副業

定年まで働きたくないあなたへ│今からできる具体的な3STEP

今年(2019年)は「定年70歳引き上げ問題」が話題になりましたが、皆さんも定年まで働くのか・・・と思って仕事に対して気が滅入ってしまうことも多いのではないでしょうか。

僕がサラリーマンだった頃も先輩たちと「あと40年もこのままかあ〜」なんて自虐的に笑いながら話していたことを思い出します。

でも、当時の僕はこのネタが本気で笑えなかったんですよね。

表面では笑っていたんですけど、心の中で「なんでこの先の人生が既に決められてしまっているんだろう…」と強すぎる嫌悪感を抱いていました。

でも、実際に脱サラして思うことは「定年まで働かなくていい方法は確実に存在する」ということです。

今回は定年まで働きたくないのは当たり前だよというお話から、具体的に定年まで働きたくないあなたが取るべき3STEP戦略まで詳しく解説していきます。

定年まで働きたくないというのは当然の感情

みんなが定年まで働くのが当たり前という感覚を持っているからと言って、僕たちもその感覚をインストールする必要はないんですよね。

だって嫌なものは嫌じゃないですか(笑)

定年まで働くというのは最初からエンディングがわかっているRPGゲームをプレイするようなものなので、そりゃあつまらないですよね。

人生は何が起こるかわからないから面白いわけで。

とは言っても、当時の僕も「定年まで働く生活がつまらないのはわかってるけど、じゃあどうすればいいんだ」と思っていました。

次の章では具体的にどうすればいいかという部分に言及していきます。

定年まで働きたくないあなたがやるべき3STEP

closeup of yellow and red stair

①定年まで働きたくない理由を明確にする

まずは最初に、なぜ定年まで働きたくないかをしっかりと考えてみましょう。

あまり考えすぎて頭でっかちになってもいけませんが、ここは逃げずにしっかり向き合ってみましょう。

ちなみに僕のケースをお伝えしていくと下記のような理由でした。

■先が見えているからつまらない

■サラリーマンの生涯賃金じゃ幸せになれない

■誰かに決められた人生だから不満だ

多分皆さんも似たような感情だとは思います。

例えば、定年まで働いた人は20億円くらい国からもらえるみたいな条件があれば僕も喜んで定年まで働くんですけどね。

サラリーマンの平均生涯賃金って確か2億とかなので、普通に欲しいものとかやりたいことをやろうと思ったら全く足りないじゃないですか。

最初からエンディングが決まっているのにも関わらずバッドエンド確定の人生なんて、あまりにも辛すぎますからね。

ハッピーエンドを手に入れる権利くらい僕たちにだってあるはずですから。

②叶えたい未来を決めて逆算する

自分が定年まで働きたくない理由を明確にしたら、次は叶えたい未来を漠然とでもいいので考えてみましょう。

理想というものは時間によって変化するので、この叶えたい未来に関しては定年まで働きたくない理由よりはフンワリしたもので大丈夫です。

ちなみに僕は「若くして成り上がる」でした。笑

そして叶えたい未来が決まったら、逆算して自分が取るべき行動を決めていきます。

僕は「若くして成り上がる=速くお金を稼ぐ」ということだと考えたので、その為には定年まで働いてしまうとスピード感的にダメだし、単純に賃金に上限があるのが厳しいなと感じました。

自分が取るべき行動として、今働いている会社以外で大きくお金を稼ぐ手段を見つけなければいけないなと逆算しました。

そうなるといきなり会社を辞めるのは怖いから、まずは副業から始めてみようということで副業開始に至りました。

参考:副業で転売をおすすめする3つの理由

③自分のビジネスを持つ

定年まで働きたくない理由を明確にして、叶えたい未来を想像してからそこに到るまでの経路を逆算をする。

このフローを終えてみると、多くの人が「自分でお金を稼ぐ・自分のビジネスを持つ」という結果になるのではないでしょうか。

僕もまさしくこれでした。

でも、本音を言うと自分でお金を稼ぐ自信なんて全くありませんでした。

奥さん
奥さん
バイナリーでセミリタイアするとか言って
150万を消し飛ばしていたものね
ゆうすけ
ゆうすけ
キコエマセン

自分で稼がなければいけないと頭で分かっていても当時は拒否反応を示しまくっていましたし、だって普通に怖いじゃないですか。普通の会社でしか働いたことなかったんですよ僕は。

でも案外やってみると楽しいものなんですよね。

なので、定年まで働きたくないあなたは早めに「個人でお金を稼いでいくこと」を覚悟してください(笑)

まとめ:定年まで働かなくていい方法は確実に存在する

いかがだったでしょうか。

定年まで働きたくない理由を考えて、そこから叶えたい未来を決めて、という幾つかのSTEPこそ必要ですが、定年まで働かない方法は確実に存在します。

ひとつなぎの大秘宝ではありませんが、実在するのです。

そしてその方法としては「会社以外でお金を稼ぐ」以外にないのですが、ぜひこの事実を軽く受け取ってみてください。

僕自身がそうだったのですが、自分で商売をすると考えると、変に身構えてしまって思考も行動も止まってしまうんですよね。

家にある不用品をメルカリで販売した経験などがあれば、もうそれが自分のビジネスです。それくらいライトめに考えて頂くことで、スーッと受け入れることができるはずです。

受け入れられたら素晴らしいことしか待っていませんので。

自分でお金を稼ぐという選択肢は生涯賃金という計算式に対して足し算を使っていいということなので、僕にとってはそれ自体がすごく衝撃で嬉しい事実だったんですよね。

僕のように独立まではしなくとも、会社員と並行して副業をしていけば他の人が60歳とか70歳まで働いている中で、40歳あたりで会社員とおサラバすることもできますからね。

才能やスキルなんていりません。

「定年まで働かなくていい世界がある」と信じることさえできれば、自ずと未来は切り拓かれていきます。

参考:副業のバイナリーで致命傷を負った僕が転売をオススメする理由

 

一般公開のブログでは、決してお話しできない裏話があります。

僕は24歳で転売ビジネスを始めて、開始1年で年商5000万を稼ぎました。

しかし、忙し過ぎたので全てを放棄し、そこからは情報発信ビジネスに路線変更して月100万円以上を完全自動で稼げるようになりました。

去年まではセミリタイヤしていて、毎日昼に起きて酒を飲んで寝る。そんな生活を続けていました。

 

・・・が、しかし、

奥さんの妊娠をキッカケに「流石に生まれくる子供にこんなニートみたいな姿は見せられない」と思い、再びビジネスの再開を決意します。

と言っても、元々は忙し過ぎて年商5000万の転売ビジネスを放棄した人間だったので、ビジネスを再開するとしても忙しいのは絶対に嫌でした。

 

なので、今は「平日のAMだけ働く」というスタイルを確立して家族を養っています。

 

何だかんだ仕事を再開したら面白くなってきているので、今は「完全自動で年収1億円」の仕組みを構築中です。

30歳までに家族が一生セミリタイヤできるレベルの資産を構築して、その後はずっとやりたかった保護犬を守る活動とか、好きなビジネスをしながらのんびり生きていこうと思います。

 

が、こんなことを聞いても信じられないかもしれません。

もし信じられたとしても、「あなただからできたんでしょ」と思うかもしれません。

今はまだそれで大丈夫です。

 

でも、僕は幼少期から家族にバグと呼ばれて育ってきましたし、親のお金で進学したFラン大学でもちゃんと酒とタバコに溺れました。

おまけに就職した会社の入社試験は3点です。もちろん100点満点のテストです。

正直書いていて悲しくなるレベルですが、こんな僕でもできるのですから、安心してもらえたらなと思います。

 

もしもあなたがゼロから情報発信ビジネスを始めて、時間にもお金に縛られない生活を手に入れたいと少しでも思うのであれば、かなり力になれる自信があります。

最初から才能に恵まれた天才が語るような夢物語ではなく、本当にゴミクズ学歴底辺がゼロから這い上がってきたリアルを、お見せすることができます。

 

その情報は、全て電子書籍に詰め込みました。

 

普段は1,000円で販売をしている書籍なのですが、このブログをここまで読んでくれたあなたへの敬意として、今回だけ無料でプレゼントしたいと思います。

ストーリー形式で20分程度でサクッと読めるボリュームですので、ぜひ下記画像をクリックしてダウンロードしてみてください!

億万長者が教えてくれた
お金の増やし方

・平日のAMだけ働いて月100万以上稼ぐ

・年商5000万のビジネスを忙しいという理由だけで放棄

・社会のゴミクズ底辺落ちこぼれが日本の上位3%の年収を獲得

・・・なぜそうなれたのか?

その全てを解説している書籍(1000円)を無料でプレゼントします!

➡︎詳しくはコチラ