副業

20代の平均年収は大卒で350万円│副業をして年収が倍になって良かったこと

大学を出て企業に就職をし、アルバイトよりも大きな金額の給与を頂くことで僕たちは社会人になった実感を得ることになります。

そしてどうしても気になってしまうのは自分の年収は同世代の中でどのあたりに位置しているのか?ということです。

僕もかなり気にしていました。

大学の友人と久しぶりに飲みに行って「おまえの会社年収どんくらい?」なんて会話は何回したかわかりません(笑)

別に100万円勝っていたとしても生活にそこまで差はないのに、友人より多いと少し自分はまだマシか・・・なんて思ったりもしますよね。

でも僕たちは平均年収なんて気にしなくていいし、副業で簡単に年収を増やすことはできます。

副業を始めて1年間で年収を倍にすることができた僕が、実際に起こった生活の変化をまとめながら20代年収問題に一石を投じようと思います。

20代全体の平均年収は350万円

newspaper near garage door

まず最初に言っていますが20代の平均年収は大卒で350万円です。これは20代全体の数値になるので、新卒すぐの人などは大体300万円になりますね。

皆様の年収はいかがでしょうか?

これより多い人も少ない人もいると思いますが、平均年収と自分の年収を比べて一喜一憂してもあまり意味がないので「これくらいなんだね」とライトめに捉えていきましょう。

それよりも「まずは自分の年収をあげること」だけを真剣に考えていきましょう。

年収・お金が全てじゃない。

その意見には心から賛成です。でもお金があることで手に入れることのできる幸せが多いのも事実です。

なので、少しだけ「お金」について学んでいきながら僕たちの欲求を解放していきましょう。

副業で年収は簡単に増やせる

年収を上げるにはどういった方法が思い浮かびますか?

第一に転職で、その次くらいに副業でしょうか。

僕は転職よりも副業をオススメしています。それは転職して年収を上げるよりも早く・確実に・簡単に年収を上げられる方法が副業だからです。

事実として、僕も副業で転売ビジネスを始めて1年という期間で年収を倍にすることができました。

元々の年収が500万円くらいだったので結果的には年収1000万円を超えるくらいで着地できましたね。

参考:年収1000万円を20代前半で稼いだ方法

よく同世代の友人からは「年収500万円なんて高年収なのに、なんで副業してるの?金の亡者なの?」的なことを言われていました。

でも、あくまで平均年収って日本全国の20代全体の平均値というただの数字じゃないですか。

それを超えていれば絶対に幸せだなんてことはないし、誰が算出したかも分からないこの数字に踊らされて自分の可能性を諦めてしまうことだけはしたくなかったんですよね。

あとは、ただ単純に会社を辞めたかっただけというのもありますが(笑)

副業で年収が倍になって良かったこと

実際に副業を始めたおかげで年収が1000万円を超えるとかなり生活にも余裕が出てきました。実際に僕が良いなと思ったことが以下になります。

人によっては「コイツちっちゃいな」と思うかもしれませんが僕は本気です(笑)

コンビニでスムージーが買える

これは僕の中でめちゃくちゃ大きかったんですよね・・・

20代って突然、健康のことを真剣に考えたりしますよね。5年後の健康は今の食事で決まるみたいなお話も聞きますしね。

僕は結婚をしたこともあってか、奥さんと子供の為にも若くして死ねないなと思ったのがキッカケでコンビニでやたら野菜を摂ろうと試みました。

でも、副業を始める前はコンビニでお昼ご飯を買う時にサラダやスムージーなんて買えなかったんですよね。

松屋ではご飯の大盛りをためらいますし、マックのチキンクリスプには何回お世話になったかわかりません。

そんな男が健康の為にサラダやスムージーをコンビニで買えるようになりました。

これは感動しましたね。ああ、俺スムージー飲んでるわ・・・みたいな。

あれって普通にめちゃめちゃ高いじゃないですか。

1本300円とかするし、健康を気にしたい気持ちはあるけどコンビニのチルドコーナーで悩んだ結果スルーするあの気持ちは20代の男性ならわかってくれますよね・・・?

居酒屋で飲み放題じゃなくても平気

pile of assorted-brand wine bottle lot on shelf

居酒屋では飲み放題がデフォルトの20代男性諸君、僕は副業をしたおかげでなんと、居酒屋で単品で頼むという大人なお酒の飲み方ができるようになったんですよね…

これってめちゃくちゃすごくないですか・・・??

そもそも大学の飲み会や、会社でも新卒としての飲み会くらいしか経験したことがないのでお酒なんてイッキするものとして教わるじゃないですか。

だから僕は単品で居酒屋に入るやつは成金くらいだと思っていたんですよね。

でも、副業で生活に余裕が出るとキャッチのお兄さんにお通しをカットするお願いもしなくていいし、飲み放題のラストオーダーでグラスも空いていないのに無理にお酒を頼む必要もないんです。

皆さんも僕と一緒に大人なお酒を飲みましょう。

結局、昔の名残でバカみたいに飲みすぎて大人しく飲み放題にしておいた方が安かったなと思うことも多いですが(笑)

会社に行く月曜日が憂鬱でなくなる

これが僕の中でスムージーを買えることよりも単品で居酒屋に入ることよりも何よりも嬉しかったことなんですよね。

実は会社に行くのが嫌すぎて、僕はサザエさん症候群よりもステージが上の満天青空レストラン症候群にかかっていました。

詳細はこちらをご確認ください。

参考:月曜日の憂鬱とおサラバする方法

別に会社で人間関係がうまくいっていなかったとかそういうのは全くなかったんですけど、ただ単純に会社に行くのが嫌だったんですよね。

なんで1週間の7日あるうちの5日も拘束されなきゃいけないんだ!と。

自分で入社したのに今思えばとんでもないゆとりだったなと(笑)

でも、僕は自分だけに嘘はつきたくなかったんですよね。だって本気で嫌だったのですから。

副業で本業の年収と同じくらいの金額を稼げるようになると、「本気で嫌ならいつでも辞めちゃえばいいや」と思うことができたんですよね。

そう考えると会社へのストレスがかなり軽減して、月曜日の憂鬱が大袈裟でなくて以前までの10分の1以下に減っていたんですよね。

僕たちは平均なんて気にしなくていい

20代の平均年収は大体350万円で、年収を簡単に早く上げるには副業がオススメですし、年収が増えるとこんなにいいことがあるよというお話をしてきました。

平均値が気になってしまうのはすごくわかりますが、平均を超えているから幸せだなんてことはありませんし、下回っているから不幸だなんてことはないんですよね。

そして年収は意外と簡単に上がります。

僕が行っている転売ビジネスでは月に5万円の副収入を得たとしましょう。そうすると年収は60万円上がります。

今あなたが働いている会社で年収を60万円上げるのは割と無理ゲーだと思います。

もしもあなたが現在の年収に満足していないのであれば、気持ちと体力が存分にある20代の今こそ走り出すべきです。

あなたの幸せはあなたが決めるはずです。

その幸せを追い求める権利くらい僕たちにだってあるはずですから。

25歳で年収1000万を捨てて脱サラした既婚男性

現在の僕は、物販ビジネスで起業をしてPC1台で仕事ができるノマド的な生活を送っています。

パッと見は「なんだマルチの怪しい奴か・・・」と思うかもしれませんが意外と真面目に起業して家族も養っていますのでご安心ください。

こんなライフスタイルを確立できたのは「最速で結果の出る物販(転売)に副業で取り組んだから」でしかありません。

最初はただ一生昼から銭湯でビールを飲んでたいという思いからでしたが、どれだけ浅はかな動機でもその思いさえ本気なら夢を叶えることは可能でした。

よかったらぜひプロフィールをご覧になってみてください!

こちらです。