情報発信

せどり情報発信でブログ300記事書いたのに1円も稼げなかった原因・理由

どうも、Yusukeです。

僕は今でこそ情報発信だけで月収200万円を超えたりもしますが、情報発信を始めた初期はもう地獄でした。

今はせどり情報発信を教える側ですが、当時は自分もせどり情報発信をしていました。

・・・が、500万円以上の金額を「コンサル・コミュニティ・教材」に注ぎ込んでも1円も稼げなかったという黒歴史があります。

なんならブログは300記事以上、メルマガは150通以上を気合と根性で書きました。もちろん収益はゼロ。

今思えば稼げない原因が秒でわかるので、

過去に戻れるなら

Yusuke
Yusuke
このゴミクズ低偏差値が!

と言って当時の自分をぶん殴ってでも軌道修正してやりたいですが、過去はもう戻ってきません。

だから今の僕にできることは、僕の発信に触れてくれたあなたに同じ過ちを犯してもらわないように経験をシェアすることくらいだなと。

なので、僕がせどりから情報発信に進んで1円も稼げなかった理由と原因をこの記事でまとめていきます。

今回の記事を反面教師にしてもらえれば一瞬で情報発信で稼げるようになるはずなので、ぜひ僕の暗黒期を笑いながら見てやってください。

転売→情報発信に進んで稼げなかった時の理由

転売で月収100万を超えてイキっていたから

当時の僕はせどりだけで月収100万円(利益)を超えて

Yusuke
Yusuke
次は情報発信で荒稼ぎだな…!

とイキって肩で風を切りながら情報発信業界に参入しました。

しかし、ここで僕は致命的な勘違いをしていました。

せどりで月収100万円を稼いだ経験から、

・自分はすごい起業家なんだ
・もう最強のビジネススキルを手に入れた

と思ってしまっていたんですよね。

なので、「天才起業家の俺様なら情報発信なんてちょちょいのちょいでしょ」と思ってなめていました。

これが全ての間違いで、転売で稼げてはいましたが僕のビジネススキルなんて1mmも上がっていなかったのです。

ただAmazonで売れる商品を探すのが得意になっただけだったからです。

完全に勘違い。

変に成功体験を積んでしまったのが原因で僕は「地道に積み重ねる」という行為をせずに、適当に情報発信をしていたのが、まず稼げなかった大きな原因でした。

そもそもせどりと情報発信はジャンルが違うので「せどりもできたから情報発信もできるっしょ」と勘違いをするのは、「サッカーができるようになったから野球もできるっしょ」とイキるようなものです。

全く別物。世間知らずもいいとこでした。

もちろん「何かで成果を出した基準値」というものは他のジャンルでも活きることは多いのですが、ここまでイキってしまうと話になりません。

とりあえず量で乗り切ろうとする癖がついているから

僕は「まあブログたくさん書けば稼げるんでしょ」と思っていたので、せどり時代の1日15時間リサーチをしていた頃を思い出して、気合いでブログを300記事以上書きました。

糞みたいなステップメールを150通以上書きました。

結果的に1円も稼げなかったのですが、その理由を今分析してみると、そもそも正しい知識をつけてもいないのに量に逃げてしまったことが、今思えば本当に致命的な問題だと思います。

まあ当時は自分の知識が正しいと思い込んでいたのもあるのですが、野球の素振りでも間違ったフォームで素振り5万本しても結果は出ないでしょう。

体を壊して試合でも打てずにメンタルが病んで終わると思うので、僕は元バレー部ですがそれくらいはわかります。

せどり時代の影響で「行動量>>>>>>>思考」という悪い癖が染み付いてしまっていたのです。

即金性が低いビジネスに耐えられない体になっていたから

情報発信はせどりと比べると「収益化するまでの時間」が少し異なります。

と言っても、情報発信も正しい知識さえ学べば普通に初月から稼ぐことは可能なのですが、せどりは普通に開始初日から利益が出ますからね。

ただ、当時の僕は「あまりにも即金性の高い手法=せどり」に慣れ過ぎてしまっていて、「なんだこれ全然稼げないじゃん」と言って、すぐに稼げるせどりのリサーチとかに逃げたりしていました。

本当にもう、当時の自分を軽トラの後ろに縄でくくりつけて引きずり回したいくらいです。

冷静に考えたらせどりの収益化速度が異常すぎるだけで、初月から収益化できる時点で情報発信も即金性が高い優秀なビジネスモデルだと思いますが、最初にせどりから入るとこうしたデメリットがあるのも事実です。

でも、楽なせどりに逃げれば逃げるほど、自分の未来が楽にならないことも気づいていたので泣きそうになりながらも情報発信にコミットしてきたからこそ今があります。

片手間でやろうとしていたから

当時、情報発信を始めた頃はせどりの業務を全く外注せずに、全ての作業(仕入れ・納品・発送・売上管理)を自分で行なっていました。

そのうえで情報発信でも結果を出そうとしてしまっていたので、これが大きな間違いでした。

まさに「片手間でチョチョイのチョイ」でやろうとしていたのです。アホ過ぎる。自分の偏差値の低さが憎いです。

冷静に違うビジネスモデル、そしてせどりよりも遥かに頭を使うビジネスに取り組むことになるので、最低でもせどりの業務はパートナーと組んで誰かに任せるか外注をしないと話になりません。

全部を自分1人で同時並行でやろうとしても無理です。

作業時間やリソースの確保は副業時代から常に大事だと自覚をしていたつもりだったのですが、変な成功体験を積むことによるデメリットがここでも出た感じですね。

「昔は俺すごかったんだぜぇ!!」とキャバクラでイキっている仕事のできないオッサンみたいなものです。知らんけど。

利益に直結しないことばかりしていたから

僕は情報発信で稼ごうと決めた時はコミュニティに所属していたのですが、当時は本当に利益にならないことばかりをしていました。

仲間内でビジネスに関係のない話をしてワイワイするだけで「楽しい///」と思っていたけど、結局は自分が1円も稼げていないことに気づいた時は正直病みました。

「楽しい」というのは確かに1つの価値の形ではあるのですが、ただ楽しみたいだけならプライベートで友人とやればいいよねと思うわけです。

他にもビジネスYoutuberの動画を見て

Yusuke
Yusuke
勉強になったな…フゥ

と言っていたり、

セミナーに出て

Yusuke
Yusuke
やっぱり外に出ると見える世界が変わるな…

とか言っていたりしていました。

ただの意識高い系ベンチャー企業の新卒社員みたいな感じです。

まあ早い話が、利益に直結しないことを学んで満足してしまっていたから1円も稼げなかったのです。

楽しむのは稼いだ後でやればいいだけの話でした。反省。

「自分の理想の稼ぎ方」を明確にできていなかったから

最後は、僕が情報発信で稼げなかった最も致命的な理になります。

それは「情報発信で自分の稼ぎたい方法」や「理想のライフスタイル」を明確にできていないまま、情報発信に参入してしまったことです。

どういうことかと言いますと、まず大前提としてお伝えしておきたいのが「情報発信の稼ぎ方にも色々な手法がある」ということです。

せどりにも、以下のように色々手法がありますよね。

■国内転売
■輸入転売
■輸出転売
■リペア転売
■無在庫転売

上記の中からもっと掘り下げていくと、フリマとかBUYMAとかeBayとか更に色々ありますよね。

 

情報発信もそれと一緒で、例えば以下のような稼ぎ方があります。

■コンサルティング
■コミュニティ・オンラインサロン
■教材
■ゴーストライター
■プロモーター

というような感じですが、何が言いたいかというと「自分の理想に合った手法を選べないと自爆(死亡)する」ということです。

基本的に情報発信はコンサルティングに全ての基礎が詰まっているので、最初はコンサルをやる人が多くはなるのですが、その先での稼ぎ方とか出口戦略を考えていなければいけなかったのです。

「情報発信で稼ごう!」と言うのは「せどりで稼ごう!」と言ってるくらいザックリし過ぎているので、「じゃあその中からどんな手法で稼ぐの?」まで考えないとマズいというイメージでした。

参考までに僕がやってしまった間違いとして、「自動で稼げることに魅力を感じて情報発信を始めたのにコミュニティ運営をしてしまった」というものがあります。

これの何が間違いなのかと言いますと、自動で稼ぎたいなら「教材販売」を極めなければいけなかったのですが、そもそもコミュニティなどは違う手法(稼ぎ方)なのでやることは全く異なります。

せどりにも輸入なら利益率が高いけど手間が多いとか、無在庫なら楽だけど利益率が低いとか、それぞれの手法に特徴がありますよね。

情報発信もそれと一緒で、それぞれの手法のメリデメを理解してから始めないと「結局これは自分のやりたかったことじゃない」となって離脱して終わります。ソースは僕です。

ただ、情報発信を学ぶにあたって、最初から「自分の理想に合った手法がどんなものなのか?」を明確にできる人が少ないのも事実です。

しかも、ほとんどの情報発信者が「コミュニティならコミュニティだけ」、「コンサルならコンサルだけ」というように、1つの手法しか教えられないにも関わらず「情報発信で稼がせます」とか言っているのも問題です。

これせどりで言うなれば、国内転売しかできないのに「無在庫も輸入も輸出もOEMもできます」と言っているようなものですからね。全く違うということはわかって頂けたかなと思います。

最初から明確に自分の理想と手法を選べない人は、コンサルやコミュニティ、教材販売など、オールラウンダーに教えられる人を選んで学ぶといいでしょう。

手前味噌ですが、僕も上記で挙げた手法であれば全て経験していてオールラウンド型になるので、ぜひメンター選びで悩んでいる人はご検討くださいね。

いきなり最後は宣伝になりましたが、笑

それでは今回もありがとうございました!

電子書籍無料プレゼント中!

➡︎詳しくはコチラ