起業の方法や真実

起業するにはネットを使うべき理由│絶対やってはいけない起業も解説

ゆうすけ
ゆうすけ
こんにちは。
この記事を書いているゆうすけと申します。

副業で電脳せどりに取り組み、
開始半年で月収50万円を超えて独立しました。

現在は物販ビジネスを自動化して
PC1台で完結する働き方を追求しています。

詳しいプロフィールはこちら

突然ですが、僕は2019年7月に起業をしました。

まだ起業してから1年足らずですが、起業したいと考えている皆様の少しだけ先を行く者として、何か助けになればと思いこの記事を書いています。

内容としては「起業はネットを使うべき理由」と「絶対にやってはいけない起業」を中心に執筆していきます。

そもそも起業とは?

brown wooden house under blue sky

まず、この前提のお話をさせてください。

よく「起業」という言葉を聞きますが、どこからが起業だと思いますか?

僕は、もう自分が起業したと思ったら起業でいいと思っています。要は気持ちの問題ではないかと。

突然のマジレスをさせて頂くと「税務署に開業届を出した日」から起業したということになるのでしょうが、業を起こすと書いて起業ですので、もう自分が起業家だと思ったら起業家でいいと思います。

起業するにはネットを使うべき理由

そして実際に「どうすれば起業できるのか?」という点に関してですが、これは絶対にインターネットを利用したほうがいいです。

何故かと言うと、一番大きな理由としては「固定費がかからないから」です。

何か事業を始めて、いきなり右肩上がりに収益が伸び続けていく保証なんてどこにもありません。なので、リスクは最小限に留めておくのがマストです。

ネットを使えば今日からでも収益を生み出すことができるので、収益を自分で生み出すことができたら、それはもう普通に起業したと言っていいでしょう。

絶対にやってはいけない起業とは

boy in blue shirt covering his face

例えば「起業」と聞くと脱サラしてラーメン屋をやったり、飲食店などをイメージする方も多いのではないでしょうか。

これが、一番やってはいけない起業のパターンです。

実際の店舗を構えて起業しようとすると、お店を構える土地代、お店を建てる施工費、スタッフを雇う人件費、食材などの仕入れ費用などなど。思いつくだけでもこれらの固定費がかかります。

軽く数百万〜数千万はかかってしまいます。

いきなりこんな博打のような起業をするのは全くオススメできません。

実際に僕の友人でも、歌舞伎町でバーを経営したり、地元で飲食店を開いて起業した友人がいましたが、残念なことに全員が店を畳んでいます。

もちろん一昔前までは、こうしたギャンブル要素の強い起業が一般的ではありましたので、こうした起業の仕方が絶対にうまくいかないという訳ではありません。

ただ、商売の経験がない人間が最初に行う一手としては向いてないよねという話です。

今ではインターネットがありますから、パソコン1台でお金を稼ぎまくれる時代がきています。

だから膨大な固定費などの不必要なリスクを負う必要なんて全くないんですよね。

ネットの固定費なんて通信料くらいなので、家にWi-Fiがあれば固定費ゼロですし、なくても毎月プラス3000円くらいではないでしょうか。

もしパソコンが無いという方でも、今は安くて性能の良いパソコンもたくさんあります。

最初は少ない資金から始められる「ネットを使った商売」で稼いで、徐々に大きくしていって、その先でやりたければ実店舗の商売を行えばいいのです。

ネットを使って起業できるジャンル

silver iMac near iPhone on brown wooden table

じゃあ「ネットを使ってお金を稼ぐって具体的にはどうするの?」という質問に対してですが、具体的に言うと以下のようなものが挙げられます。

・せどり
・ブログ
・アフィリエイト
・Youtube
・動画編集
・プログラミング

ここで挙げたものでも氷山の一角で、ネットでお金を稼ぐ手段というのは本当に無限にあります。

その中でも「オススメの副業」をまとめた記事を別で書いていますので、ぜひこちらもご確認ください。

参考:副業で月10万円を稼ぐにはこの3つに絞れ【2020最新版】

今日からあなたもネット起業家

起業をするには実際の店舗ビジネスから始めるのではなく、固定費が全くかからないネットを利用したビジネスから始めていきましょう。

その理由は、リスクが少ないうえに爆発的に稼げる可能性を秘めているからです。

リスクを最小限に抑えるという意味では、もしも今お勤めの会社がある場合は「副業」から始めるのがオススメです。

会社員の給料をもらいながら試してみて、それでいけそうなら独立起業してみる、というルートが一番堅実です。

副業と言っても侮ることなかれ、本記事で紹介しているものは全て1人で月100万円以上の利益を生み出すことが可能なビジネスモデルです。

また、起業と聞くとなんだか「意識高い系」みたいなイメージに捉えられがちですが、僕は「意識が低い人」こそ起業すべきだと思っています。

だって普通に会社で働くよりも、自由に仕事をして大きなお金を稼げるならそっちの方が良くないですか?

あまり自慢ではありませんが僕はそんな理由で起業しました。

意識低い系の皆様、起業家の世界でお待ちしてます!

20代で起業して良かったこと・悪かったことまとめ 今回は20代で起業してみて感じたことを赤裸々に書いていきます。 もちろん良い面もあれば悪い面もありますので、実際に...

25歳で年収1000万を捨てて脱サラした既婚男性

現在の僕は、物販ビジネスで起業をしてPC1台で仕事ができるノマド的な生活を送っています。

パッと見は「なんだマルチの怪しい奴か・・・」と思うかもしれませんが意外と真面目に起業して家族も養っていますのでご安心ください。

こんなライフスタイルを確立できたのは「最速で結果の出る物販(転売)に副業で取り組んだから」でしかありません。

最初はただ一生昼から銭湯でビールを飲んでたいという思いからでしたが、どれだけ浅はかな動機でもその思いさえ本気なら夢を叶えることは可能でした。

よかったらぜひプロフィールをご覧になってみてください!

こちらです。