転売ビジネス

転売リサーチのツールで悩むあなたへ|導入の前に考える4つの絶対条件

僕は転売のリサーチを行ううえで、最初は自分の手でリサーチすることを推奨しております。

ツールが完全に悪というわけではありませんが、初心者の段階では「まず自分の手でリサーチをする」ことで長期的に稼ぎ続けることができると確信しています。

ツールを使った方がすぐに稼げる、、、という噂を耳にして「ツールを導入するかどうか迷っているあなた」に届けます。

導入前に確認すべき4つの項目をご確認ください。

ツールよりもまずは自分でリサーチすべき理由

①ツールが使用できなくなったら稼げなくなる

selective color photography of person portraying of being fragile

まずはそもそも論ですが、僕たちは一過性の手法で短期的な利益を手にすることが目的ではないはずです。

今の生活を楽にしたい、自由な生活を手に入れたい、様々な理由があるとは思いますが、何にせよ稼ぎ続けることが最重要事項のはずです。

そのうえで最初からツールを使用してしまうと、稼げている理由がツールという他人の作り出したものに依存してしまうことになります。これではツールが使用できなくなったら稼げなくなってしまい本末転倒です。

なのでまずは自分の手でリサーチすることによって、稼げる理由を自分に置くということが重要です。

依存対象が自分であれば幾らでも稼ぎ続けられるからです。

②自分が学べばコンサルでも稼げる

woman holding two round gold-colored coins

自分の手でリサーチすることによって、稼ぎ方を覚えたら人に教えることで稼ぐこともできます。

結局のところ大きく稼ぎたいじゃないですか(笑)

そう考えると自分の手でリサーチをするということは最終的に稼ぎ額が大きくなるという実益も兼ねています。

精神論だけで頑張れるほど僕たちは強くない。こうしたメリットとなる「餌」がないと続けることはできません。

実際に僕もメンターの教えで自分の手でリサーチをしていた初心者時代に「ツール使いたい!うおおおお!」と憤りかけたこともあります。

しかし今になって思うのは、稼ぎ続けられる根源を教えて頂いたことにとても感謝しております。

こうしたことって当時は中々気づけないんですよね。

子供の頃に両親に厳しく躾けられた箸の持ち方であったり、姿勢であったり。

大人になって社会に出ると「お父さんお母さんありがとう」と思うことができますが、当時は「うざい!自由にやらせてくれ!」と反抗していましたから。

だから僕はこの記事をご覧のあなたの「父ちゃん母ちゃん」になりたいです。

③転売全般のスキルが上がる

basketball shoot on the basket

自分の手でリサーチすることによって「転売全般=物販」の知識とスキルが身に付きます。

これは例えばアマゾンというプラットフォームで販売が出来なくなった時や、メルカリといった仕入れ先でアカウントがBANされてしまった時などの非常事態でも稼ぎ続けられるという最強の状態ということです。

自分の手でリサーチをして稼げる商品を見つけ続けるには、なぜこんな物が売れるんだろう、なぜこの商品がこんなに安く仕入れられるんだろう、という「なぜ」に対する思考が不可欠です。

この「なぜ」に対する思考の練度が上がることで「物が売れる仕組み」が理解できてきます。

そうすればリアルビジネスに置き換えても「物が売れている市場」へ物を供給するだけで稼ぐことができます。

気合の入っている方はアマゾンやメルカリのような市場自体を作り上げてみてもいいですね。

④自分でリサーチをすることで「ビジネススキル全般」も向上する

woman showing gold-colored ring

上記の③でお伝えした物販スキルが身に着くということは、ビジネススキル全般が身に着くこととイコールと言っても過言ではありません。

僕たちが生きている世の中は転売で成り立っています。

僕が働いている商社もそうですし、コンビニもスーパーも実店舗を構えた転売ショップです。

飲食店も食材を仕入れたうえに調理という付加価値を加えて提供しているので転売屋の一種ですね。保険やサービスの販売も無形の商品というだけで転売と根本は一緒です。

僕たちがお金を払うタイミングでは、有形無形問わずに何らかの商品と交換するという仕組みになっています。お金という概念が生まれたのも、この交換をいかに簡略化するかという視点からです。

自分の手でリサーチをするだけでビジネスの根本原理を理解することができます。

まるで支配者になった気分ですね。物販はそれほど可能性の詰まったビジネスです。

リサーチスキルが身に付いたうえでツールは有り

ここまで自分の手でリサーチをすることを推奨してきたので、ツールは悪だ!と言っているように聞こえてしまったかもしれません。

しかし僕はツールが完全に悪と言いたいわけではなく、ある程度のリサーチスキルが身に着いたうえでのツール使用はむしろ稼ぎを加速させることができると考えています。

あくまで初期の頃、駆け出しの頃は基礎を固めてほしいという想いからです。

物事には何でも基礎が必要ですよね。野球でも基礎のスイングができていないのに良いバットを使っても打率は上がりません。

ポケモンも最初からフリーザーとか伝説のポケモンを通信交換で手に入れても言うことを聞いてくれないじゃないですか。

トレーナー自身のレベルを上げるように、あくまで基礎を固めたうえでツールという武器を使用するイメージをもって頂ければと思います。

稼ぎ続けるという本来の目的を見失わないこと

最後に、僕たちの持つ本来の目的を見失わないでください。

一度自分の胸に手を当てて考えてくみてださい。

自分が叶えたい未来、望んでいる夢、その実現には「稼ぎ続ける」という必要条件が必ずあるはずです。

一過性の手法に惑わされ、最初から楽をして稼ぎたいと思ってしまって迎える結末は破滅一択です。現に僕は「楽をしたい!一瞬で爆発的に稼ぎたい!」と安易な思考でバイナリーを行い、貯金を跡形もなく消し飛ばしました。

そんな僕だから本気で伝えたい。

一時的に利益を手にするだけならアルバイトでもいいはずです。

本気で叶えたい、実現したい夢があるからこそ、一時的にでもいいので「泥水をすする覚悟」を持ちましょう。

方向性さえ間違えなければ必ず報われる努力になるはずです。

25歳で年収1000万を捨てて脱サラした既婚男性

現在の僕は、物販ビジネスで起業をしてPC1台で仕事ができるノマド的な生活を送っています。

パッと見は「なんだマルチの怪しい奴か・・・」と思うかもしれませんが意外と真面目に起業して家族も養っていますのでご安心ください。

こんなライフスタイルを確立できたのは「最速で結果の出る物販(転売)に副業で取り組んだから」でしかありません。

最初はただ一生昼から銭湯でビールを飲んでたいという思いからでしたが、どれだけ浅はかな動機でもその思いさえ本気なら夢を叶えることは可能でした。

よかったらぜひプロフィールをご覧になってみてください!

こちらです。