脱サラ・起業

連休明けに死にたくなるあなたへ│唯一の解決策を授けます【実体験】

独立をしてから曜日感覚を失い、最近では季節感覚すら失い始めた僕ですが皆様いかがお過ごしでしょうか。

実は先日、友人と遊んでいる時に「明日から仕事か…死にたい…」と言っているのを聞き、確かに僕も以前までは休み明けに死にたくなっていたなと思いまして。

何なら夏季休暇やGW、正月などの長期連休明けなんて2週間は引きずっていたな、と。

今でこそ毎日が休日みたいな生活をしているので忘れかけていましたが、当時の僕のような感情を抱いている「元同志」に解決策を授けたいなと思い、この記事を書いています。

それでは早速いきましょう!

連休明けに死にたくなるなんて当然

まず始めにお伝えしておきたいのは、連休明けに死にたくなるなんてデフォルト(当たり前)ということです。

なぜなら働きたくて働いている人なんてごく僅かだし、そんな状態なのに「ハイ明日から仕事モードね」なんて言われても無理に決まってますからね。

商社で働いていた頃の僕は連休明けに必ず原因不明の体調不良に陥っていました。笑

だから死にたくなってしまっているあなたは別に「自分は社会不適合者だ…」と悩んでなんかほしくないんです。

そんなこと言ったら世の中の9割以上が社会不適合者ですし、何なら社会に適合しなければいけないなんて法律もないし、今の制約ばかりの世の中なんて適合する方が難しいので。

連休明けに死にたくならない為の解決策

池に面して座っている白いシャツの男連休明けに死にたくなってしまうのはしょうがないにしても、

こんな地獄の期間が毎年数回も必ず訪れてしまうのは精神的にも良くないので改善する努力は絶対にした方がいいです。

その為にもまずは「知ること」から始めてみましょう。

何を知るのかと言いますと、

自分が死にたくなってしまっている理由

についてです。

物事には必ず原因がありますし、自分がそんな感情になってしまっている理由を知れば意外と余裕になりますので。笑

なので、ぜひこのタイミングで少し考えてみましょう!

参考までに過去の僕が感じていたことはこんな感じです。

なぜ長期連休明けで死にたくなるのか?
→会社に行かなければいけないと感じているから

なぜ会社に行かなければならないと感じているのか?
 →生活費を稼がなければいけないと思っているから

如何でしょうか?同じような方も多いのではないでしょうか。ポイントは何段階かに分けて考えていくことです。

そして、突き詰めてみると見えてくることがあります。

それは「会社以外でお金を稼げれば連休明けに死にたくはなりにくい」ということです。

早い話が副業でも本業と同じくらい稼げていれば「最悪会社なんて辞めちゃえばいいか」と思えるので、そうなると不思議と負の感情も持ちにくくなります。

何でもそうですが選択肢があるのとないのとでは天と地ほど差がありますし、

会社一本だから上司に詰められても、クライアントに無理ゲーな依頼をされても、しがみつかなければと思ってしまうわけです。

サッカーでもドリブルしか選択肢がなかったら辛いですよね。パスもシュートも打てる選手になればプレーの幅も広がるし安心感も出ます。

そんなこんなの流れで僕は副業から始めて個人ビジネスに魅力を感じまくって気づいたら起業していました。笑

皆さんに「今すぐに会社を辞めてください」なんて言うつもりは毛頭ありませんが、同じような状況であればぜひ副業からスタートして他に収入源を持ってみるといいですね!

副業についても他の記事で詳しく紹介していますので見てみてください。

参考:副業を始めたいならとりあえずパソコンを買って友達になればいい理由

連休明けに死にたくなる人へ最後に伝えたいこと

写真家とジャンプする人の水たまりの反射連休明けに死にたくなってしまう人は、まず自分がそう感じてしまう理由を知ることから始めていきましょう。

多くの人が会社という1つの収益源に頼らざるを得ない状況なので不安になってしまい結果的に死にたくなっています。

まずはこの事実を知ることだけで心が軽くなりますし、絶対にその状況から抜け出す方法も存在します。

その方法とは具体的に言うと副業などで別の収入源を手に入れることですね。詳しくは他の記事で実体験をベースにして説明もしているのでぜひ見てみてください。

僕も3年前までは今のあなたと同じく連休明けに病んでいたうちの一人です。

しかし、今は人生ってやつも悪くないなと思えています。

こんなの当時の僕が聞いたらキレイゴトにしか聞こえないと思いますが、意外と何気ないことで事態は好転していくものです。

絶対に未来は変えられるので、今のこの悩みを放置せずにココで断ち切れる努力をしていけると最高ですね!

せっかくの一度きりの人生、生きたいように生きる為に少しだけ頑張っていきましょう!

仕事はやりがいだけでは続かない理由│実益とのバランスが大事社会人になると多くの人が「仕事」をすることになり、その仕事を続ける為に色々なことを考えるようになりますよね。 よく言われるのが「やりが...

一般公開のブログでは、決してお話しできない裏話があります。

僕は24歳で転売ビジネスを始めて、開始1年で年商5000万を稼ぎました。

しかし、忙し過ぎたので全てを放棄し、そこからは情報発信ビジネスに路線変更して月100万円以上を完全自動で稼げるようになりました。

去年まではセミリタイヤしていて、毎日昼に起きて酒を飲んで寝る。そんな生活を続けていました。

 

・・・が、しかし、

奥さんの妊娠をキッカケに「流石に生まれくる子供にこんなニートみたいな姿は見せられない」と思い、再びビジネスの再開を決意します。

と言っても、元々は忙し過ぎて年商5000万の転売ビジネスを放棄した人間だったので、ビジネスを再開するとしても忙しいのは絶対に嫌でした。

 

なので、今は「平日のAMだけ働く」というスタイルを確立して家族を養っています。

 

何だかんだ仕事を再開したら面白くなってきているので、今は「完全自動で年収1億円」の仕組みを構築中です。

30歳までに家族が一生セミリタイヤできるレベルの資産を構築して、その後はずっとやりたかった保護犬を守る活動とか、好きなビジネスをしながらのんびり生きていこうと思います。

 

が、こんなことを聞いても信じられないかもしれません。

もし信じられたとしても、「あなただからできたんでしょ」と思うかもしれません。

今はまだそれで大丈夫です。

 

でも、僕は幼少期から家族にバグと呼ばれて育ってきましたし、親のお金で進学したFラン大学でもちゃんと酒とタバコに溺れました。

おまけに就職した会社の入社試験は3点です。もちろん100点満点のテストです。

正直書いていて悲しくなるレベルですが、こんな僕でもできるのですから、安心してもらえたらなと思います。

 

もしもあなたがゼロから情報発信ビジネスを始めて、時間にもお金に縛られない生活を手に入れたいと少しでも思うのであれば、かなり力になれる自信があります。

最初から才能に恵まれた天才が語るような夢物語ではなく、本当にゴミクズ学歴底辺がゼロから這い上がってきたリアルを、お見せすることができます。

 

その情報は、全て電子書籍に詰め込みました。

 

普段は1,000円で販売をしている書籍なのですが、このブログをここまで読んでくれたあなたへの敬意として、今回だけ無料でプレゼントしたいと思います。

ストーリー形式で20分程度でサクッと読めるボリュームですので、ぜひ下記画像をクリックしてダウンロードしてみてください!

億万長者が教えてくれた
お金の増やし方

・平日のAMだけ働いて月100万以上稼ぐ

・年商5000万のビジネスを忙しいという理由だけで放棄

・社会のゴミクズ底辺落ちこぼれが日本の上位3%の年収を獲得

・・・なぜそうなれたのか?

その全てを解説している書籍(1000円)を無料でプレゼントします!

➡︎詳しくはコチラ