転売ビジネス

Amazon転売で送料を最も抑える方法│ヤマト便一択

ゆうすけ
ゆうすけ
こんにちは。この記事を書いているゆうすけと申します。

副業で電脳せどりに取り組み、25歳で独立をして現在はWebマーケや物販の仕事をしています。

銭湯とバレーボールと昼から飲んだくれるのが趣味です。
詳しいプロフィールはこちら

今回は副業専業問わず、Amazon転売を行なっている方に向けてこの記事を書いていきます。

転売における送料というものは「気にした方がいいのはわかっているけど、微々たるものだから・・・」といってあまり気にしてない方も多いかもしれません。

しかしそれではいけません。

支出を削減することが利益と同義であるように、ここにかかるコストを削減することはあなたの収入を上げることに他ならないのです。

そして、その送料を抑える唯一にして最大の謀略をあなたに授けます。

それは「ヤマト便」です。

知っている方も知らない方も、ここで一度おさらいしておきましょう。

ヤマト便とは?

お馴染み宅急便業界のリーディングカンパニーである「ヤマト運輸」の行なっているサービスになります。

まずはヤマト様のホームページ記載のサービス規格をご確認ください。以下の通りです。

●お荷物1個当たりの重さの制限は、30Kgまでです。
●お荷物1個当たりの大きさの制限は、お荷物の3辺合計が200cmまでです。
●お届け日数は、全国翌々日配達(宅急便のお届け日数+1日)です。

ふむふむ・・・

なるほど・・・

ちなみに僕はこの説明を見た時に( ^ω^ )ポカーンとなりました。

要約するとですね「160サイズよりも大きな荷物を送りたい時などに利用できるサービス」ということです。

そしてこれは意外と知られていない事実なのですが、ヤマト便は複数の荷物を同一の場所に発送する時に鬼のような効果を発揮します。

ヤマト便の送料計算方法は通常の宅急便とは異なり、「総重量」と「エリア」によって算出されます。そしてこの総重量は「容積換算重量」というものと比較して、重い方が採用されます。

■容積換算重量(kg)= 縦(メートル)×横(メートル)×高さ(メートル)×280

とまあ、こんな小難しい計算式を理解する必要はまったくありません。

僕も容積換算重量なんて正式名称は今知りました。

 

1つだけ覚えて頂きたいことは「たくさんの荷物を同じ場所へ送る時はヤマト便が圧倒的に安い」ということです。

僕のようにAmazon転売でFBAを主として活用している場合は、商品はFBA倉庫にぶち込むだけなので、もうこれ以外に商品を送る方法は考えられません。

どれくらい安くなるのかというと、実際に僕がヤマト便を利用した時のケースでお伝えします。

発送商品 ・・・120サイズ段ボール×10箱(商品数=100点程)

通常宅急便・・・120サイズ(愛知-小田原間)=1,300円程×10=13,000円

ヤマト便 ・・・総計3200円

詳しくは覚えていませんがこのようなイメージでしたね。僕のケースでは通常宅急便と比較して10,000円近く送料が抑えられたというわけです。

商品1個あたりの送料が通常ですと130円程に比べて、ヤマト便ですと32円程になってしまうのです。

もう訳がわからないレベルですね。

つまりこの時点で僕はヤマト便を知らない人よりも1万円多く利益を手にしたということです。

詳しい計算式も理解していないので5,000円くらいになればいいなあ、と思ってヤマト様に駆け込んだので、逆に申し訳なくなってしまいました。

えっ、せめて5,000円は受け取ってください。。。

などと意味不明なことを口走ったのでそれ以来友好的な関係を築くことに成功しています。

まとめ

メリット・・・送料が圧倒的に抑えられる

デメリット・・・送り状が手書きのみ、同一場所へ大量発送時のみ利用可能

正直メリットが大きすぎて、デメリットと呼べるほどの項目がないような状態です。

僕はドMなので「120サイズ段ボール×10個」をヤマト様の営業所まで持ち込んでいましたが、普通にオススメしませんので賢い方は電話で集荷に来てもらいましょう。

ヤマト便を使用する時は大体100点程の商品数をFBAに発送するのですが、そもそもそこまでの仕入れができていないという人もお見えかと思います。

そういった方も地道にリサーチを繰り返していけば、すぐにこの状態になりますのでご安心ください。

商品を詰め込んだ段ボールをFBA倉庫へぶち込む時の爽快感は言語化できないレベルですので、それを目標に頑張って頂くのも良いかと思います。

一見重要そうに思えない部分でも、実は重要ということが往々にしてあります。

疑心暗鬼になりすぎるのもよくないですが、送料に限らず、世の中のあらゆる事象を一度疑ってみましょう。

新たな発見があるかもしれません。

 

25歳で年収1000万を捨てて脱サラした既婚男性

現在の僕は、物販ビジネスで起業をしてPC1台で仕事ができるノマド的な生活を送っています。

パッと見は「なんだマルチの怪しい奴か・・・」と思うかもしれませんが意外と真面目に起業して家族も養っていますのでご安心ください。

こんなライフスタイルを確立できたのは「最速で結果の出る物販(転売)に副業で取り組んだから」でしかありません。

最初はただ一生昼から銭湯でビールを飲んでたいという思いからでしたが、どれだけ浅はかな動機でもその思いさえ本気なら夢を叶えることは可能でした。

よかったらぜひプロフィールをご覧になってみてください!

こちらです。