情報発信

情報発信は難しい?開始1年で月100万を超えて感じたポイントを解説

Yuske
Yuske
こんにちは!
この記事を書いているYusukeです。

2018年から副業物販に取り組み、
開始半年で月利50万円を超えて独立しました。

現在は物販とコンテンツビジネスで
月収7桁超えを継続しながら、
毎日銭湯に行ったりジムに行ったり
娘と戯れたりしながら生きています。

詳しいプロフィールはこちら

物販にしろブログにしろ何にしろ、何か個人ビジネスで成果を出せたら「次は情報発信だ!」と思う人も多いですよね。

しかし、実際に取り組むとなると「難しそう」というイメージが先行してしまい、多くの人が二の足を踏んでいるのも確かです。

事実として僕も副業を始めた時から情報発信はやりたいと思っていましたが、結局1年くらいできずにいました。

それでも始めてみたら1年程で月に100万以上は売り上げることは可能になってきたので、同じように「やりたいけど何か難しそう」と感じてしまっている人に向けて、

実際に僕が取り組んでみて「大変だったポイント」や「感じたメリット」を紹介していくことで情報発信に対する抵抗を減らしてもらえればと思っています。

ビジネスをするうえでは情報発信をしないと今後は生き残れないと真剣に思っているので、ぜひこの機会にリアルな声をお届けできたら!

情報発信は難しいのか?

まず、初めに言っておくと「難しくはない」です。

しかし初めてのことで色々大変なことがあるのも事実です。でもこれは何でも新しいことを始める時にはかかる負荷みたいなものなので特段難しいと感じはしませんでした。

もちろん学ぶことはめちゃくちゃありますが、笑

それでも情報発信を学ぶにあたってはメリットしかないと感じたので、大変に感じたポイントと併せて見ていきましょう。

情報発信は難しくないが意外と大変に感じたポイント

他の事業と並行して積み上げる必要があること

これが一番大変だったと感じますね。

やっぱり情報発信だけにコミットできる環境を整えることが難しいうえに、片手間でやってしまっては出る結果も出ないので、マルチタスクが苦手な僕にとっては一番大変なポイントでした。

初月からいきなり目に見えた成果が出るようなビジネスモデルでもないので、何かしらの事業と並行して走らせていくというのがかなり難所であり肝でもあります。

しかし、情報発信はそれだけで一生食っていくことも可能なので、融資などを引っ張って他の事業をガン無視して放り投げて1〜2年発信にコミットするのもアリだなと思いますね。

一度軌道に乗ればガツンと伸びるので、僕が昔に戻れるのであればソッコーで物販辞めて情報発信にフルベットすることでしょうw

認知・ファンを獲得すること

情報発信の根幹・肝になる部分でもあり、全てのビジネスに共通する超重要なポイントですね。

下町ロケットなんかを思い返してみるとわかりやすいと思うのですけど、下町の町工場や職人などに多い「物はいいけど知られていない」というケースは非常に多いです。

これと一緒で、自分がどんなに凄くても「知ってもらうこと」が何よりも重要で、それが一番難しいし大事だなと。

いい物を作り出す能力<<<<知ってもらう能力

やっぱりどんな市場を見渡してみても圧倒的にマーケッターと呼ばれる「広める側」の人間が足りていないんですよね。

僕が住んでいる愛知県なんかはいい例で、トヨタもあってものづくり大国なんて呼ばれているくらいなのでレベルの高い技術メーカーはたくさんあります。

しかし、知られていない。これが問題なのです。

個人ビジネスに置き換えても全く一緒で、情報発信をしたいのであれば実績を作ることもモチロン大事なんですけど、稼ぎ額ばかりに目を取られてはいけません。

どれだけ稼いでも認知されなかったら無意味なのですから。

だから実績は誰が見ても「普通にイイじゃん」くらいにしておいて、後は外側へのPR活動的なところに重きを置いていきましょう!

意外と自分は自己視点なところ

情報発信をしてみて思うことは「今まで自分が如何に自己中心的な考え方で生きてきたんだろう」ということです。

自分がオシャレだと思って買った服が意外と似合ってなくてダサかったりすることってありませんか?

そんな感じで、普通に今まで通りの感覚で情報発信をしても大概うまくいかないものなんですよね。

例えば僕は発信初期にこんなことを言っていましたが、情報の受け取り手の感じ方はぶっちゃけこんなもんです。

Yusuke:やっぱり自己成長は最高ですよね(ドヤァ)

・何言ってんの?
・意味わかんないんだけど?
・つまりどういうこと?
・意識高い系カッコ笑いやん

なんかそれっぽいこと言っておけばいいんでしょ?と思っている時期もありましたが、驚くほど反応もありませんでしたね…笑

でもこれはしょうがないことでもあって、情報発信で成功するうえで大切なのは「他者視点」なのですが、普通に生きていると誰かから本気でフィードバックをもらうことってないですからね。

だから自分でいいことだと思ってもそれを正してもらえる機会がないので、情報発信ではコミュニティやコンサルを利用して第三者視点が得るのがいいなと感じています。

それが金銭的に厳しい人も、家族や友人に見せてガチアドバイスをもらうくらいはやった方がいいですね。

即金性が物販と比べると低いこと

あえて「低い」とは書かずに「物販と比べると低い」と書きました。

僕が取り組んでいる物販では取り組んだその日から利益が出ることもザラなので、そこと比べると確かに即金性は下がるよね、というイメージです。

しかしリアル店舗などでは7年かかって黒字になることも当たり前ですし、そう考えるとかなり高い即金性とも言えますね。

何と比べるかにもよって感じ方は違いますが、僕のように即金性の高いビジネスに慣れ過ぎてしまうと大変だなというのは感じました。

情報発信ができるようになって良かったこと

情報発信は難しくないけど意外と大変なこともたくさんありまして、ただ、それ以上に得れるものがあるのも紛れもない事実です。

ここからは時には僕の主観も織り交ぜながらメリットを見ていきましょう。

①長く大きく稼げる

やっぱり一番はこれだと思います。

僕はキレイゴトは好きですがキレイゴトだけでは生きていけないと思っているので、あえてこれは一番最初に持ってきました。

他にもマネタイズできる手法や事業は星の数ほどあると思いますが、

・稼げる額の大きさ
・稼げる期間の長さ
・その他への派生

を考えると、これ以上に優秀なビジネスモデルがあれば教えてほしいくらいです。

②モテようと思えば鬼モテる

情報発信を学べば学ぶほど顧客視点と言いますか、相手がどう感じるかを突き詰めていく必要があります。

その過程で、多くの人の考えがかなりわかるようになってくるんですよね。つまりモテる、はずです。

僕は妻子持ちなので実戦には移せていませんが確実にモテます。間違い無いです。

男性なら女性に、女性なら男性に、相手が求めていることが理解できるのでそれを実行すれば確実にモテるはずです。

実際に「ナンパ×情報発信」で億を稼ぐ人も知っていますが「情報発信=モテだ」と言っていましたからね…!

僕のように異性にモテる必要がない人も、性別問わず人たらしになれればご縁を頂いて自分のビジネスが加速する可能性も高いですので、どんな人もモテまくっていけるといいですね。

③世の中の情報に惑わされなくなる

「情報発信者=情報の出し手」なので、どんな情報を見ても裏側(出し手の意図)が見えるようになるので非常に面白いし生きやすくもなります。

今の時代は自分の情報取捨選択スキルを高めていかなければ、情報の荒波に飲み込まれて溺れてしまいますからね。

この意識を持つとメディアの過剰な報道にも惑わされなくもなりますし、例えばこんなことも読めるようになりますね。

インスタを頑張る美女の目的は?

まぁ大体が情報発信の一環でフォロワーをつけて、その後の知名度獲得や商品販売だったりに繋げているのですが、

ただ大衆と同じように情報を素直に受け取るだけではなくなるので、自分の頭で考えて生きれるようになるが最高ですよね!要は食い物にされにくくなるということです。笑

情報発信自体は難しくないが勉強は必要

ここまで情報発信に取り組んできて意外と大変だったと感じたポイントと、そもそも情報発信の持つ魅力をお伝えしてきました。

まとめると、情報発信自体は難しくはないけどやはり正しい知識を身につけて実践していくことが必要だなと感じます。

多くの人が「適当にそれっぽいことを言ってフォロワーを集めればいいんでしょ」と思ってしまいがちですが、

・どうやってマネタイズしていくのか?
・一つ一つの行動における目的は?

という部分を突き詰めていく必要があるので勉強は必須です。

しかし、正しく学んで行動ができれば僕のように月で100万以上の利益を手にすることもそう難しくないことだと思いますし、

一度稼げると資産性がえげつないので物販で稼ぐ100万より100倍価値があると僕は本気で思っています。(もちろん物販の100万も凄いことです)

情報発信はビジネスマンとして必須項目

やっぱり色々大変だなと思う部分はあるにしろ、ビジネスをする人は経営者・サラリーマン問わずに全員がするべきだという確信を持っています。

なぜなら、ビジネスは「相手を喜ばすこと」の対価として報酬をもらうことで、情報発信で稼ぐという過程ではこのスキルが圧倒的に磨かれるからです。

このスキルが高まればどんなカテゴリーの人でも今以上に稼げるようにもなるし、感謝もされるし、良いことしかないんですよね。

間違っても人のことを誹謗中傷なんてしないでしょう。

何なら生きていること自体が情報発信です。

人は必ず誰かしらと関わり合いながら生活をしていますよね。僕も毎日奥さんと生活をしていますが、そんな中の会話や表情一つ取っても情報発信です。

みんな情報発信を学べばマジで世界平和が訪れると思っているタイプです。

なので、情報発信を一つのビジネスの手法と捉えるのではなくて、もっと大枠で「人生を上手に生きる手段」くらいに考えてもらえるとちょうどいいですね。

ちょっとキレイゴトっぽいことを言ってしまいましたが、これだけ大きく収益が上がって息の長いビジネスは他にないので、ぜひ取り組んでみては如何でしょうか!

情報発信ビジネスのやり方を解説!実績のない人の進め方も併せてお伝えします 情報発信ビジネスは文字通り「情報」を扱って行うビジネスで、僕が別事業で取り組んでいる物販のように在庫を持つことなく、且つ自動で収...