副業

会社がつまらないなんて当たり前!理由と超具体的な解決策【20代必見】

ゆうすけ
ゆうすけ
こんにちは。
この記事を書いているYusukeと申します。

副業で電脳せどりに取り組み、
開始半年で月収50万円を超えて独立しました。

現在は物販ビジネスを自動化して
PC1台で完結する働き方を追求しています。

詳しいプロフィールはこちら

会社員として働く人の中でも毎日「マジで会社つまらないな」と思いながら働いている人も多いのではないでしょうか。

特に20代などの若い人に多いと思っていて、何を隠そう当時会社員だった僕もそのうちの一人でした。

今でこそ僕は経営者という立場でお仕事をしていますが、

当時はもう本当に毎日口を開けば帰りたいだの辞めたいだのつまらないだの連呼していて、会社に何の利益ももたらさない本当に迷惑な社員だった覚えがあります。笑

でも、そんな僕が今では「仕事にアツくなるのも悪くないな」なんて真顔で言ってるので人生何があるかわからないなと思います。

なので当時の僕のように会社がつまらなくて苦しんでる皆さんに、超具体的な理由と解決策をお伝えしていければと思いこの記事を書いています。

宝くじを当てるか大富豪のヒモになるかしない限りは僕らは生きていく為に働くしかないので、ぜひ「働く」という概念をここでぶっ壊して頂いて、楽しく働いていってもらえればと思います!

会社がつまらないなんて当たり前だから気にするな

まずそもそもですが「会社を辞めたいなんて当たり前」ということです。

なので、ここで悩まないようにしましょう。

会社がつまらない→辞めたい…→自分はゆとりなのかな…→萎える

よくありがちなのがこんな思考の流れですが、これはマジでNGです。

このくだりが自分の心も破壊していきますし一番意味ないです。どれくらい意味がないかと言うと唐揚げ弁当の下のパスタくらい意味ないです。ちなみに僕はこのパスタめっちゃ好きです。

とまあそんなことは置いておいて、会社がつまらないなんて誰でも当たり前に普通に思うことなので「会社なんてつまらないもんだよね」くらいにライトめに考えてもらえばOKです。

しかしこの問題を放置しても良いことは一つもありませんので、ぜひこの機会に理由と解決策を学んでおきましょう。

会社がつまらない理由

①やりたいことができていないから

会社がつまらないと思う理由は基本的に2つしかありません。

そのうちの一つがこれで、基本的に好きなことばかりやれていたら会社がつまらないと思うこともありませんからね。

僕も毎日筋トレができて昼間から温泉に行けてハイボールが飲める仕事だったら90歳くらいまでは続けられる自信があります。

でもそんな会社絶対にないですよね。

基本的に適当に就職活動をして入社をした場合はやりたくもない仕事ばかりが待っています。FAX配りに電話当番、売りたくもない物の営業、面白味のかけらもない事務作業等々。

挙げ句の果てには業務と関係ない「人間関係」でストレスを貯める毎日。「なんだこれ」って思う瞬間も少なくないはずです。

これじゃあ面白くもないのは当然ですが、会社を選んだのは自分なので自分にも責任はあるということだけは覚えて前に進んでいきましょう。

参考:やりたいことが見つからないなんて当たり前、でもこれだけはやるべし

②得られる対価が理想と違うから

person holding round gold-colored Bitcoin

そしてもう一つの理由がこれで、自分が望む待遇が受けられなかったりすると会社がつまらないなと感じてしまいます。

この「対価」に関しては主に以下2つに集約されます。

  • 給料
  • 労働環境

例えば週3勤務で手取り50万円、賞与は基本給2ヶ月分が年3回、残業無しでデスクワークのみ、その上、周りの社員もいい人ばかりという会社があったら絶対に「この会社最高だな」となるわけです。

まあこんな会社は前項でも申し上げた通りほぼ確実にないわけで、そもそも人生は思い通りにいかないようにできているということだけは覚えておきましょう。

会社がつまらない時の解決策

①死ぬほど頑張ってみる

woman in blue dress statue

具体的な解決策として、まず問題(会社つまらないと思う理由)が「自分」にあるのか「会社」にあるのかを見極める必要があります。

会社がつまらないと思うと全てを会社のせいにしてしまいがちですが、必ずしもそうとは限りません。

自分にやる気がないだけであったり、自分のやりたいことと会社の業務が一致していなかったり、ケースは本当に様々なので「自分がつまらないと思う理由」を見つけることをまず意識してみてください。

原因が自分にあると感じた場合は、まず今置かれた環境で死ぬほど頑張ってみましょう。現状を嘆いているだけだと明るいは未来は確実にやってきませんので!

期間としては3ヶ月〜1年くらいは見ておけるといいですね。

まずは限界までやり切ってみて、それでも会社に問題があると思う場合は次のステップです。

参考:起業したいなら「ネット起業」がベストな理由3つ│これ以外に選択肢はない

②それでもダメなら諦める

もう自分が死ぬほど頑張ってみて、ありえないほどの成果を出したにも関わらず評価も全くされないようであれば諦めましょう。

諦めない気持ちも大事ですが、諦めることも同じくらい大事です。

会社の体質がそもそも問題な場合も普通にありますし、全力で頑張ったのであれば「自分はダメなんだ」と思わないようにして、「はい次、次。」くらいの気持ちで前に進んでいきましょう。

評価体制や労働環境が整っていない会社も幾らでもありますからね。

とは言ってもいきなり辞めるのも怖いという人も多いと思いますので、そんな人はぜひ副業で収入源を別で作ってから会社を辞めるなどの選択肢もオススメです。

転職をするにしても副業で収入源があれば賃金ベースで会社選びをしなくても良くなりますし、これからの時代は収入源を色々持つのがスマートな時代ですからね。

「働く」ということから逃げない

brown and white long coated small dog wearing eyeglasses on black laptop computer

まとめに入らせて頂きますが、まずそもそも会社がつまらないなんて当たり前です。だから気にしないでOK。

やりたいことがあって会社に入っている人の方が圧倒的に少ないですし、そんな状況で「会社面白いんじゃね?」と希望的観測を持つことの方が筋違いではないでしょうか。

お金の為に働くのですから割り切ることも大事です。

とは言っても問題には必ず原因があるように、つまらない理由は必ず存在するのでこの辺りはしっかりと分析しておきましょう。

解決策と併せて再度おさらいです。

【会社がつまらない理由】
・やりたいことができない
・望む対価が得られない

【会社がつまらない時の解決策】
・まずは今いる場所で全力を出す
・それでダメならソッコーで諦めて次にいく

自分が会社に求めていることは何なのか。そしてそれは自分の頑張り次第で解決できるものなのか。

この辺りをしっかりと考えて「働く」という行為について真剣に考えてください。

この問題を面倒臭がってそのまま放置すればクソつまらない人生が待っていますし、逆にここでちゃんと向き合えば未来はバラ色間違いなしです。

僕らは少なくともこの先数十年は働きますからね。

会社員に向いていない人も人類にはいますし、そうした人は自分に適合した世界を求めて歩き始めるのもいいかもしれません。

僕は会社という組織では自分の望む働き方や報酬が手に入らないと理解した時から、副業を始めて独立する為に粛々と動き始めました。

その結果、自分のやりたいようにできているので「働く」という行為が今は苦になっていないというわけです。

今は信じられないかもしれませんが「働く=苦痛」ではない働き方も確実に存在します。

どうせ避けられない「働くという未来」があるのなら、絶対に楽しめる体制を作っておいた方がいいに決まってますよね。

ぜひこの機会に一度真剣に考えてみる時間を設けてみてはいかがでしょうか!

副業は何をやっても稼げる。だから「選ぶ時の2つの基準」が大事 ここ最近は色々な人から「副業したいけど何やったらいいの?」と聞かれるケースが増えました。 確かに僕も最初は「気持ちだけは最...

25歳で年収1000万を捨てて脱サラした既婚男性

現在の僕は、物販ビジネスで起業をしてPC1台で仕事ができるノマド的な生活を送っています。

パッと見は「なんだマルチの怪しい奴か・・・」と思うかもしれませんが意外と真面目に起業して家族も養っていますのでご安心ください。

こんなライフスタイルを確立できたのは「最速で結果の出る物販(転売)に副業で取り組んだから」でしかありません。

最初はただ一生昼から銭湯でビールを飲んでたいという思いからでしたが、どれだけ浅はかな動機でもその思いさえ本気なら夢を叶えることは可能でした。

よかったらぜひプロフィールをご覧になってみてください!

こちらです。