転売ビジネス

せどりの確定申告は必須│税理士に頼んだ方がいい理由と料金の相場

ゆうすけ
ゆうすけ
こんにちは。
この記事を書いているゆうすけと申します。

副業で電脳せどりに取り組み、
開始半年で月収50万円を超えて独立しました。

現在は物販ビジネスを自動化して
PC1台で完結する働き方を追求しています。

詳しいプロフィールはこちら

皆さん、確定申告はされていますか?

せどりをやられている方で「年間20万円以上の純利益」が出ている人は、副業・専業問わずに確定申告をしなければいけません。

中には自分でやられている方も多いと思いますが、僕は絶対に税理士に頼んだ方がいいと感じています。

今回はその理由を説明していきます。

僕も「なんで自分でもできることを、わざわざお金を払ってやってもらうんだろう」と思っていたタイプでしたが、そこには経営者として欠かせない要素が関係していました。

それではご覧ください。

せどりの確定申告は副業・専業問わずに必須

インドルピー紙幣

冒頭でも少しお伝えしましたが、これは年間で20万円以上稼げている方は確実に行なう必要があります。

自己申告的な雰囲気もあるので「バレなきゃいいだろ」と思ってしまう方も少なくありませんが、本気でやめておいた方がいいです。

副業の方でも同様です。ここに副業か専業かというのは全く関係ありませんので、確実に行なうようにしましょう。

せどりの確定申告は税理士を雇うべき理由

確定申告はしなければいけないんですけど、めちゃくちゃ面倒なイメージがありませんか?

マジでわからないことばかりですし、僕も「最初だけは自分でやってみよう!」と思って試みましたが15分くらい調べて投げ出しました。

あ、これ無理だ…と。

流石に自分でも笑ってしまうくらいの速さで投げ出しました。もうちょい頑張らんかいとは思うものの、この判断は正解だったと誓えます。

何が問題かと言いますと、僕らはお金を稼ぐことが目的だと思うんですけど、自分で確定申告ができるようになっても1円も稼げないんですよね。

だから、もしも自分で頑張ろうと思っている方は後悔はさせませんので、プロに任すという決断をしてみてください。

参考:Amazonせどりはツールよりも外注を駆使すべき理由3選

せどりの確定申告で税理士に頼む場合の料金

まあアンタの言いたいことはわかったけど幾らかかるねんという意見があることを想定して、税理士に頼む際の料金の相場をお伝えしておきます。

せどりをしている人に色々聞いたところ、大体「月2〜3万円」くらいです。僕は毎月「22,000円」を顧問料としてお支払いしています。

これを高いと捉えるか安いと捉えるかはあなた次第ですが、僕はめちゃくちゃ安いやんけと思いました。

ちなみに言っておきますと、この「税理士に払うお金=顧問料」は本当にピンキリでして、もっと高いところもあれば安いところもあります。

そしてお金の支払い方は大きく分けて2パターンあります。

パターンA:毎月の顧問料しか費用は発生しない
パターンB:毎月の顧問料 + 確定申告で別途料金が発生する

僕はパターンAの方でして、毎月定額の22,000円だけをお支払いしていますが、それにプラスして確定申告時に別途料金を支払うケースもあります。

なので、毎月の料金が安すぎると確定申告は別で料金がかかるかもしれないので注意してみてください。

ちなみに料金は個人事業主よりも法人の方が高くなります。

「僕は絶対に法人化するんで…!」と気合いを見せておくと、それを考慮して安くしてくれたりもするので、いかに自分がデカい魚かは示しておきましょう。

確定申告は2〜3月なので、それまでに余裕を持って税理士にお願いできるように進めていくとベターです。年末あたりに新規でお願いすると、繁忙期なのでケムたがられる可能性もあるのでご注意ください。笑

また、副業でも税理士を雇うことは全然できますので、ぜひせどりで稼げた人は検討してみてください。僕も普通に副業の時から頼んでました。

経営者としてやるべきことを見失うな

僕たち経営者がやるべきことは「収益を上げること」です。

今回の税理士の件もそうですし、外注を雇う時などもそうなのですが、どうしても最初は自分でできることにお金を払うことに抵抗を感じてしまいますよね。

「全部自分でやれば一番安いじゃん!」と思ってしまいがちですが、

ここで「人に任せれば自分はもっと違うことに時間を使える」と思えるかどうかで、経営者として成長していけるかどうかが決まります。

経営者として成長するということは、少ない力で大きく稼げるようになるということです。

自分という人間は一人しかいませんので、「自分がやらなければいけないこと」と「そうでないこと」の区別はしっかりしていけるといいですね。

電脳せどりで外注を雇うタイミング│月収10万円を超えたらガンガン雇うべしせどりに取り組んでいる皆様、いかがお過ごしでしょうか。 月数万円〜数十万円ほどの結果が出てきたものの、「いつまでも楽にならないせど...

25歳で年収1000万を捨てて脱サラした既婚男性

現在の僕は、物販ビジネスで起業をしてPC1台で仕事ができるノマド的な生活を送っています。

パッと見は「なんだマルチの怪しい奴か・・・」と思うかもしれませんが意外と真面目に起業して家族も養っていますのでご安心ください。

こんなライフスタイルを確立できたのは「最速で結果の出る物販(転売)に副業で取り組んだから」でしかありません。

最初はただ一生昼から銭湯でビールを飲んでたいという思いからでしたが、どれだけ浅はかな動機でもその思いさえ本気なら夢を叶えることは可能でした。

よかったらぜひプロフィールをご覧になってみてください!

こちらです。