転売ビジネス

せどりで卸業者から仕入れるとメーカー仕入れよりも稼げる理由

ゆうすけ
ゆうすけ
こんにちは。
この記事を書いているゆうすけと申します。

副業で電脳せどりに取り組み、
開始半年で月収50万円を超えて独立しました。

現在は物販ビジネスを自動化して
PC1台で完結する働き方を追求しています。

詳しいプロフィールはこちら

皆さんこんにちは、夜の人はこんばんは。

せどりって何の為にやっていますか?そうですよね、「稼ぐ為」ですよね。僕も一緒です。

であれば、やっぱり利益率は高い方がいいじゃないですか。

そう考えると「せどり」の次は「メーカー仕入れ」を考える人が多いと思うのですが、これってあんまりオイシくないんです。

メーカー仕入れが一番利益率が高いと思われがちなのですが、実は「卸業者仕入れ」が一番利益率が高くてオイシいんですよ。

「そんなわけないでしょ」と思うかもしれませんが、今回はそのメカニズムを解明していきますので宜しくお願いします。

せどりにおける卸業者仕入れとは?

man sitting on gray arm chair using silver laptop computer on building balcony at daytime

そもそも「卸業者って何ですか?」という人もいると思いますので、ここの大前提を少し説明させてください。

■卸業者=メーカーから仕入れて小売などへ卸す業者

例えばですが、居酒屋の生ビール(スーパードライ)を想像してみてください。

それで言うと「アサヒ」からビールを仕入れて「居酒屋」に納入する業者のことを卸業者と思ってくれて大丈夫です。

商品や業界によっては小売店でもメーカー直仕入れをしているところもありますが、こうして間に色々な業者が入るケースは多いです。

せどりの卸業者仕入れは、メーカー仕入れではなくて、ここの卸業者から仕入れようという話です。

参考:せどりの仕入れが難しいと感じてしまうアナタへ│たった1つの解決策

せどりで卸業者仕入れがオイシい理由

man holding his phone while leaning on building

まあ卸業者のことはわかったけど「普通にメーカー直で仕入れた方が稼げるでしょ」と思うかもしれませんが、実はそんなこともないんですよね。

なぜなら、「大手メーカーは基本的に僕たちを相手にしてくれないから」です。

例えば僕らがPanasonicに「商品を仕入れさせてください!」と言ったところで、相手にされなくて当たり前なんですよね。

商習慣というのは「縁故」をかなり重要視しているので、「お得意様」や「常連」などの概念がすごく大切です。まあビジネスなので当然ですね。

ポッと出の個人がいきなり取引を持ちかけてきたところで、フルシカトが関の山です。

もし取引ができたとしても、定価みたいな値段を提示されたりとかが普通にありますので、全然旨味がないんですよね。

だったら、既に大きなメーカーと付き合いのある卸業者から仕入れた方が、僕ら個人はオイシい取引になるということです。

もちろんメーカー仕入れが完全にダメという訳ではありません。

大手ではない小さめのメーカーであれば普通に個人を相手してくれるところもありますので、メーカー仕入れではそういったメーカーを狙うのが定石になります。

まとめ:せどりは卸業者仕入れが一番稼げる

two men facing each other while shake hands and smiling

せどりは自社の商品を扱う訳ではないので、どれだけ「仕入れで差別化をできるか」で勝負が決まります。

そこを突き詰めていくと、メーカー仕入れが一番良いと思いきや、実は卸業者仕入れが一番オイシいんですよね。

大手メーカーになればなるほど相手にしてもらえない可能性が高いので、それなら既に付き合いのある卸業者などから仕入れた方がやりやすいのです。

普通にそれでもかなり利益が出ますからね。

別に「絶対メーカー仕入れじゃないと嫌だ!」という人はいないと思いますので、せどりの次の派生形としては卸業者を開拓していくのが最も効果的です。

次の記事では「卸業者の見つけ方」を解説していますので、ぜひそちらも併せてご確認ください!

せどりで卸業者から仕入れる方法│オイシい業者の見つけ方2パターン せどりで実店舗などの「小売系」から仕入れている方は、その次のステップとして「卸業者仕入れ」を考える人も多いのではないでしょうか?...

25歳で年収1000万を捨てて脱サラした既婚男性

現在の僕は、物販ビジネスで起業をしてPC1台で仕事ができるノマド的な生活を送っています。

パッと見は「なんだマルチの怪しい奴か・・・」と思うかもしれませんが意外と真面目に起業して家族も養っていますのでご安心ください。

こんなライフスタイルを確立できたのは「最速で結果の出る物販(転売)に副業で取り組んだから」でしかありません。

最初はただ一生昼から銭湯でビールを飲んでたいという思いからでしたが、どれだけ浅はかな動機でもその思いさえ本気なら夢を叶えることは可能でした。

よかったらぜひプロフィールをご覧になってみてください!

こちらです。