起業の方法や真実

転売での脱サラが不安な方へ│独立ホヤホヤの私が絶対に伝えたいこと

どうも、ゆうすけです。

今日は転売に取り組んでいて以下のような思いをお持ちの方に、独立したてホヤホヤの私が勝手ながら幾つかのアドバイスをしたいと思います。

■そもそも転売で脱サラできるの?

■一生副業のつもりだったけどやっぱり専業で自由になりたい

■脱サラした後のことを何も知らないから不安

 

如何でしょうか?

1つずつ掘り下げて解説をしていきます。

転売で脱サラ・独立をする際の心配事

そもそも転売で脱サラなんてできるの?

こちらですが、普通にイケますね。

脱サラできるかどうかという質問に関してだけ言えば、脱サラは会社を辞めることでしかないので転売じゃなくても普通に辞めてしまえば脱サラは完了です。

アフィリエイトでも株でもなんでもいいわけです。

ただ、ここで言う「転売で脱サラができるのか?」は「転売のみで独立後も充分な収入を得ていけるか?」という意味ですね。

これも結論から言うとイケます。

ただ、イケるはイケるのですが、副業と違って専業にする場合はしっかりと稼ぎ続けていかなければいけません。今までよりもしっかりとリスクヘッジをしてクリーンにビジネスを行なっていく必要があります。

 

具体的に言うと下記のような方は注意が必要です。解決策と併せてご確認ください。

①クレジットをぶん回しているので垢BANしたらキャッシュが回らない

➡︎副業でも融資は借りれるので早目に借りておくか充分な余剰資金を蓄えておく

②フリマなどで商品を仕入れるいわゆる「下流仕入れ」しかできていない

➡︎メーカー仕入れや業者仕入れなどの上流仕入れをしっかりと開拓しておく

③アマゾンアカウントも1つで販路もアマゾン1つだけなので垢BAN1回で致命傷

➡︎ヤフショなど他販路をしっかりと持っておく

そうです。全部僕のことなんですけどね。

今でこそ融資や複数アカ所持、仕入先開拓など行なっていますが数ヶ月前の僕は全てに当てはまっていて綱渡りもいいとこでした(笑)

とは言っても、副業で50万円以上稼げているとマジで危機感なんて何も生まれず、上司を見ても「アンタより稼いでるぜ〜ヘヘーン」と天狗になるしかないんです。嫌な部下ですね。

多分あの頃の僕は鼻がキノピオより長く、三里くらい先まで伸びていた気がします。

ただ、実際に辞めてみて思うのは当時の僕はマジで吹けば飛ぶような勘違い君だったということです。

 

だから皆さんはできる限りの準備をして、決して驕らず、先だけを見据えてください。

副業においても上記のリスクヘッジをしていかなければ稼げなくなる未来は必ずやってきますので。

現状維持は危ないけど中々行動に移せないな〜という方はもう辞めてしまってもいいかもしれませんね。否応無しに危機感が生まれますので。

僕が脱サラに踏み切れた要因もここが大きいです。コンフォートゾーンにいてもいいことはありません。

年収1000万を20代で捨ててまで脱サラした理由2018年から副業に取り組み、本業と副業の収入を合算すると年収1000万円を超えた25歳の真相に迫ります。 25歳・商社マン・年収...

一生副業のつもりだったけどやっぱり専業で自由になりたい

僕も普通に副業推進派でした。

本業で固定収入を得ておきながら副業で爆発的な利益を生む超安定状態で生きていきたい!と思っていましたからね。

ただ、やはり稼げてくると夢は広がってくるもので。

この気持ちは全然悪いことじゃないので自分の心に正直に生きてください。

確かに本業の収入を捨てるのは怖いと思います。しかも独立なんてこの業界にはウヨウヨいますが世間からしたらまだまだマイノリティ(少数派)です。

ヒモだニートだと罵られる覚悟はありますか?

それでも自分の生き方を追い求めるアツさはありますか?

その覚悟があるのであれば自分の中に芽生えた素直な想いを大切にして、ぜひ独立をしましょう。

完全に自己責任ですが日々の生活に熱量が足りないと感じている方にはオススメです。

脱サラした後のことを何も知らないから不安

これに関しましては色々あると思いますが、独立したてホヤホヤの私からひとつだけお伝えしたいことは「事業に使える貯金だけはしておけ」ということです。

独立後の不安は「毎月の収入」「税金」に集約されます。

毎月転売の収入がある人でも、税金で想定外の大きなお金が飛んでいくのが辛いというお話をよく聞きます。

実際にどれくらいの税金がかかるかについては別記事にまとめてあります。

僕は300万円くらい貯金していましたが、最低でも100万円は蓄えがないと精神衛生上よくないと思います。

とは言っても蓄えなんてそんなに簡単にはいきませんので、そのような方は融資を視野に入れましょう。

実際に僕が融資を借りようとしている最中ですので、この部分はまた後日お伝えします。

独立ホヤホヤの個人事業主にとって「キャッシュの量」は安心のバロメーターです。

綱渡り独立は自分と家族の心を蝕んでいきますので絶対にやめましょう。

僕も奥さんと何度揉めたことか・・・

独立する時点でリスクは完全にゼロではありませんが、思いつく限りのリスクヘッジはしておきましょう。自分を信じて応援してくれる人への礼儀です。

まとめ

貯金と事業の拡大は必須

結論として転売で独立はできますが、100万円以上の貯金若しくは融資などでまとまったキャッシュを蓄えた状態で独立しましょう。

また、販路や仕入先の拡大を事前に行なっておきましょう。これは副業だとしても、規約変更などが激しい転売界では必須事項です。

ただ、どれだけリスクヘッジをしていても独立時には必ず不安が伴います。

しかしこの不安はどうしても生まれてしまうものなので、割り切っていきましょう。

人は初めてのことは不安になるものですし、この不安に打ち勝ちさえすれば明るすぎる未来が待っていると考えましょう。

不安よ、現れてくれてありがとう。みたいな

君のおかげで僕は更に成長できるよ。みたいな

人生つまんない人は独立しましょう

ここまで色々書いてきましたが、最後にこの言葉を送ります。

「人生つまんないな〜」と思う人は独立してください。

どうしても副業で稼げてくると本業も疎かになりがちですし、収入の柱が複数あると自惚れてしまいます。

そうした方はこれからの人生を有意義にする為にも独立をオススメします。

必ず今まで見たことのない世界が見えてきますし、刺激的で毎日退屈することがありません。

僕たちの人生は必ず終わりがきます。

一度しかない人生を退屈して終えてしまうなんてあまりにも勿体無いじゃないですか。

常に刺激のある方向へ進んでいきましょう。

一般公開のブログでは、決してお話しできない裏話があります。

僕は24歳で転売ビジネスを始めて、開始1年で年商5000万を稼ぎました。

しかし、忙し過ぎたので全てを放棄し、そこからは情報発信ビジネスに路線変更して月100万円以上を完全自動で稼げるようになりました。

去年まではセミリタイヤしていて、毎日昼に起きて酒を飲んで寝る。そんな生活を続けていました。

 

・・・が、しかし、

奥さんの妊娠をキッカケに「流石に生まれくる子供にこんなニートみたいな姿は見せられない」と思い、再びビジネスの再開を決意します。

と言っても、元々は忙し過ぎて年商5000万の転売ビジネスを放棄した人間だったので、ビジネスを再開するとしても忙しいのは絶対に嫌でした。

 

なので、今は「平日のAMだけ働く」というスタイルを確立して家族を養っています。

 

何だかんだ仕事を再開したら面白くなってきているので、今は「完全自動で年収1億円」の仕組みを構築中です。

30歳までに家族が一生セミリタイヤできるレベルの資産を構築して、その後はずっとやりたかった保護犬を守る活動とか、好きなビジネスをしながらのんびり生きていこうと思います。

 

が、こんなことを聞いても信じられないかもしれません。

もし信じられたとしても、「あなただからできたんでしょ」と思うかもしれません。

今はまだそれで大丈夫です。

 

でも、僕は幼少期から家族にバグと呼ばれて育ってきましたし、親のお金で進学したFラン大学でもちゃんと酒とタバコに溺れました。

おまけに就職した会社の入社試験は3点です。もちろん100点満点のテストです。

正直書いていて悲しくなるレベルですが、こんな僕でもできるのですから、安心してもらえたらなと思います。

 

もしもあなたがゼロから情報発信ビジネスを始めて、時間にもお金に縛られない生活を手に入れたいと少しでも思うのであれば、かなり力になれる自信があります。

最初から才能に恵まれた天才が語るような夢物語ではなく、本当にゴミクズ学歴底辺がゼロから這い上がってきたリアルを、お見せすることができます。

 

その情報は、全て電子書籍に詰め込みました。

 

普段は1,000円で販売をしている書籍なのですが、このブログをここまで読んでくれたあなたへの敬意として、今回だけ無料でプレゼントしたいと思います。

ストーリー形式で20分程度でサクッと読めるボリュームですので、ぜひ下記画像をクリックしてダウンロードしてみてください!

億万長者が教えてくれた
お金の増やし方

・平日のAMだけ働いて月200万以上稼ぐ

・2億のビジネスを忙しいという理由だけで放棄

・社会のゴミクズ底辺落ちこぼれが日本の上位3%の年収を獲得

・・・なぜそうなれたのか?

その全てを解説している書籍(1000円)を無料でプレゼントします!

➡︎詳しくはコチラ