し過ぎたので全てを放棄し、そこからは情報発信ビジネスに路線変更して月100万円以上を完全自動で稼げるようになりました。

去年まではセミリタイヤしていて、毎日昼に起きて酒を飲んで寝る。そんな生活を続けていました。

 

・・・が、しかし、

奥さんの妊娠をキッカケに「流石に生まれくる子供にこんなニートみたいな姿は見せられない」と思い、再びビジネスの再開を決意します。

と言っても、元々は忙し過ぎて年商5000万の転売ビジネスを放棄した人間だったので、ビジネスを再開するとしても忙しいのは絶対に嫌でした。

 

なので、今は「平日のAMだけ働く」というスタイルを確立して家族を養っています。

 

何だかんだ仕事を再開したら面白くなってきているので、今は「完全自動で年収1億円」の仕組みを構築中です。

30歳までに家族が一生セミリタイヤできるレベルの資産を構築して、その後はずっとやりたかった保護犬を守る活動とか、好きなビジネスをしながらのんびり生きていこうと思います。

 

が、こんなことを聞いても信じられないかもしれません。

もし信じられたとしても、「あなただからできたんでしょ」と思うかもしれません。

今はまだそれで大丈夫です。

 

でも、僕は幼少期から家族にバグと呼ばれて育ってきましたし、親のお金で進学したFラン大学でもちゃんと酒とタバコに溺れました。

おまけに就職した会社の入社試験は3点です。もちろん100点満点のテストです。

正直書いていて悲しくなるレベルですが、こんな僕でもできるのですから、安心してもらえたらなと思います。

 

もしもあなたがゼロから情報発信ビジネスを始めて、時間にもお金に縛られない生活を手に入れたいと少しでも思うのであれば、かなり力になれる自信があります。

最初から才能に恵まれた天才が語るような夢物語ではなく、本当にゴミクズ学歴底辺がゼロから這い上がってきたリアルを、お見せすることができます。

 

その情報は、全て電子書籍に詰め込みました。

 

普段は1,000円で販売をしている書籍なのですが、このブログをここまで読んでくれたあなたへの敬意として、今回だけ無料でプレゼントしたいと思います。

ストーリー形式で20分程度でサクッと読めるボリュームですので、ぜひ下記画像をクリックしてダウンロードしてみてください!

億万長者が教えてくれた
お金の増やし方

・平日のAMだけ働いて月100万以上稼ぐ

・年商5000万のビジネスを忙しいという理由だけで放棄

・社会のゴミクズ底辺落ちこぼれが日本の上位3%の年収を獲得

・・・なぜそうなれたのか?

その全てを解説している書籍(1000円)を無料でプレゼントします!

➡︎詳しくはコチラ