金を稼ぐことなんかより1兆倍 大切なこと

今、俺は瞑想をしていた。

その中で思うことがあった。

それは何か?

そう、タイトルにもある通り「この世には金を稼ぐことなんかよりも大切なことがある」ということだ。

普段からビジネスの発信で「金を稼ごう」ばかり言っている俺がこんなことを言うのは正直怖いよ。

でも、本当に大切だと思うから言う。

書く。

君に、伝える。

言いたいことはそのまんま。金を稼ぐことより大切なことがある。

それは何か?

・・・

答えは今から言うけど、ぜひ君にも考えほしいんだ。10秒でいい。考えてくれ。

10、9、8、7、6、5、4、3、2、1、ゼロ

いいかい?

そう、それは「感謝」だ。

今、目の前に溢れているもの全ての事柄への「感謝」だ。

今の君の目の前には家族がいるのか、友達がいるのか、パートナーがいるのか、はたまた1人で誰もいないのか。

それはわからないけど、今のあなたを取り巻く環境全てに「感謝」だ。

金を稼ぎたい!そう思う人の心理はいつもこうだ。

「現状が不満だ」

「現状が物足りない」

そう思うからこそ、もっと高みを目指す。人は渇望する。

だけど、俺がこの起業4〜5年で気づいたこと。それは「今、目の前にあることはそんなに悪いことではない」ということ。

なんなら「それが最高でありベストだ」ということ。

人はないものねだりをしてしまう生き物だけど、そのないものねだりをしている時、果たして人はそれを本当に望んでいるのだろうか?

誰かや何かの理想が自分の理想にすり替わっていないだろうか?

本当は望んでいないにも関わらず、自分が望んだような気持ちになっていないだろうか?

俺はずいぶん苦しんだよ。

今ある生活がとても幸せなものであるにも関わらず、SNSを眺める中で自分よりもいい暮らしをしている(っぽい)アカウントを見つけて、なぜか自分の生活がちっぽけで矮小なものに見えてきてしまう。

そして、現状の自分を取り巻く環境を否定し始める。

なんで俺には何もないんだ。

なんで俺はもっといい暮らしができないんだ。

もっと意識の高いところに身を置かないと、自分の将来が終わってしまいそうだ。

そう思い、今という現状からのステップアップを試みる。だが、今思うのは「それは全て幻想である」ということ。

自分という人間に対しての自信、これまで生きてきた人生への自信、そうしたものが薄くチッポケであるからこそ、インターネット上の「どこの誰かもわからない馬の骨」の発信を見て一喜一憂してしまう。

はたから見るとなんて愚かなのだろうか。今思うと悔しいよ。

なんであの頃、もっと今目の前にあるものを大切にできなかったのだろうか。なんで俺は、自分の人生を他人の尺度で生きていたのだろうか。

もっともっと、自分という人間の、今あるものに自信を持つべきだったのではないだろうか。

そう思い、苦しくなる時がある。

でも俺は、それら全てを受け入れて前へ進んでいく。そうするしかないから。もう過去には戻れない。時間は巻き戻せない。

だったらやるべきことは1つ。この経験があった“から”ここまで来れた。そう胸を張って言えるような人生にしていくこと。

今目の前にあるもの全て、自分を取り巻く全て、それらに感謝をしながら、自分自身へも最大の謙虚さとリスペクトを持って、前に進んでいくよ。

「金よりも大切なことがある」と気づいたからこそ、俺は金を稼ごうと思うよ。

さぁ、いこう。

俺はやるけど、君はどうする?