インターネットビジネス

ネットビジネスでコンサルに入る必要はあるのか?必要性を本気で考察してみた

僕が行なっているインターネットビジネスはネットを使った商売の総称であり、文字通りPC1台で収益を生み出せる素晴らしいビジネスモデルです。

しかし、誰でも簡単にワンクリックで稼げるものではないことも事実です。

ゼロから稼げるようになるまではある程度の努力は必要ですし、その過程においてコンサルタント的な役割をする方にお金を払って指導を受ける場合もあります。

僕自身も現在取り組んでいる物販ビジネスでは最初に指導者(メンター)をネットで見つけて、安くはない金額を払って指導を仰ぎました。

俗に言う「コンサルを受けた」ということです。

今回はその「コンサルを受けた方がいいのか?」という疑問に僕なりの視点から考察をしていこうと思います。

結論だけ先にお伝えしておくと、時間を無駄にせずに最短で結果を出したい人は確実に必要です。

ちなみに僕自身のスペックは以下の通りです。

■26歳
■元商社マン
■副業でネット転売(電脳せどり)に取り組む
■開始半年で副業月収50万円→独立

詳しいプロフィールはこちら

ネットビジネスにおけるコンサルの役割

basketball game

まず始めに「コンサルの役割・意義」をおさらいしておきましょう。

ここで間違った認識をしてしまうと、コンサルタントに変に依存してしまったりして、思うような成果が挙げられない原因になってしまったりもします。

コンサルとは、自分の理想へ最短ルートで到達する為に「一緒に走ってくれる人」です。

ここで大事なのが、あくまでコンサルはサポーター的な立ち位置ということです。決して自分が何もしなくてもお金を稼がせてくれる人ではないんです。

知らないことだらけの世界で迷わず進む為の指針のようなイメージで、ワンピースで言うと「永久指針(エターナルポース)」のようなものです。

常に目標や筋道を見失わないようにしてくれる存在。

つまり、あくまで行動するのは取り組む僕たち自身ということです。

ノウハウよりも行動の補助的な部分が重要

woman sitting on yoga mat with in front of girl during daytime

コンサルとはすごく有益な情報を与えてくれる存在でもあるのですが、本来の役割としてはサポーター的な立ち位置でしかありません。

パーソナルトレーナーや塾の講師と同じですね。作業をするのはあくまで本人なので。

どれだけ優秀なコンサルタントでも、ペンを持つ意思のない生徒を東大に受からせることはできませんからね。

今は僕のような情報発信する人も増えて、無料情報だけでもノウハウ的には充分稼げるものがありふれています。

ですが、一人で行動できて最大限の結果を出せる人は世の中に0.1%くらいではないでしょうか。もっと少ないかもしれません。

僕たちは凡人なのだと理解することが成功への第一歩です。これは辛いかもしれませんが事実です。

僕もビジネスを始める前までは挑戦から逃げ続けてきたので、良くも悪くも順風満帆な人生を送っていました。

その経験が、「まぁ低く見積もっても僕は全人類の中の上くらいにはいるでしょ」と根拠のない勘違いを生むことになってしまいました。

リアルな話をすると下の中と上の間くらいでしたね笑

でもそんな下人間でも、月に100万円以上を普通に稼げてしまうのがこのネットビジネスのいいところです。

ただし、これは方向を間違わずに努力した場合に限ります。よく努力は嘘をつかないという言葉も聞きますが、方向性を間違えた努力は普通に嘘をつきます。

北海道に行きたいのに、めちゃくちゃ努力して南に向かっても無意味ですからね。努力量も大事なのですが、もっと大事なのは方向性を間違えないこと。

その為にコンサルを活用するのが賢い使い方ですね。

参考:ネット副業で初心者が月収10万円を稼いで感じた変化5つ

今までも指導には必ず費用が発生していた

1 U.S. dollar banknote on white surface

あくまでコンサルは補助的な役割ですが、そこにお金(フィー)が発生するのも至極当然なんですよね。

思い返せば、僕たちは今まで生きてくるうえで常に自分よりも先を進んでいる人がいたはずです。

学校に入学しても上級生がいたし、部活に入っても自分より年上の先輩がいました。そしてそこには必ずお金が発生していました。

学校なら学費、部活なら部費、塾なら月謝などの料金が確実に存在します。

今までこの事実に関心を持ってこなかったのは単純に親が払っていてくれたからです。

そしてビジネスにおけるコンサルフィーは数十万円〜数百万円という場合も珍しくないです。いきなり聞くと高過ぎると思うかもしれませんが、考えようによってはかなりお得です。

例えば月に10万円稼げる方法を30万円かけて学ぶとした場合、単純計算で年収は120万円アップするので費用対効果は抜群なわけです。

この場合だと初期投資は3ヶ月でペイできますし、ペイした後も知識やスキルは消えないので怪しいくらいウマウマな話です。

僕たちはあまりお金に関する教育を受けてこなかったので、お金を稼ぐという行為自体に少し怪しい印象を持ってしまうことも多いですが、生きていくうえでお金は必要です。

なので、生きていく方法を学ぶと考えたら英語などの学習塾にお金を払うよりもかなり効果的なお金の使い方ではないでしょうか。

そして、今までは親が払ってくれていたお金を自分の決意でお金を払うと考えると躊躇してしまう場合も多いです。

自分の身はやっぱりかわいいということですね。でも、やはり自分でお金を払うと頑張ろうという気持ちになるので実はオススメです笑

あの頃通った塾も、あの頃通った大学も、自分で稼いだお金で学費を払っていたとしたら、もっと学業に励んでいたと思いませんか?

やはり、全てにおいて「ジブンゴトとして捉える意識」が必要なんですよね。

どうしても他人事にはあまり興味が湧かないものです。

今考えたら最悪ですけど、僕なんて普通に「親の金で4年間遊べるドン!!」くらいに思っていましたからね…

人は弱い生き物だと理解すること

person wearing multicolored striped floral sweater facing the sea

最後に結論としてお伝えしますが、やはりコンサルは必要です。

冒頭では「最速で結果の出したい人はコンサルは必要」という表現をしましたが、僕たちの人生は有限なので、最速で結果を出すことを前提に置く必要があります。

つまり、全員コンサルは必要ということです。

少し考えてみてほしいんですけど、例えば学校や部活で上級生のいない生活を想定してみるとすごく苦労する気がしませんか?

ヒトリでは学校内で生活指導の厳しい先生が誰かもわからないし、部活では監督に怒られない立ち振る舞いもわかりません。

僕なんて三人兄弟の末っ子なので私生活には兄が二人いましたから、兄が怒られている姿を見て怒られないように生きてきました。今思うと申し訳ないですが、いつも犠牲者は兄でした笑

つまり、この世の中をうまく生き抜くには先駆者の存在が必要不可欠なんですよね。僕たちは限りある人生という時間を無駄にしている暇はありません。

常に最短を。常に効率的を。

こうした意識を持っていくことで、僕たちは現実として幸せな生活を歩んでいけるのではないでしょうか。

副業も起業も初めてやることは不安でしょうがないと思います。

でも、そんな時の為に僕がいます。

初めてやることが不安なのは当たり前です。

このブログなんかも不安を取り除く為に活用してもらえると幸いです。それではまた別の記事でお会いしましょう!

Amazonせどりは儲からない?副業で年収400万円アップした話こんにちは。ゆうすけです。 最近では「もうAmazonせどりは終わった」だったり、「電脳せどりは終わった」と言われてしまっているケ...

25歳で年収1000万を捨てて脱サラした既婚男性

現在の僕は、物販ビジネスで起業をしてPC1台で仕事ができるノマド的な生活を送っています。

パッと見は「なんだマルチの怪しい奴か・・・」と思うかもしれませんが意外と真面目に起業して家族も養っていますのでご安心ください。

こんなライフスタイルを確立できたのは「最速で結果の出る物販(転売)に副業で取り組んだから」でしかありません。

最初はただ一生昼から銭湯でビールを飲んでたいという思いからでしたが、どれだけ浅はかな動機でもその思いさえ本気なら夢を叶えることは可能でした。

よかったらぜひプロフィールをご覧になってみてください!

こちらです。