転売ビジネス

転売って怪しいけど儲かるの?商社勤務の視点も含めて論破しようと思う

ゆうすけ
ゆうすけ
こんにちは。
この記事を書いているゆうすけと申します。

副業で電脳せどりに取り組み、
開始半年で月収50万円を超えて独立しました。

現在は物販ビジネスを自動化して
PC1台で完結する働き方を追求しています。

詳しいプロフィールはこちら

副業の中でも手堅く稼げると名高い「転売」

しかし転売と聞くとイメージが悪く、「そんな狡いことして稼ぎたくない」と思ってしまう方も多いのではないでしょうか。転売を始めようかなあ?と迷っているあなたに「転売の現実」をお届けしたいと思います。

基礎知識編

転売は違法じゃないの?

person showing handcuff

結論から先にお伝えしますと、全く違法ではありません。しかしそのワードに対する世間の強い風当たりや、響きの悪さは実際に存在します。

その中でまずお伝えしたいことは、世の中は転売で成り立っているということです。例えば毎日行くコンビニでも、メーカーから商品を仕入れてコンビニが販売しています。

まあ言ってしまうと、メーカー以外は大体転売ヤーみたいなもんです。そう考えるとなんだか、転売もそんなに悪いものじゃない気がしてきませんか?笑

一部の「悪質な転売ヤー」のおかげで、転売自体のイメージが悪くなっているだけです。でもこのようなことって身の回りでも頻繁に起きていますよね。組織でもそうです、学校の一部の人間が問題を起こすと、学校全体の評判が悪くなったりするのと一緒です。

重要なことは「物事の一面だけ見る」のではなく、「多面的に見て自分なりに咀嚼する」ことです。

悪質な転売ヤーを見て「転売は詐欺だ!」と言う人は、身近にあるコンビニやスーパーで「この店は詐欺だ!」と荒ぶってるようなものです。本質をしっかり見ましょう。

僕が行っている国内転売の他にも実店舗・欧米輸入・中国OEMなど手法は様々ですが、すべてに共通する仕組みは「安く買って高く売る」ということです。

主要業務として「転売」を行っている企業が無数にある時点で、「転売は怪しい」とか「転売は狡い」という無駄なイメージは即刻排除するべきです。僕が働いている「商社」も転売で利益を生み出して存続している企業です。

※ちなみにこれは、商社勤務である私のステマではありません。

転売って儲かるの?

person holding coins

そもそも皆様が知りたいのはここですよね(笑)

安心してください。稼げます。ただし仮想通貨やFXなど、レバレッジが異様に効くようなビジネスモデルではないので、利益率は30%で高い方です。

そして自分の商品を持たずに、他人の商品を横から横へ流すだけで何故儲かるのかは、世の中にある「商社」や「代理店」を思い出して頂けるとわかると思います。

僕たちが何かを購入する時、都度メーカーから直接購入するとなると非常に手間がかかってしまいます。車をト●タから直接購入はしませんし、プレステもS●NYから直接購入しませんよね?

その手間を省くために「商社」や「代理店」が存在します。メーカーから仕入れて、お客様への販売を代わりに行う。その手間賃としてお客様から原価よりも少し多めにお金を頂く。この世の中の販売・購入のシステムに沿っているので転売は儲かるのです。

商品を仕入れて、集客力のあるアマゾン等のプラットフォームで販売をする。商品を売りたいメーカーと商品が欲しい購入者をマッチングするようなイメージですね。

また、上記ではレバレッジが効かないと言いましたが「転売企業に就職する」のではなく、「個人で転売をする」のであれば幾らでもレバレッジをかけることが可能です。

それが「外注化」です。単純にお金を支払って作業を人に任せることですね。この部分を学ぶことで『経営者・社長』の思考も身につくので、ステップアップしていきやすいという面も含めて転売はオススメです。

具体的な転売のメリット・デメリットについてはコチラ

社長って響き、カッコよくないですか?いいですよね。

えっ?そんなことないって?

でも別に社長にならなくても「経営者」になるということは、言い換えると「自分が働かなくてもお金を稼げる」よういなるということです。

やらない手はないですよね。僕もまだまだ外注化出来ていませんので、またそのあたりはシェアしていきます!

規制は厳しくなっている

closed gate door

転売は違法ではありませんが、年々規制が厳しくなっているのは事実です。僕も始めて1年そこそこですが、既にその規制強化を肌で感じています。

最近起きた事例ですとアマゾンで「アップル製品の取扱」が完全に禁止になったり、メーカー側の規制も激しさを増しています。

定価というものが存在するように、販売価格を定めているメーカー側からすると、正式な契約を交わしていないにも関わらず販売をしている僕たちは「目の敵」にされている事実は忘れてはいけません。

しかしその中でもやれることは無数にあります。法人をして正式な販売契約を結ぶことで、堂々と販売することもできます。そうすればアマゾンのクレームも、受ける側ではなく行う側に立つことも出来ます。

重要なのはデメリットばかりに目を向けるのではなく、デメリットをどうやってメリットへ転換していくかという思考です。物事には何にでも表と裏があります。

転売ヤーからの脱却

「滑り台の階段を駆け上がる子ども」[モデル:あおみどり]転売は合法であり、稼げるビジネスであることは上記でも述べましたが、「転売」というワードを毛嫌いする人間が多いように、「転売ヤー」と言われることを好まない方が多いのも事実です。

でしたら、ただの転売ヤーから早急に脱却する必要があります。そうすることで自分への後ろめたさもなくなり、長くビジネスをしていくことができます。

具体的はステップアップ方法が下記になります。

メーカー

アマゾンで出品をしているとクレームがきたり、様々な規制で出品が出来なくなったりすることがあります。そんな悩みを根本から解決する為の一つの方法として、自らがメーカーになってしまというのも一つの手です。

今なら海外の工場で簡単にOEM商品も作れますし、更にネットショップなどのプラットフォームなどを作ってそこで販売してもいいです。

転売で得た知識というのは、様々なことに応用が可能です。

しかしこれはかける労力の割に競合も多く、レッドオーシャンなのであまりオススメはできません。

法人化

基礎知識編の部分でも少し述べましたが、最も多いケースがこの「法人化」です。

仕入先と正式な契約を交わし、企業として転売を行っていくことで事業規模も大きくしていきやすいです。事実、展示会などでも「個人事業主」と「法人」ではメーカーへの印象が大きく異なります。

そして法人化を行うことで法人税などの節税にも繋がります。そして何度でも言いますが、『社長』になれるんですよね。

実際に法人化した方のお話を聞くと登記自体は簡単で、誰でも社長になれるようですね。僕はこどもっぽい部分があり、単純に社長に憧れているので今年度中に法人化も検討しています。

社長になりたい!という方はぜひ検討しましょう。

インフルエンサー

今SNSなどでとても流行っていますよね。インフルエンサービジネス。

有名どころだとホリエモンさんやキンコン西野さん、ブロガー界だとイケハヤさんなどが挙げられます。簡単に言うと個人で発信をして、芸能人のような影響力を持つことでそこからマネタイズしていくような流れになります。

しかし上記のような著名人も、最初から何もせずインフルエンサーに成り得たわけではありません。

堀江さんもオンザエッヂという会社を立ち上げ、西野さんもお笑い芸人として一世を風靡しました。イケハヤさんもよく炎上していますが、9年間もブログを書き続けていたりと、インフルエンサーの方達も必ず「下積み時代」があるんですよね。

本人たちがその期間を下積みと感じていたかは別として、結局実績の無い人間がただ思想や理念を語ったところで何も響かない。

その実績を作る為にも、結果が出るのが早い「転売」は超オススメですね。ステマではないですよ。本心で言っています。

転売で結果を出し、インフルエンサーへの道を駆け上がるというのも大きな選択肢です。

まとめ

よくある質問の二大巨頭でもある

・転売って違法じゃないの?

・転売って稼げるの?

という問いへの回答含め、そこからの発展方法などを述べさせて頂きました。

数あるビジネスの中でも転売は「基本」となるものですし、まず間違いなく一番稼ぎやすいビジネスです。副業にも最適ですし、発展方法の選択肢の多さも魅力的です。

転売以外稼げないという訳ではありませんが、転売の持つメリットを少しでも感じて頂けたら幸いです。

そして最後に伝えたいことがあります。

直面する出来事に一喜一憂せず、その出来事が持つ表と裏をしっかりと見極めて下さい。

情報が多すぎるこんな世の中ですが、それを「辛い」と思うのではなく「幸せ」と思うのであったり、考え方ひとつで人生は好転していきます。

25歳で年収1000万を捨てて脱サラした既婚男性

現在の僕は、物販ビジネスで起業をしてPC1台で仕事ができるノマド的な生活を送っています。

パッと見は「なんだマルチの怪しい奴か・・・」と思うかもしれませんが意外と真面目に起業して家族も養っていますのでご安心ください。

こんなライフスタイルを確立できたのは「最速で結果の出る物販(転売)に副業で取り組んだから」でしかありません。

最初はただ一生昼から銭湯でビールを飲んでたいという思いからでしたが、どれだけ浅はかな動機でもその思いさえ本気なら夢を叶えることは可能でした。

よかったらぜひプロフィールをご覧になってみてください!

こちらです。