起業家コラム

起業家コラム⑤│目に見えない「何か」の為に生きるのはもうやめにしませんか?

起業家コラム第5弾をお届けしていきます。

今回は「目に見えない何かの為に生きるのはもうやめようよ」というテーマでお話をしていきながら、その流れで「少し考え方を変えるだけでかなり幸せに生きれるよ」というお話をしていきます。

皆さんも、誰に言われたわけでもないのに自分はこうあるべきだみたいな理想像のようなものがあるのではないでしょうか。

もちろん僕はありました。むしろプライドと見栄の集合体が歩いているようなレベルでしたので。

決まりを守るとか、間違ったことは絶対にしないとか、聞こえが良いように言うことは簡単なんですけど当の本人はまったく幸せじゃなかったんですよね。

いきなりですが少し僕のお話をさせてください。

僕は今まで自他共にいわゆる真面目人間として生きてきました。

小学校・中学校も先生の言うことは聞くのが当たり前で高校ではバレーボール部のキャプテンをやってみたりもしました。

大学でもお酒やタバコは嗜んでいましたが毎日真面目に授業に出席して単位は落とさないのが当たり前みたいな感覚で過ごしていましたし、試験でカンニングさせてよと言ってきた当時の彼女(今の奥さん)には「おまえはそんなことして恥ずかしくないの?」くらいのことを言っていました。

でも今考えてみると、模範生でなければいけないというのは自信の無さの現れでしたし、暗黙の了解で決まっている「常識」という枠からはみ出ることに怯えてしまっていたような気もします。

不良に憧れてクローズやワーストは普通に3周くらい読みましたからね…

man wearing black pullover hoodie blowing white smoke

社会人になってからも多少の体調不良では会社を休むことなんて甘えだと思っていたし、クライアントから理不尽な怒られ方をしても盲目的に「自分が悪いんだ」と考え込んで病んでしまったり。

どれもこれも「自分はこうあるべきだ・こうでなくてはいけない」という理想像を持ちすぎることで自分自身を苦しめていた気がします。

そんな僕の転機だったのはやはり以下の2点です。

■結婚

■バイナリーで致命傷を負ったこと

結婚に関してはやはり自分だけの人生でないと思うことができたので、本気でこれからの人生を考える転機になりました。

主にお金のことですが、単純にお金足りなすぎ問題は感じていたので漠然とした危機感がここで生まれました。

そこから繋がって「お金は莫大に稼がないとヤバい」と感じたのでバイナリーに手を出した結果、無事致命傷を負いました。

詳しくはプロフィールをご確認ください。

ここで誰がどう見ても失敗と呼べるような経験をしたことで僕の価値観は崩壊しました。

今までは真面目な人間であることが生きがいのような僕でしたが、それは端的に言うと失敗して人にディスられるのが怖いから安パイな生き方をしていたということなんですよね。

この安パイな生き方というのは割と厄介で、成功もないけど失敗もないから自分を中の上くらいの人間と錯覚させてしまうんですよね。今思えば普通に下の下でしたから。

落ちるとこまで落ちると意外と人間はふっ切れるというのは発見だったのですが、それまで自覚はないけど無駄なプライドの塊だった僕は良くも悪くも「何もない人間」となりました。

こうして僕は見栄とプライドを捨てることに成功し、本当に欲しいものは欲しいと思える生き方を歩み始めました。

ここからは割とスムーズにいった気がします。

グレーで怪しい商売でしょと思っていた転売にもなりふり構わず参入して、半年で副業月収50万円を稼いで今では起業までしてしまいました。

少し自分語りが長くなってしまい恐縮ですが、目に見えない見栄プライドといったものと勝手に戦って勝手に苦しんでいる方がすごく多いように感じます。

だからこそこの記事をお読みのあなたには本能の赴くままに生きてもらいたいんです。

今、僕は幸せです。

あなたが知らない世界というのは普通にあります。

大企業で出世をする以外にも大きくお金を稼ぐ道は無限にあります。

あなたが心から望むものはなんですか?

僕自身が目に見えない見栄やプライドと20年以上戦い続けてきた人間なので、それがくだらないものだとか簡単に捨てろとかは絶対に言いません。

だけど、それを手放すことができた僕だからこそ伝えたいことは「幸せに生きる権利は誰にでもあるよ」ということです。

充分頑張ってきたと思うんですよ僕たちは。

目に見えないものを気にかけることができるほど優しい僕たちだからこそ、まずは自分の幸せを手に入れてから本当の意味での優しさを周りの人に与えていきましょう。

脱サラに成功した20代のホンネ│未来は明るすぎるサラリーマンとして働く日々に疑問を投げかけ、自分のやりたいことや本当に叶えたい未来とは一体何なのだろうかと自分に問う。 そうした非...

25歳で年収1000万を捨てて脱サラした既婚男性

現在の僕は、物販ビジネスで起業をしてPC1台で仕事ができるノマド的な生活を送っています。

パッと見は「なんだマルチの怪しい奴か・・・」と思うかもしれませんが意外と真面目に起業して家族も養っていますのでご安心ください。

こんなライフスタイルを確立できたのは「最速で結果の出る物販(転売)に副業で取り組んだから」でしかありません。

最初はただ一生昼から銭湯でビールを飲んでたいという思いからでしたが、どれだけ浅はかな動機でもその思いさえ本気なら夢を叶えることは可能でした。

よかったらぜひプロフィールをご覧になってみてください!

こちらです。