起業の方法や真実

自分に自信がない男が副業から起業して少しだけ自信を取り戻したお話

こんにちは。ゆうすけです。

今回の記事では、自分に自信がない方向けに、自信を少しだけ取り戻せる方法をお伝えしていきます。

なぜ少しだけかと言うと、自信の無い人って「何が起きても急に自信マックスになることは絶対にないから」です。

なぜそんなことがおまえにわかるんだ?と思うかもしれませんが、何を隠そう、僕自身が今まで全く自信を持ててこなかった人間だからです。

少しだけ簡単に僕のことを説明させてください。

僕は現在、26歳になったばかりで、副業でやっていた転売ビジネスをキッカケに脱サラをしました。

起業というカタチをとっておりますが、その起業の背景には「自分の自信の無さを克服したい」という想いが強くありました。

だから、皆さんにも「副業・起業」を通して、自分に少しだけ自信を持ってもらえたらなと思い、この記事を執筆しています。

自分に自信がない人は9割超もいるから大丈夫

man standing near mountain

まず最初にお伝えしたいことがありまして、世の中の人なんて自分に自信がない人ばかりだから大丈夫だよ、ということです。

とは言っても、自分に自信がない人は全てをネガティブに捉えてしまいますよね。わかります。

僕も日々の生活の中でたまに褒めてもらえることがあったとしても、いつもマイナスに捉えていました。

「すごいね」と言われても、「うるさいな、お世辞だろ。」と思ったり。

今思えば「なんでそんなにひねくれているんだ?」と心配になるくらいにひねくれていました(笑)

でも、自信がないからしょうがないんですよね。

お前ならできる!と言われても「いや、無理でしょ。」とすぐに思うタイプ。

自分に自信がない男代表だった僕の生い立ち

lone road going to mountains

僕は控え目に言っても、地元の静岡県では一・二を争うくらいの自信の無さだったと思います。自信の無さにおいては県選抜でしたね。

そんな僕が社会人になって、副業をして、起業をする中で、ふと考えてみたことがありました。

なぜ僕はこんなに自分に自信がないのだろうか。

それを紐解いていくと、自分はあまり女性とお付き合いをしたことがなかったことがすごくコンプレックスだったのだと気づきました。

これは男の子特有の感情かもしれませんが、何か学生時代にはチャラい奴がカッコイイみたいな風潮はありますよね。女の子にモテる奴が全て。モテない奴はマジでカス。みたいな。

簡単に言うとこれが原因でしたが、話すと長くなりますし、ネガティブすぎて誰も聞きたくないと思うので詳しくは割愛します(笑)

また、僕が副業をやるまでの経緯などはプロフィールをご覧頂けると嬉しいです。

参考:プロフィール

自信がない自分を変えることができた理由

学生時代から社会人に至るまで、僕は自信なんてまるでない人生を過ごしてきましたが、副業や独立を通して、少しですが自信を持つことができました。

まあ、学校にいた陽キャの自信レベルが100だとしたら30くらいのものなのですが。

でも元々マイナスの数値だったものが30まで上がったら大したものですよね。そして30まで数値が上がった理由は大きく分けて2つあります。

年収1000万円を超えられたこと

copper-colored coins on in person's hands

僕は本業よりも真剣に副業をやっていったこともあってか、副業だけで月収50万円を稼ぐことに成功しました。

それにより、本業と合わせた年収が1000万円を超えました。

この時に思えたんですよね。

あれ?あの頃、劣等感を抱いていた陽キャより僕の方が年収高いんじゃね?って。
(※別に陽キャの友達はみんなすごくいい奴だったので嫌いとかではありません。)

そう考えると、今まで全く自信がなかった僕ですが、すこ〜しだけ、少しだけ自信が持てるようになったんですよね。

やっぱり今の日本は資本主義なので、腕力が強いよりも、経済力が高い方がモテる風潮があります。もちろんお金が全てではないのですが。

ですので、自信が持ててない状態からの脱却を目指すのであれば、お金を稼ぐということはすごく現実的で効果的なことですよ。

僕が少し自信を持てるようになった1つとして、間違いなくお金の面は大きいです。

自分の中での挑戦をすること

man moving across rope bridge

後は、副業をやったり独立をすることなど、いわゆるマイノリティ(少数派)なことに挑戦する自分に酔っていたという部分がありますね。

男って単純なもので。

他の人とは違うことをやっている自分がカッコイイなんて思っちゃうところがあるんですよ。

でも、別に調子に乗るのって悪いことではないんですよね。

特に自分に自信がない系男子の人たちは、とりあえず調子に乗ってみてから、その後のことはそれから考えるくらいでちょうどいいと思います。

副業や独立はそんなに大したことではない

最後に、僕が副業や独立を通して、少しだけ自信を取り戻せた経験からお伝えしたいことがあります。

それは、自信を取り戻すには「経済的に満たされる」のが一番早いということです。

モテようと思ってパーマをかけたこともありますし、モテようと思って筋トレをしたこともあります。でも、満たされることのなかったことの思い。

この思いを少しですが満たしてくれたのはお金でした。汚いと思うでしょうか。

でも、本当のことなので伝えたいんです。

今まで僕たちは自信なんてまるで持てずに頑張ってきたじゃないですか。そんな僕たちが報われる時がきたんです。

キレイゴトなんていりません。まずはお金を稼いでみましょう。

僕たちは年齢ばかりを重ねて「いわゆる大人」になってしまいました。その過程で手に入れられた自信や自負なんてものは何一つなかった。

でも、手に入れる方法がただ一つだけあったんですよね。それが経済面での自立です。

そして、副業とか独立は多くの人が思っているよりも難しいことではありません。

少なくとも、これまで自信を持てずにくすぶってきた人間ならば、割と簡単に結果を出せる世界だなくらいに思っています。

今まで出会ってきた経営者の方々も、ほぼ全員が自分のコンプレックスをエネルギー源として活動していましたよ。

そう考えると、むしろ僕たちは副業や独立などをして、経済的に昇り詰める為だけに今までを耐えてきたのだと考えることもできます。

社長予備軍の皆さん。夜が明ける日は近いです。

頑張っていきましょう!

副業は転売がおすすめな理由を元商社マン目線で語ります転売・・・ 何だかこのワードだけを聞くとすごく怪しい商売なんじゃないか?と思ってしまって、理由もなく避けてしまう方も多いのではない...

25歳で年収1000万を捨てて脱サラした既婚男性

現在の僕は、物販ビジネスで起業をしてPC1台で仕事ができるノマド的な生活を送っています。

パッと見は「なんだマルチの怪しい奴か・・・」と思うかもしれませんが意外と真面目に起業して家族も養っていますのでご安心ください。

こんなライフスタイルを確立できたのは「最速で結果の出る物販(転売)に副業で取り組んだから」でしかありません。

最初はただ一生昼から銭湯でビールを飲んでたいという思いからでしたが、どれだけ浅はかな動機でもその思いさえ本気なら夢を叶えることは可能でした。

よかったらぜひプロフィールをご覧になってみてください!

こちらです。