副業

ネットビジネス初心者が必ずつまずく「時給10円時代」の乗り越え方

ゆうすけ
ゆうすけ
こんにちは。
この記事を書いているゆうすけと申します。

副業で電脳せどりに取り組み、
開始半年で月収50万円を超えて独立しました。

現在は物販ビジネスを自動化して
PC1台で完結する働き方を追求しています。

詳しいプロフィールはこちら

ネットビジネスに取り組む初心者の方が必ずと言っていいほどぶち当たる壁があります。

それは「時給10円時代」です。

この時給10円時代を乗り越えられるかどうかで、その後の成果が全て決まってくると言っても過言ではありません。

この機会に「時給10円時代の乗り越え方」をバッチリマスターしていきましょう!

ネットビジネス初心者が躓く時給10円時代とは?

gray mini figure under white sneaker

この「時給10円時代」とは、端的に言うと「労力と成果が見合ってない状態」のことです。

極端な話ですが、ネットビジネスでは100時間作業して1円も稼げないというケースもあり得るのです。

そうした場合に「時給に換算したら10円とかそれ以下のリターンしかない状態」を表した比喩表現ということですね。

これが本当に最初は辛くて、ここで心が折れてしまう方がほとんどなのです。

ネットビジネス初心者が時給10円時代を乗り越える為の考え方

それではどうやって乗り越えればいいのか。意識するポイントはたった1つです。

後で楽ができるから気合いで乗り切る

どうしても最初は自分の作業に対価が見合わないことが多いのですが、そこを乗り越えると逆の現象が起きるのです。

どういうことかと言いますと、

「100時間作業したのに1円も稼げない」というマイナスの現象を乗り越えると、「1時間しか作業していないのに100万円稼げる」という現象が起きるのです。

この数字はかなり極端な例ですが、かなりイメージはしやすいと思います。

要は「めっちゃ作業しても全然稼げないじゃん」というステージを乗り越えたら「全然作業してないのにめっちゃ稼げるじゃん」という状態になることができます。

少し怪しく聞こえてしまうかもしれませんが、ネットビジネスの最大の利点は「仕組みを作ること」です。

普通の会社であれば社員が存在して回す仕事を、インターネットを利用して回していくので、しっかり取り組めば後でめっちゃ楽ができるのです。

そりゃあただ苦しむ為だけに時給10円時代なんて超えたくないですよね。

その高く険しい壁を越えた先に、理想とする未来(楽をして稼ぐ)というステージがあるから僕たちは奮起できるのです。

心が折れそうな時は「みんなここで折れる、ここを乗り越えた者だけが勝てる」と考えましょう。

ゼロ→イチを楽しめる人間になれ

woman spreading arms near body of water

どうしても会社員やアルバイトという働き方しか経験したことがない状態では、自分の働きを時給換算してしまうんですよね。

これはしょうがないことです。

なぜなら「そういう世界しか知らないから」です。僕も副業に通り組み始めた当時はめちゃめちゃ時給換算して「なんでこんなにやってるのに稼げないんだ!」と憤慨していました。笑

でも僕たちが取り組むインターネットビジネス、もっと大枠で言うと「経営」というものにおいては「時給換算すること自体がナンセンス」なのです。

何時間やったから幾ら稼げるという保証もないですし、誰でもやれば成功するとは限らない。

だからこそ成功すればその他大勢よりも抜きん出れるのです。

スポーツや勉強の世界でも一緒ですよね。

何時間練習したからってプロになれる保証なんてないし、何時間勉強したからって東大に受かる保証なんてないじゃないですか。

でも、そんな確証の無い世界で頑張り抜いた者だけが理想を掴んでいくのです。

何をするにしてもゼロ→イチは泥臭いものです。初めて取り組むことはいつだって手探りです。

このステージを楽しめる人間になれたら最高じゃないでしょうか!

ネット起業で成功する為に必要な要素とは?現状がイヤでたまらない人 今は時代の流れもあってか、ネットを使って起業する人がバンバン増えています。 僕自身もそのうちの1人です。 自分が今成...

25歳で年収1000万を捨てて脱サラした既婚男性

現在の僕は、物販ビジネスで起業をしてPC1台で仕事ができるノマド的な生活を送っています。

パッと見は「なんだマルチの怪しい奴か・・・」と思うかもしれませんが意外と真面目に起業して家族も養っていますのでご安心ください。

こんなライフスタイルを確立できたのは「最速で結果の出る物販(転売)に副業で取り組んだから」でしかありません。

最初はただ一生昼から銭湯でビールを飲んでたいという思いからでしたが、どれだけ浅はかな動機でもその思いさえ本気なら夢を叶えることは可能でした。

よかったらぜひプロフィールをご覧になってみてください!

こちらです。