起業の方法や真実

会社を辞めたいは甘えかどうかという議論自体がナンセンスな理由

最近は友人から「会社を辞めたいんだけどこれって甘えなのかな?」と聞かれることが多々あります。

余りにもこのような相談が多いので、僕がいつも友人に伝えていることをこの記事でシェアしていきます。

何か学びや気づきになれば幸いです。

会社を辞めたいは甘えなのか?

short-coated brown dog

まず、最初にこの問いに関してお答えします。

会社を辞めたいという感情は甘えかもしれません。よくわかりません。

これだけだとフザけてんのかと思われるかもしれないので補足しますね(笑)

甘えかもしれませんが、甘えでも甘えじゃなくてもどっちでもいいということです。

だって別にこの感情が甘えか甘えじゃないかなんて、ぶっちゃけどうでもよくないですか?

みんな会社を辞めたいと思ったことあるはず

people on Shibuya Crossing at night

ある調査によると「一度でも会社を辞めたいと思ったことがある人」の割合は全社会人の9割を超えるそうです。

つまり、

これは甘えとか以前の問題で、大多数の人が抱いたことのある感情なので常識と言っても過言ではないということです。

それくらい当然のことなので気にしすぎる必要がないということですね。

参考:仕事を辞めたい人に送る超具体的な3STEP

「甘え=悪」ではない

angel holding round wreath statue]

そもそもですが、甘えという感情が悪であると思い込んでしまっているからこうした悩みが生まれてしまうのです。

僕は「甘え」が悪だなんて一度も思ったことありませんよ。

末っ子として今まで生きてきたので、むしろ僕にとって「甘え」は武器の一つですらありました。

甘えるにはテクニックも必要ですからね。

甘えてくる女の子とかかわいいじゃないですか。甘えのどこが悪いんですか?

甘えは、正義です。

参考:会社を辞めたいなら20代で動き出そう

議論自体がナンセンスである

litter signage

上述したように、みんな会社辞めたいと思ったことはあるし、甘えは睡眠欲と同じくらい当然の感情だし、甘えは悪ではなくて正義です。

なので、甘えかどうかを議論すること自体がナンセンスなんです。

会社を辞めたいなんて甘えじゃん!と言われたからとしても、気にする必要も議論する必要もないんですよ。

甘えでもなんでもいいじゃないですか。

自分が抱いた感情に嘘をつく必要なんてありません。正直に生きることは強さの表れです。

感情に蓋をすると精神衛生上も不健康ですし、思ったことがあるなら口に出していきましょう!

雇われない生き方もあるから正直に生きろ

group of children pulling brown rope

とは言っても、社会人になって甘えんぼのままでいるのは流石に恥ずかしい…

と思う方もいるかもしれません。

僕も今でこそ何にも気にしない性格ですが、数年前までは一般の方の15倍くらい人の目を気にするタイプでした。

そんな方にオススメなのが「雇われない生き方」です。

人間関係のストレスなど一切なく過ごせるので、人の目を気にしてしまうタイプには独立・起業が一番オススメだったりします。

会社を辞めるなんて甘えだろ!と言ってくる人には、普通に「え?独立してやってますけど?逆に雇われてる方が甘えなんじゃないですか?」くらいに言えます。

まあどっちが偉いとかは全くないですし、こんな性格の悪いことは絶対に言わないですが(笑)

話を戻すと、僕たちはもっとジコチューに生きてもいいはずです。

会社を辞めたいと思ったのなら、自分が抱いたその感情をもっと大事にするべきですし、その為に行動していくべきです。

甘えかどうかなんてどうだっていいんですよ。

自分に嘘だけはつかないように生きていきたいですね!

会社に行きたくないときに知ってほしい「雇われない」選択肢朝起きる。 携帯のアラームを止める。 そして僕たちは思うんですよね。 ああ、今日も会社か・・・と。 わかります、...

一般公開のブログでは、決してお話しできない裏話があります。

僕は24歳で転売ビジネスを始めて、開始1年で年商5000万を稼ぎました。

しかし、忙し過ぎたので全てを放棄し、そこからは情報発信ビジネスに路線変更して月100万円以上を完全自動で稼げるようになりました。

去年まではセミリタイヤしていて、毎日昼に起きて酒を飲んで寝る。そんな生活を続けていました。

 

・・・が、しかし、

奥さんの妊娠をキッカケに「流石に生まれくる子供にこんなニートみたいな姿は見せられない」と思い、再びビジネスの再開を決意します。

と言っても、元々は忙し過ぎて年商5000万の転売ビジネスを放棄した人間だったので、ビジネスを再開するとしても忙しいのは絶対に嫌でした。

 

なので、今は「平日のAMだけ働く」というスタイルを確立して家族を養っています。

 

何だかんだ仕事を再開したら面白くなってきているので、今は「完全自動で年収1億円」の仕組みを構築中です。

30歳までに家族が一生セミリタイヤできるレベルの資産を構築して、その後はずっとやりたかった保護犬を守る活動とか、好きなビジネスをしながらのんびり生きていこうと思います。

 

が、こんなことを聞いても信じられないかもしれません。

もし信じられたとしても、「あなただからできたんでしょ」と思うかもしれません。

今はまだそれで大丈夫です。

 

でも、僕は幼少期から家族にバグと呼ばれて育ってきましたし、親のお金で進学したFラン大学でもちゃんと酒とタバコに溺れました。

おまけに就職した会社の入社試験は3点です。もちろん100点満点のテストです。

正直書いていて悲しくなるレベルですが、こんな僕でもできるのですから、安心してもらえたらなと思います。

 

もしもあなたがゼロから情報発信ビジネスを始めて、時間にもお金に縛られない生活を手に入れたいと少しでも思うのであれば、かなり力になれる自信があります。

最初から才能に恵まれた天才が語るような夢物語ではなく、本当にゴミクズ学歴底辺がゼロから這い上がってきたリアルを、お見せすることができます。

 

その情報は、全て電子書籍に詰め込みました。

 

普段は1,000円で販売をしている書籍なのですが、このブログをここまで読んでくれたあなたへの敬意として、今回だけ無料でプレゼントしたいと思います。

ストーリー形式で20分程度でサクッと読めるボリュームですので、ぜひ下記画像をクリックしてダウンロードしてみてください!

億万長者が教えてくれた
お金の増やし方

・平日のAMだけ働いて月200万以上稼ぐ

・2億のビジネスを忙しいという理由だけで放棄

・社会のゴミクズ底辺落ちこぼれが日本の上位3%の年収を獲得

・・・なぜそうなれたのか?

その全てを解説している書籍(1000円)を無料でプレゼントします!

➡︎詳しくはコチラ