脱サラ・起業

ネット起業で1年以内に脱サラする方法│完全初心者向け【実体験】

Yusuke
Yusuke
こんにちは!
この記事を書いているYusukeです。

2018年から副業物販に取り組み、
開始半年で月利50万円を超えて独立しました。

現在は物販とコンテンツビジネスで
月収7桁超えを継続しながら、

毎日銭湯に行ったりジムに行ったり
娘と戯れたりしながら生きています。

詳しいプロフィールはこちら

インターネットを利用して起業を夢見る方もかなり増えてきましたよね。

そんな中でまだ「起業=一世一代の大チャレンジ」的な風潮があるような気がしますが、全くそんなことはありません。

事実として僕も副業からうまくいくか試しつつ、確信を持って25歳の時に起業をしましたので、同じようなルートを辿ってもらえれば失敗のしようがないのです。

今回は僕の近しい起業家たち何名かの実例も交えながら、ネット起業で脱サラできるステージまで駆け上がる方法を見ていきましょう。

ネット起業で1年以内に脱サラする方法

①副業で小さく試す

ラップトップコンピューターを使用している人

まず初めに、会社員という非常に安定した状態の時に「起業するタネ」を副業で色々試してみましょう。

うまくいけばそれでそのまま起業してしまえばいいですし、ダメなら早めに諦めて次のタネを探していくという感じです。

個人で大きく稼げるものであれば何でもいいのですが、ここで2つだけ大事なポイントがあります。

それは、

・稼げるまでのスピード
・いきなり会社を辞めない

です。

個人で大きく稼げる手法やノウハウは星の数ほどあります。しかしその中で僕らが意識すべきは、何よりもスピードなのです。

何故かと言いますと、僕らの時間は有限だからです。

こうしている間も寿命は刻一刻と減っていますし、もっと言うと若い時間というのは何よりも貴重なので、この点だけは絶対に意識していきましょう。

また、夢を持っていきなり「まだ稼げてないけどとりあえず脱サラ起業だ!」というノリも僕は大好きですが、それはリスクが高すぎるので絶対にやめてください。笑

最初は誰しもビジネスの構造もよくわからない状態からのスタートなので、まずは副業という時間の限られた中で、成果が出るか確認しながら進んでいきましょう。

ちなみに僕は上記のような理由により、どんなビジネスよりも圧倒的に成果が出るのが速い「ネット物販」で起業をしました。

②その収益を固める

副業で収益を上げることに成功し、これでイケると確信ができた後は、最低でも「会社の月給を超える」までは固めていくようにしましょう。

実際に会社を辞めるとなると月に最低でも数十万円以上の収益は欲しいので、ちゃんと選んだビジネスがそのレベルまでスケールアップできるかは注意してください。

【例】
■コンビニのバイト
・月に2〜3万なら稼げるかもしれないけど、
 月に10万、30万、50万と稼いでいくのは厳しい

例えば上記で挙げたアルバイトは極端な例ですが、長期的に見ると「稼げはするけど起業となると厳しい」というジャンルもありますので、この部分は確実に確認してください。

イメージとしては、「人に任せられる仕事かどうか」という視点で見ていくといいと思います。

あなたの会社の社長も、きっとあなたと同じ仕事はしていないはずです。

それと同じで、僕らは起業していくとなると経営者になるわけなので、自分がいつまでも動かない回らない仕事を選んではいけません。

厳密に言えばどんな仕事も任せることはできるのですが、その1つ1つの業務内容が難しいと任せるのも大変なので、出来るだけ内容は単純なビジネスモデルを選びましょう。

例えば僕が選んだネット物販だと「梱包・発送」などの業務はすごく単純な作業です。

それらを外注することで僕らは自動で収益が生めるという感じですね。

ネット起業で実際に脱サラした実例

開始半年で副業月収50万円→1年で脱サラ

道路に座っている男

ここからは実際に実例を交えて見ていきますね。まずは最初に僕のケースです。

僕は冒頭でも少しお伝えした通り、ネット物販に取り組むことで、開始半年で副業月収50万円を突破しました。

本当はこの時点で会社の給料は余裕で超えていましたし、脱サラできる確信もあったのですが、単純にビビっていたのでもう半年ほど様子を見て脱サラしました。笑

まあどれだけ稼いでいても正直怖いですからね。

それでも、しっかりと石橋を叩きまくったおかげで、会社を辞めて半年後には月の利益で100万以上もあがってくるようになりました。

ちなみに、この記事をご覧のあなたが「どうせ最初から優秀だったんでしょ?」と思わないように、僕のスペックを記載しておきます。

・当時24歳の新卒2年目会社員
・資格は普通自動車免許のみ
・特技は仕事をサボること
・営業成績は下から数えてトップクラス
・何に対してもやる気は全くない

という風に、我ながら本当にダメ社員だったなと思います。笑

1つだけ良かった点は、「この会社で一生を終えるなんて絶対に嫌だ」とめちゃくちゃ強い反骨心があった点ですね。

それだけでここまで頑張れました。

開始3ヶ月で10万円→半年で脱サラ

それでは、次は僕がネット物販を指導していたクライアントの方を見ていきましょう。

この方は開始3ヶ月で副業月収10万円を超えるようになり、そのタイミングで「これはイケるわ」と思い、会社に辞表を叩き出しました。

正直、僕はこのスピード感に圧倒されていました。笑

かなり全国的にも有名な企業にお勤めだったのですが、それでも自分の未来の為にチャレンジをしていく姿勢は見習っていきたいですよね。

この方はその後も順調に利益を上げていき、脱サラ起業した3ヶ月後には月の利益も30万円以上にもなりました。

今では海の近い街に引っ越して、ゆったり過ごしています。

ネット起業で脱サラするにはスピード感が大事

どんな起業をするにしても、スピード感は何よりも大事にしていく必要があります。

特にネット業界はリアルの世界よりも遥かに流れが早いので、常に感度高く、常に最速を意識しながら進んでいきましょう。

また、最初は副業でトライエンドエラーを繰り返していくべきです。

その中でもスピード感は意識してほしい部分でして、どうしても稼げるまでのスピードが遅いと心が折れて離脱してしまいがちです。

せっかく「起業したい・人生変えたい」とアツい気持ちを持ってくれたあなたが、そんなところで諦めてほしくはないので、そういった意味でもスピード感は大事にしていきましょう。

ネット起業で1年以内に脱サラは現実として可能

紙飛行機を持っている人の浅い焦点の写真

「起業・脱サラ」は人生における一大イベントで、まだまだ夢を掴むようなイメージでいるかもしれません。

しかし、

①まずは副業でうまくいくか確かめる
②その収益を、より強固にする

というステップさえ踏めば成功確率も極限まで上げることができます。

本気で頑張れば3ヶ月〜半年で人生を変えられます。

長く見積もっても1年あれば余裕で起業・脱サラは現実的なラインですし、僕の近しい起業家たちを見ていても全員が副業からそのスピード感で動いています。

そう考えると頑張る価値ってあると思いませんか?

僕は会社員の時に、ダラダラとサボって何も考えずに生活をしてしまっていました。

そんな無意味な時間を過ごすくらいなのであれば、将来の自分の為に頑張っている方がよほど有意義です。

あなたも今の人生をより良くしたい!と思ってこの記事に辿り着いてくれたはずです。その気持ちを持っているだけで上位5%です。

それならば、ぜひ何かしらのアクションを今この瞬間から起こしてみてください。

そうすれば自分の理想を掴むことはできるはずですので!