情報発信

超大物アーティストのライブに招待されて、楽屋まで挨拶に行かせてもらったけど感動し過ぎて記憶がほぼなかった件

実は先日、「ある超大物アーティスト」の方のライブにゲストとして招待して頂き参戦してきました。

(※諸事情により名前が出せません)

僕は知人からの紹介などで法人コンサルのお仕事もしているのですが、そのお仕事関係の繋がりで今回は招待して頂いたという流れです。

後述しますが、楽屋まで挨拶に行かせて頂いて、実際に少しお話しすることもできて死ぬほど幸せでした。

今回は、そんな自己満っぽい記事かと思いきや「情報発信やネットビジネスを頑張るとこんな世界も待っているんだよ」とブログを見てくれているあなたに希望を与えたいという記事でもあります。

中学生から死ぬほど聴いてて大ファンだった過去

今回のアーティストの方は仮に「Aさん」としておきますが、実は僕は中学生くらいの頃からAさんの大ファンで、よく学校の帰り道や悪友と遊んでいる時にもイヤホンを耳に突っ込んで聞いていました。

同世代では知らない人はいないはず。

カラオケに行けば絶対に誰か歌う、街中でも車から聞こえてくる音楽でよく耳にする、そんなレベルで有名なアーティストの方です。

全然関係ないですが、僕が小中学生だった頃は「MD」とか「MP4」とか「ウォークマン」とか「ガラケー」とか、そういう機器で音楽を聞くのがデフォルトでした。

今の子は知らないんじゃないかな?笑

これが「MD」で「ミニディスク」の略。1993年生まれの僕は小学校時代にこれでオレンジレンジを聞いていました。あのミラーボールのアルバムのやつです。

そしてこれが「ガラケー」で「ガラパゴスケータイ」の略です。

まさにこのピンクのスライド型を僕は使っていました。今思うと「なんでピンクやねん、キモ。」となりますが、当時はこれがカッコいいと思っていました。恥ずかしい。

で、当時は「着うた」といって電話やメールが来た時の着信音を曲とかにするのが流行っていて、僕も色々設定していたものです。

今の子は信じられないかもしれませんが、こんな機器で僕はAさんの曲を聞いていたのです。

高校時代も修学旅行先のシンガポールで無限ループ

中学でハマり、僕は高校時代にも死ぬほどAさんの曲を聞いていました。

僕の通っていた高校は静岡の私立高校(サッカーバリ強)だったので、修学旅行はシンガポールだったのですけど、そのシンガポールでもAさんの曲を死ぬほど聞いていました。

もう今でも、当時ヘビロテしていた曲を聞くと「あの頃の風景や記憶」が蘇ります。

音楽ってすごいですよね。一時期ハマっていた曲とかを久しぶりに聞くと、当時の情景とかが鮮明に思い浮かぶじゃないですか。

本当に素晴らしい。

ちなみに音楽で浮かぶ情景として、別のアーティストですが僕は「GReeeeN」の「桜color」という曲を聞くと、県外の大学で一人暮らしを始めた時の期待と不安が入り混じるあの頃を思い出します。

MVもまたいいんですよね。新生活、みたいな感じで。

あなたの思い出の曲はなんですか?

そして28歳、実際に対面してオーラに圧倒される

そんなこんなで中学生の時にAさんの楽曲を知り、かれこれファン歴は14年くらいになるわけですが、28歳になった今、ついに対面を果たすことになります。

お仕事のクライアントさんからの紹介だったのですが、そのクライアントさんにも僕は「Aさんの大ファン」ということをよく話していました。

その結果、僕を読んで頂いたということなので、やはり今の時代は「情報発信(自分の主張を発信すること)」は本当に大事だなと感じます。

どんなことでも言わないとわかりませんし、発信することで得られるメリットが多過ぎますからね。

で、実際に招待して頂き、会場の外には一般のお客様が数百人以上並んでいましたが、ゲスト枠で招待して頂いたので、まさにディズニーのファストパスのような感じでスルスル〜っと別ルートで入場することができました。

これもまた「めっちゃ特別感ありますやん…」と感動しながら震えていました。

で、実際にライブが始まり、めちゃくちゃ近い席で、もう顔とか体が鮮明に見えるレベルで、興奮というか感動し過ぎて正直あまり覚えていません。

セトリも僕の好きなものばかりで当時の情景が浮かび、もうこの世のものとは思えない感動を味わうことができました。

今でもこうしてブログを書いていても、思い出して鳥肌が立ってしまいます。

やっぱり生で見るのは全く違います。皆さんも好きな人やファンの人がいたら、何とかどんな形でもリアルを体感してほしいなと思います。

そして、ライブ終了後に楽屋にも入らせて頂き、少しだけですがお話をさせてもらう機会もありました。

事前に「楽屋に行けるかもしれない」と言われていたので、会ったら「こう話すんだ!これを聞くんだ!」とめちゃくちゃ入念にシナリオを考えていたのですが、実際にAさんの姿を目の前で見た瞬間に全て吹っ飛びました。

ハッキリ言って何も覚えていません。何を言ったかも、何を言われたのかも、本当にフワフワしていて全然覚えてないのです。

なんて言うんでしょうか、恋愛経験の少ない人はめっちゃ好きな女の子と話す時ってうまく会話できないと思うんですけど、あれの5億倍ヤバい感じです。

ずっと「アハハ、アハハ」と相槌を打っていただけな気がします。

俺のバカヤロウ。本当に何をしてるんだ、という感情でいっぱいです。

かろうじて覚えているのが「来てくれてありがとう」と言ってもらえたことくらいです。でも、それだけで僕は幸せです。感動すぎる。話せたってのがヤバ過ぎる。そんな感じでした。

1本数万〜数十万するシャンパンももらったので、凡人の僕はつい写真を撮ってしまいました。

成り上がりストーリーに痺れる憧れる

ちなみにこのAさんは男性アーティストで、まさに男が憧れる男、いや、漢字の漢と書いて「漢(おとこ)」と呼ぶにふさわしいような方なのです。

Aさんの楽曲は「何もないゼロから音楽一本で成り上がってきたストーリー」を歌うのが特徴で、そのリアルさや偽りのなさが、同じように「何かで戦っている人」にめちゃめちゃ響きます。

僕も起業当初、1日の睡眠時間を3時間とかで過ごしていた20代前半の頃に、Aさんの楽曲には何度も救われました。本当に感謝です。

実際にジャンルや業種を超えて「戦う人・夢に向かって頑張る人」に強く支持されていて、多くの著名人とも交流がある方です。

もう、マジでカッコイイんですよ。全てが。

情報発信やコピーライティングを生業にしている僕が、これほどチープな表現しかできないのはお恥ずかしい限りなのですが、本当に超カッコいいです。ただそれだけ。

ビジネスって夢あり過ぎ問題

というような感じで、「14年以上大ファンだった超大物アーティストのライブに招待して頂いて、死ぬほど感動した」という話をしてきました。

僕が今回、ご招待して頂いたのは今のお仕事の関係からの繋がりだったのですが、これってめちゃくちゃ夢があると思いませんか?

僕自身も、何もないゼロの無資格でFラン大卒のところから、

・転売ビジネス
・情報発信ビジネス
・Webマーケティング

というようなルートを辿ってきて、お世辞にも「誰が見てもクリーンなビジネスだけをやってきた」と言えるレベルではありません。

未だに友人に「情報発信ビジネス」と言ってもあまり理解されないことも多いです。

でも、実際にはこうして大ファンだった日本のトップアーティストの方の楽屋に招待して頂けることができたり、同業の知人でも芸能関係の繋がりやコネクションなどを持ってる人は多数います。

インフルエンサーやモデル、女優と付き合っていただの、アイドルや俳優と飯食っただの、プロスポーツ選手とよく飲むだの、結構バブリーな業界ですよ。

大物経営者との繋がりも増えますし、僕のような凡人がこれほど資本主義の上位階層に割り込んでいけるのは、とても夢があることだと思います。

僕は妻子持ちなのでやりませんが、独身だったら打算的に「タイプの女性」とお仕事ができるようにスキームを組んでいき、その延長線上で恋愛も見据えていくかなと思います。

例えばインフルエンサーのバックアップとかも面白そうですよね。情報発信や広告、Webマーケができたらリアルにどこでも入り込めますからね。

僕もまだまだお会いしたい人や関わってみたい人が多いので、そんなことも目標にしながら更にお仕事を頑張っていこうと思います。

それでは、ここまで読んで頂きありがとうございました!