公開メルマガ

読むだけで数百万円以上の損失を抑えられるかもしれないメルマガ

こんばんは、Yusukeです。

すいませんカッコつけました。
ゆうすけです。

日曜日の夜ですが、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

僕はと言えば、
実は最近「禁酒」をしています。

奥さんが妊娠していて
既に予定日を超えているので、

陣痛が来たら病院に送り届ける係の僕は
ノンアルで待機する日々なのです。

早く生まれてくれ…我が子よ…

パパにハイボールを飲ませてくれ…!

とまあ、そんな感じなのですが

元気に生まれてきてくれれば
それでいいので気長に待ちたいと思います。

でも、お酒を控えて気づいたことがあります。

幸か不幸か、夜も仕事が捗ってしまうのです。

今まで夜は基本的に飲みながら仕事をしていましたが、
大体23時くらいになると酔って寝落ちしてました。

しかし今ではノンアルなので
純粋な眠気がくるまではノンストップで仕事ができてしまう。

昨日というか今日?も
明け方までぶっ通しで作業してました。

まあ後半はほぼほぼYoutube見てただけなんですけどね…!

最近はEvisJap(エビスジャップ)という
「高学歴・イケメン・クズ(褒め言葉)」が特徴の
3人組Youtuberにハマっております。

めちゃめちゃ面白いので見てみてください。

皆さんもオススメのYoutuberとかいましたら
ぜひ教えてくださいね!

それでは、

そろそろ本題に入らせて頂きます。

まずは少し釣りっぽいタイトルで申し訳ございません。
今回はそれくらい見てほしかった内容のメルマガということです。

皆さん少し抵抗をお持ちかもしれませんが、
今日も「お金」の話をします。

・特別定額給付金
・持続化給付金

の2つに関してになります。

お金の話と言っても、
どちらも「もらえるお金」の話なので
聞いておいて損はないかと思います。

漢字が難しいですがザックリとわかりやすく
説明しますのでご安心ください!

■特別定額給付金

1つ目はこれです。

これは皆さんご存知の方も多いと思いますが
「国民全員がもらえる10万円」ですね。

既に配布している地域もあるようですが、
基本的には5月末以降からの配布になるようです。

そして、
待っていれば自動的に振り込まれるシステムではなくて
各自で申請をする必要がありまして

申請方法は以下の2つです。

◎オンライン
◎郵送

オンラインであれば既に申し込みが可能になっていて、
郵送だと5月末以降に届くハガキで申し込みという流れです。

しかしオンラインで申請ができるのは
「マイナンバーカード」を持っている人だけが対象です。

これ、マイナンバー通知カードとは違うので注意が必要です。

はっは~ん、
マイナンバーカードなんてみんな持ってるでしょwと

余裕ブッこいてると全然違うので気をつけてください。

まあ僕のことなんですけど。

マイナンバー通知カードは
国民なら誰もが持ってるペラペラの
緑っぽい薄い紙のカードです。

対して、
マイナンバーカードは
申請した人だけがもらえるクレカみたいな
固いしっかりしたカードです。

この固いカードを持っている人だけが
オンラインで先に申請ができるのです。

マイナンバーカードを意外と持ってない人は多くて、
実際に僕も当たり前に持っていません。

だって使わないから(笑)

そして、このカードを今から発行するとなると
最低でも交付までに1ヶ月はかかるみたいです。

なので、
マイナンバー通知カードしか持ってない人は
大人しくハガキが家に届くのを待つしかありません。

今からマイナンバーカードを作って
オンライン申請を試みるよりも、

郵送での申請を待つ方が早く支給されるということです。

マイナンバーカードを奇跡的に持っている人は
今のうちに申請しておきましょう!

申込サイトのリンクも一応貼っておきます。

https://kyufukin.soumu.go.jp/ja-JP/index.html

ちなみに、
4月27日までに戸籍がある人が対象なので

うちの赤ちゃんはまだ生まれてないので
10万円もらえないということですね…

なんだか少し損した気分です(笑)

■持続化給付金

2つ目はこれです。

これは「開業している人」が対象になるので
基本的に副業の方などはスルーしてもらって大丈夫です。

最後の「まとめ」の章まで飛ばしてください!

この持続化給付金とは、

2019年よりも前に開業している方(2019年開業も含む)で
前年の同じ月と比較して

売上が50%以下になってしまっている人は
お金がもらえるというものです。

個人事業主でマックス100万円、
法人の方でマックス200万円になっています。

例えば去年(2019年)の4月の売上が250万あって、
今年(2020年)の4月の売上が100万円だったら

半分以下になってしまっているので対象になります。

金がもらえるということですね(ゲス顔)

ここで売上が前年の同月よりも半減していたら
こんな感じの式でもらえる金額を算出していきます。

「2019年の年商-売上が減っている月の月商×12」

個人事業主の方であれば、
この式で算出された金額が100万円を超えていれば
マックスの100万円をもらえます。

法人の方であれば、
この式で算出された金額が200万円を超えていたら
マックスの200万円がもらえるという仕組みです。

もちろんマックス金額以下の数字なら
その金額しかもらえません。

僕みたいに昨年開業している人などは
また少し違った式で算出されますので

詳しくは経産省のこちらのページで確認してみてください!

https://www.meti.go.jp/covid-19/jizokuka-kyufukin.html

かなり有り難い話ですが、
もちろん売上が下がっていることが条件なので

喜ばしいことではないのは事実ですよね。

あと、この持続化給付金の申請には
「売上が減っている証拠」を提出する必要があるのですが
何とそれはExcelとかでいいみたいなんですよね。

これって不正する人が絶対出てくる気もしますが(笑)

まあこんなところで不正をしても
後々にバレたら返納義務とかもあるみたいなので
真っ当にやっていきましょう。

ただ、もしも対象になっている方は
面倒臭がらずに絶対申請をしておきましょう。

■まとめ:もらえるものはもらわないと損損

今回も小難しいお金の話をしてしまい
申し訳ございませんでした。

でも、絶対知っておいてほしいことだったので
おさらいの意味も込めて書きました。

生きていくうえでは
こうした「情報の差」がかなり重要になってきます。

知っているかどうかだけで
貧富の差が決まると言っても過言ではありません。

それくらい大事です。

特に「お金」に関する情報は
難しく聞こえてしまうことが多いので敬遠しがちですよね。

だからこそ、
みんながそう思うからこそ
ここで理解する努力ができる人は成功していきます。

一度で全部理解できなくてもいいので、
まずは耳を傾ける努力をしてほしいんです。

今回の件も、

もし知らない人がいたら
タダでもらえる数十万、数百万円を逃していた
かもしれないのです。

何度も言いますが、これって本当に重要なことです。

現に僕の地元の飲食をやっている友人などは
今回の持続化給付金など知りませんでしたからね…!

「自分には関係のないことだな」と
突っぱねてしまうことは簡単です。

でも、

そこで「一応聞いておくか」と思えるかどうかで
ビジネスセンスのあるかないかがわかったりもします。

先日もメルマガ読者の方から
「ゆうすけさんのメルマガを読んで融資に踏み切りました」
という連絡をもらいましたが、

このような方は素晴らしい嗅覚をしているな、と感じますよね。

また、今回ご紹介した給付金以外にも
実は色々な経済支援が国や自治体で行われています。

テレワークを導入する企業への支援制度だったり、

「危機関連保証制度」という制度でも
圧倒的低金利で融資が引っ張れたりします。

メディアでは対応が遅いだの何だの言われていますが
僕らが見えていないだけで国も色々動いてくれています。

気になる方は経産省のこちらのページで
色々な支援制度をわかりやすくまとめてありますので
ぜひ確認してみてください!

https://www.meti.go.jp/covid-19/index.html

あとは、お住いの市町村のホームページで
自治体独自の支援制度が確認できるので

そちらも面倒臭がらずに確認してみましょう!

今は比較的、調子の良さそうなEC業界ですが
いつ深刻な状態になるかわかりませんからね。

できることはやっておいて、
みんなで常に生き残っていけるといいですね!

今回のメルマガに感想や要望などがありましたら
こちらのメールに直接返信で大丈夫ですので、
ドシドシご連絡ください!

それでは、またメールします。

本日もお付き合い頂き、ありがとうございました!

「変わらなければ」と頭ではわかっているけど動き出せない君へ 僕たちは生きていくうえで「変化」を求められるシーンがありますよね。 副業や起業に興味を持ってこのブログを訪れてくれている皆...

25歳で年収1000万を捨てて脱サラした既婚男性

現在の僕は、物販ビジネスで起業をしてPC1台で仕事ができるノマド的な生活を送っています。

パッと見は「なんだマルチの怪しい奴か・・・」と思うかもしれませんが意外と真面目に起業して家族も養っていますのでご安心ください。

こんなライフスタイルを確立できたのは「最速で結果の出る物販(転売)に副業で取り組んだから」でしかありません。

最初はただ一生昼から銭湯でビールを飲んでたいという思いからでしたが、どれだけ浅はかな動機でもその思いさえ本気なら夢を叶えることは可能でした。

よかったらぜひプロフィールをご覧になってみてください!

こちらです。