電子書籍ダウンロードページ

初めまして、Yusuke(ユースケ)と申します。

僕は現在、情報発信ビジネスだけで毎月100万以上を稼ぎながらも、労働時間は平日のAMだけというスタイルで奥さんと娘を養っています。

「怪し過ぎる!!!」と思ってもらって構いません。

昔の僕が見ても恐らくそう思うはずです。

ただ、紛れもない事実ですので、あらゆる角度から僕のことをチェックして頂き、あなた自身の目で見て判断をしてもらえたらと思います。

僕の自己紹介をマンガにしてくれた方がいたので、まずはこちらを見てもらえたらと思います。

僕は親に絶縁されかけるゴミクズでした。

今でこそ、こうして時間にもお金にも縛られない生活を実現できていますが、ハッキリ言って昔の僕はそこら辺に落ちているゴミクズ以下の存在でした。塵レベルです。

 

エリート家系に生まれるも、その反動で不治の病である「厨二病」を発症し、深夜徘徊で補導を繰り返し、家族からは「お前は本当にうちの子か?」と言われる日々でした。

※深夜徘徊は「夜に出歩くオレかっこいい」と勘違いして、深夜に友人とコンビニに行ってカップ麺を食べて背徳感に浸っていただけでした。恥ずかし過ぎます。

 

社会人になっても入社試験で3点(100点満点中)を取ってみたり、営業の外回り中に他県までドライブしてサボり散らかしてみたり。

そんな人間なので社会に適合できるわけもなく、「毎日同じことの繰り返し。ギリ生きれるレベルの給料。これがあと40年以上続くなんて無理ゲー過ぎる。」と思って仕事も辞めてしまいました。

 

本当にロクでもない人間でした。

 

今冷静に考えたら関係各者に土下座して謝って回りたいレベルです。

しかし、過ぎた時間はもう戻らない。

 

だから、今の僕にできることは「昔の僕のように、スキルも人脈もないゼロの人や、お金や働き方で困っている人へ解決策を示すこと」だと考えました。

 

僕は様々な経験を経て、お金儲けと時間儲けの才能を磨き続けてきました。

 

英語のスペルや数学の方程式はわかりませんが、「個人がゼロから最速で幸せな金持ちになる方法」ならわかります。

学力も人脈もスキルも資格も何もなかったけど、そんな僕だからこそ、伝えられることがあると思い、書籍を執筆しました。

社会のゴミクズだった僕が、日本人の上位3%の収入を得られながらも、無職のように暇になれている理由。

その全てを書籍に詰め込みました。

 

今だけ無料でプレゼントしていますので、ぜひ手に取ってみてください。

書籍をタダで手に入れるステップは以下です。

ステップ1:下の書籍画像をクリック
ステップ2:登録フォームにメールアドレスを入力(Gmailが理想)
ステップ3:登録したアドレス宛に届いたメールから書籍をGET
(※迷惑メールに入っている可能性も高いので要注意)

この3ステップだけで、無料で書籍を手に入れることができます。

資本主義の外側に行くためのメルマガも配信中

また、書籍を手に取ってくれた方には、僕が不定期でメールマガジンも配信していきます。

メルマガでは、

・僕が普段どんな生活をしているのか?
・その生活が実現できている裏側とは?

について、表では言えないことを話したりしています。

もっと具体的に言うと、一度作った仕組みから自動でお金が振り込まれる理由やメカニズムを解説したり。

裏技を使って5円で高級蟹しゃぶがつく旅行に行く方法だったり。

他にもタダでスイートルームに泊まれる方法だったり、20代前半で数億円稼ぐ人がやっていることだったり、色々話しています。

興味のある方は、ぜひ書籍を手に取ってメルマガも受け取ってみてみてくださいね。

最後に

僕らが新たに何かを始めようとすると批判してくる人は一定数います。

そして、その批判をしてくる人は近しい友人や家族であったり、近しい人が多いというのも事実です。

しかしこれは日本という国の特性上、しょうがないことでもあるのです。

出た杭は叩かれる。
まさにこの言葉が示すように、僕らが生きている国とはそういう国なのです。

 

僕も「起業する!」と言った時は散々言われました。

「そんな怪しいことやめときなよ」
「おまえにできるわけないだろ」
「成功するのは一握りだよ」
「人生をなめるな」
etc…

当時の上司には会社を辞める時に「社会は甘くないぞ」と言われました。

専業主婦のお母さんには「起業なんてやめときなさい。慎ましく生きればいいんだよ。」と言われました。

 

でも、僕は全てを無視してここまできました。

何故なら、本気で心配してくれたかもしれないけれど、上記のアドバイスは全て「素人の意見だったから」です。

 

「社会は甘くない」と言った上司は一度も転職経験がない人でしたし、「起業なんて」と言ってきた母親は社会人経験すらありません。

だから、全てガン無視しました。

「心配してくれてありがとう。だけど、僕は先に進むよ。」

そんな気持ちでした。

 

まあ冷静に考えてみても、社会人経験も浅いクソガキで学歴もゴミカスだった僕が、いきなり「起業したい!!」と言っても反対されるのが普通です。笑

でも、実際に起業して日本人の上位数パーのお金を手にすることができた僕だからこそ言えますが、本当に「今までの自分は全く関係ない」ということです。

実際に周りの経営者を見ていても、中卒だったり、大学中退していたり、元闇の住人だったり、そんな人ばかりです。

 

どれだけ学力が低くても、スキルがなくても、大事なのは「これから」です。

未来の話をしましょう。

 

だからもしもあなたが、何か新しいチャレンジをしようと思うのであれば、「自分の感情」だけを最優先して進んでもらえればなと思います。

 

批判的な意見を浴びせてくる人たちは「心配」して言ってくれるのかもしれないけれど、その人たちは僕らの人生の責任を取ることはできません。

だから、自分の思いや気持ちを常に信じて進んでいくこと。常にそれだけを指針にしていくこと。

外野の声に耳を傾けなくても大丈夫です。

僕もあなたと同じく、何もない状態から「将来に対する漠然とした不安」を抱えてスタートしてきました。

何なら僕の方が確実にスキルも何もない人生を歩んできました。そんな僕でもここまで来れているので自信を持ってもらえればと思います。

 

あなたの上司や友人、家族はビジネスの素人かも知れませんが、僕はビジネスのプロです。お金と時間を儲ける方法に関しては研究者クラスです。

Yusuke
Yusuke
なので、あなたには昔の僕と同じように「お金・時間・働き方」で困ってほしくはないので、1000円で販売中の書籍を今だけ無料プレゼントすることにしました。

この出会いが、かけがえのないものになることを願っています。

それでは、ここまで読んで頂きありがとうございました!

Yusuke.