インターネットビジネス

ネットビジネスにおけるコミュニティの意義と選ぶポイント2つ

ゆうすけ
ゆうすけ
こんにちは。この記事を書いているゆうすけと申します。

副業で電脳せどりに取り組み、25歳で独立をして現在はWebマーケや物販の仕事をしています。

銭湯とバレーボールと昼飲みが趣味です。詳しいプロフィールはこちら

副業ブームが過熱している昨今ですが、各ジャンルで塾やコミュニティといった「グループ・集団」が存在しています。

僕が行なっている物販ビジネスなら物販ビジネスの、動画編集なら動画編集の、ブログならブログをグループで学んで実践しようというコミュニティが無数に存在しています。

ちなみに僕も、「副業・起業」や「物販ビジネス」に関するコミュニティに属して日々活動をしています。

ネットビジネスにおけるコミュニティの意義

three people sitting in front of table laughing together

まず、そもそもですが個人で稼げるネットビジネスにおいて、わざわざ集団に属する意義や意味はなんだと思いますか?

端的に言うと、モチベーションが保てるのと、最新の情報が共有できるという二点が挙げられます。

もちろん会社などの組織に属さずに個人で稼げることが魅力のインターネットビジネスですが、どうしても人間は一人のままだと弱いんですよね。

僕も副業時代を思い返せば深夜に一人でパソコンに向かっていたので、何度も心が折れそうになりました。

そんな時に頑張れたのは、当時所属していた物販コミュニティに同じく副業で頑張っている仲間がいたからです。

やっぱり部活でもなんでもそうだと思うんですよね。

仲間がいるから頑張れる瞬間ってあるじゃないですか。同じ目標に向かって頑張る存在というのは、それだけで自然とエネルギーがもらえるものです。

また、最新の情報が共有できるという点ですが、ビジネスの世界では情報が命なので、良い情報を持っているかどうかで生き残れるかどうかが決まると言っても過言ではありません。

どうしても自分一人で取りに行ける情報には限界があります。

例えば僕が行なっている物販ビジネスでは、多くの人がAmazonで販売をしているのですが、そのAmazonアカウントは規約違反をすると普通に垢BAN(アカウント閉鎖)してしまうんですよね。

コミュニティに属していると、そういった規約違反に関する重要な情報などがよくシェアされてきます。その情報で垢BANが回避できたというケースがよくあります。

こういったケースのように、鮮度の高い情報を持っているかどうかはビジネス界では生き死にに直結します。

やたらむやみにコミュニティに属す意味はありませんが、自分が稼ぎたいと思っているジャンルのコミュニティには1つくらい入っていても損はないと思います。

参考:副業で稼ぐには「一次サイコパス」になれ

コミュニティを選ぶポイント

right arrow sign on wall

とは言っても、ネット上には無数にコミュニティが存在しているので、選ぶ際に注意すべきポイントを2つ紹介します。

主催者がプレイヤーとして実践しているかどうか

ビジネスを行ううえでは情報の移り変わりが本当に早いので、指導者が実践していないと指導できる質が低下してしまいます。

満足のいく情報を得たい場合は主催者がそのジャンルを実践しているかを確認しましょう。

最近では、自分が実践したことのない内容を教えるコミュニティもあるとかないとか…

主催者や他メンバーが自分より上かどうか

実績が全てではないですが、自分よりレベルの高い人たちと関わりを持つことでモチベーションも上がりますし、自分の中での基準が物凄く上がります。

基準が上がれば行動の最低レベルが上がるので、自然と結果が出るというメカニズムです。

全員が自分より上でないといけないこともありませんが、集団の中に自分より上の人が最低でも数人はいるようにしてみてください。

コミュニティはこれからの時代に必要不可欠

pink Star Here text

「インターネットビジネス=ネットを使って行うビジネスの総称」は文字通り、ネットさえあればできてしまうビジネスです。

こう書くと少し怪しいですが、パソコン1台でどこにいても仕事ができるのは事実です。実際に僕もそうですしね。

ただ、1人でできてしまうから1人でやるのが絶対に良いか?と言われるとそんなこともありません。

むしろ僕は全員コミュニティに入るべきだと確信しています。

同じ目標に向かって頑張る仲間というのは、それだけで本当に心強いものです。

学生時代の部活で共に汗を流した友人は今でも一生の宝物ですし、僕は現在のコミュニティで知り合った人たちとキャンプをしたりもしています。

遊びではありませんが、ビジネスを通して一生モノの友人が手に入ったりもします。

一人で副業や起業をしているとビジネスの話をできる人って周りに全然いないと思うんですよね。そもそもお金の話自体がタブーに近いと言うか。

そんな世の中においてコミュニティは「収入の上げ方」について話すのが当たり前の集団なので、長期的に稼いでいきたいと思うのであれば参加は必須かと。

僕も今年(2020年)の春頃に自分で主催する「副業・起業コミュニティ」を立ち上げますので、興味ある方はチェックしておいてください。

情報はLINE@やメールマガジンでも流しますので、ぜひご登録お願いします。

ネットビジネスでコンサルに入る必要はあるのか?必要性を本気で考察してみた僕が行なっているインターネットビジネスはネットを使った商売の総称であり、文字通りPC1台で収益を生み出せる素晴らしいビジネスモデルです。...

25歳で年収1000万を捨てて脱サラした既婚男性

現在の僕は、物販ビジネスで起業をしてPC1台で仕事ができるノマド的な生活を送っています。

パッと見は「なんだマルチの怪しい奴か・・・」と思うかもしれませんが意外と真面目に起業して家族も養っていますのでご安心ください。

こんなライフスタイルを確立できたのは「最速で結果の出る物販(転売)に副業で取り組んだから」でしかありません。

最初はただ一生昼から銭湯でビールを飲んでたいという思いからでしたが、どれだけ浅はかな動機でもその思いさえ本気なら夢を叶えることは可能でした。

よかったらぜひプロフィールをご覧になってみてください!

こちらです。